FC2ブログ

ゲロとクソにまみれた掃き溜め

君を忘れたくないから、君を赦しはしないよ

メモ

Born Against
Portraits of Past
bufferins
Frodus
Pitchfork
VERUCA SALT
Yaphet Kotto

ビジネス

 なんだかんだ曖昧な友人関係に疲れると、金銭関係でビシッと折り合った関係が楽な時がある。今はそう。
 バンドマンは金が無いとか困ってるとか、ダサい奴らがしこたま発信してくれたおかげで、ごく一般的な人でもそういうのは周知の事実らしい。
 上京したての頃、昔からの馴染みと飲んだとき「ライブするなら声かけてくれよ、じゃないと色々大変だろ?」と言われたものの、一度も呼ぶことなく四年が経った。何も大変じゃなかったわ。
 俺やGhettoは上京したての頃、そこらのバンドマンと比べるとやや特殊な事情もあり、条件的には相当恵まれた環境で続けることが出来ている。というか、こういうのは就職と一緒で、よほどの契約更新が無い限り最初の条件が一生続くようだ。
 勿論これで「ラッキー、金かかんねーわ」となる能天気な性格ではなく「代わりに何ができるだろう」という課題が頭を悩ませる。これも人によっては贅沢な悩みだろうね。

 少し開放的に話すと、俺はライブ人生で集客というものを一度も頑張ったことが無い。ノルマを満額払ったことも無い。これが格好いいかと言うと、むしろ比較的ダサいと思う。一生懸命友達作って物販で愛想売ってなんとか押し売りしつつ、ライブ前には見に来いメールを送り付けまくる。これ全然ダサくない。格好いいと思う。迷惑だけど。
 ネット上では頻繁に「ライブハウスも出演者は勿論全員カワイイと思ってる、本当はお金取りたくない。でもノルマ20枚で、と言ったら100人呼びます! って返してくれるバンドが好き。そういうバンドはでっかくなる」という、主にライブハウス側の言説を見る。
 俺は全面的に、これは正しいと思ってる。そりゃそうだ、でなきゃハコ潰れるよ。売れたかったら沢山の人に見てもらう、これ当たり前。
 ノルマというのはその額を払えばライブできます、という数字ではなくて、文字通り「最低これくらいは呼ばないと」っていう諸々加味した上での数字なわけ。
 じゃあ集客頑張らないのは売れたくないんだ? って言われると、うーん。君から見ればそうかもね。
 というか、「売れる」ならいいけど「売りつける」のが嫌いなんだよ。根本的な体質に「売りつける」があるよね、ライブハウスという文化には。チケットにせよ物販にせよ。景気のいいライブハウスの「景気」の実情は大体これだったりする。エグい。

 要は大事なのは金額じゃなくて「体験」。音楽、特にライブはこれに尽きると思う。
 俺だったら風俗に万単位お金出すのマジであり得ないんだけど、人によってはそのぐらいお金出さないと得られない体験なんでしょ? 逆にその辺の人からすれば、違いもよく分からん謎の小道具や小さい箱(エフェクター)に数万とかもあり得ないだろうし。
 今はずっと音源のミキシング、マスタリングをしているんだけど(本当にずっとしている、もう三年ぐらいしてる気がする)、どういった体験を聞く人にしてもらいたいか、そういうところでずっと頭を悩ませている。
 カッコよさをとるか、聞きやすさをとるか、とかね。カッコいいと耳が疲れるんですよ。長時間聞いていられない。でもダサくしてまで聞きやすい音って、それ何のために作るんだよって感じだし。
 うちのスタンスで言うと、ライブの再現とか、逆に音源をライブで再現とか、逆に誰がそんなこと期待する? って感じでしょうし。
 この体験というものばかりは数字化が難しい。完全に主観だからね。これに金額つけるって凄いことだよな、と思う。
 チケットも一緒だよ、2000円(+ワンドリンク)って結構な額じゃない? 映画観れるじゃん。ハリウッドの何十億って予算の映画が驚異的な音響の劇場で観れるじゃん。やっぱライブするときは対バンより、そういうのに勝つのを意識するかなぁ。
 俺なら結構映画とか漫画とか本とか服とか、そういうのにお金使うかな。ぶっちゃけ金額分の体験やペイってそっちの方が確実だし。
 なんなら1円も出さずに家でYoutubeのゲーム実況観るよ。実況者はわいわいとミノルが好きです。

 とはいえ人間の感覚とはまた不思議なもので、「この金額払ったんだからこのくらいの価値はあるだろう」って自分を騙す心理とかあるんだよね。キャバやパチにハマる心理と同じ。この金額使ったからオチるだろう、出るだろうっていう。
 じゃあある程度高値で売っといて、少数から高額巻き上げて成り立つビジネスが良いかっていうと、コンプラ的にはアウトでも俺はやっぱり否定はしない。
 アイドルの握手券とかも俺は肯定派なんだよね。アレも体験だから。音楽がガワだけだとしても間違いじゃないと思う。俺も顔が好きだから聞いてるバンドあるし。なんか音も顔のイメージが付いてくるじゃん。同じだよ。
 Ghettoは昔からずっと「売れそう」「大勢の前でやったらすぐ売れる」と言われてますが、ぶっちゃけた話この3人の見た目ってのは大きいんだろうね。美男美女とかではないけど、万人が見てバンドっていうバランスみたいな。
 顔バンって言葉もあるけど、そんなこと言ったら全部顔バンなんじゃないのかなぁって思う。いかついので揃えました! とかさ。女子だけでまとめました! とか。俗世に嫌気が差してそうなのを集めました! とか。最後のはGhettoのことです。
 正直Ghettoを売り込む手っ取り早い手段は俺が性転換することだよ。絶対しないけど。VRが本格化したらネカマはするかな。一時期ネカマに扮して出会い厨のオッサンを駅に呼び出して放置するのが趣味でした。そもそも出会い系のサクラもやってたわ。元気系の女子が得意だよ。あとメンヘラとか。
 今気づいたけど、ただの躁鬱じゃん。。。

 なんというか、最初の契約更新的な例えと同じで、金に苦しんでる人って一生苦しんでるイメージ。反面、そういう人ほど金を稼ぐことに罪悪感とか抱えてるタイプが多い。
 俺はあんまり音楽をお金に等価交換するのに抵抗が全く無い。自分が音楽を好きになったのはあの金額だったから、というのがあるし。
 貯金とかテスト頑張ったら買ってもらえるとか、そういうところの金額。子供もちょっと頑張れば買えるような。そうして頑張ってゲットした分最初の感動は格別だったし、最初分かんなくても子供にとっての大金ぶち込んだ分無理して聞きこんだりしたし。そのうち大好きになったりしてさ。
 ひっくるめて「体験」だったなって思う。レアなCDは片っ端から中古店チャリで回って手に入れて、途中で我慢できなくて歌詞カードだけ見て帰り道「どんな曲だろう」って想像して。
 音質とかも別に関係なかったよね。音小さいなーって思ったら音量上げるしさ。音質が綺麗だからこの曲好き、っていうのは無かったかな……音質悪い方が逆に胸に沁みたりとかね。ホント適当だよな、人間の感覚なんて。金でも音楽でも。
 まぁでもさすがに質が悪いものに高価格つける神経はしてないわ。騙すのは好きだけど詐欺は嫌い。無自覚な詐欺師が多いよね。ビジネスは嫌いじゃないけど、そういうのはビジネスとは言わない。
 などと書いてて、今からすでに「CD買う」「楽しみだ」メッセージはちょこちょこ頂いてるんですけど、多分みんな分かってて、GhettoのCDには体験がある、って期待してくれてるんだよね。うーん。もっと音源小出しにするんだった。もはや腕相撲で勝てた人だけ買える、とかそういうレベルを考えるよね。SASUKEクリアした人だけ買えるとか。
 そういうことじゃないか。。。
 ミキシングで聞きすぎてすでに判別がつかなくなってるんだけど、きっと既に期待通りにはなってる。期待以上かはもう分からない。もう少し時間の許す限り頑張るだけ。ちなみにレコ発は今年の9月の27日、金曜日です。
 それより問題はパッケージとか、どうすんだよ……あと三か月で間に合うのか全然分からん……マルチタスクすぎて死ぬ……。

 「もらうだけもらうよ、返さないし。で、あげるだけあげるわ、返さなくていいし」

失語症

 「物事ってさぁ、大体がいい面と悪い面と両方あって、本当の悪も正義もどこにも無いって言うじゃん?」
 「…………」
 「でも本当にそうなのかな、世の中には”やっべーなコイツ、マジで根っからの善人だ”っていう人もいたりするし。そういう奴見ると、まるで普通の自分が悪者に見えてくるし」
 「…………」
 「ってことはだよ、関係ない他人に引け目や負い目を感じさせるソイツは、やっぱり悪なんじゃないかって思ったりする」
 「…………」
 「これは、心情的には否定したいところだけどね。こっちが勝手にコンプレックスを感じてるだけなんだから。でもってこれがSNSに散見されるヘイトの正体なんじゃないかと僕は思うわけ」
 「…………」
 「みんな幸せそう、いい人そう、それに比べて自分は。全部これに尽きるんじゃないかな。承認欲求とかもさ、目立ちたいんじゃなくて本質では”善人”になりたいと思うんだよね」
 「…………」
 「今じゃ定着したメンヘラも、善人になりたいけどなれないんですアタシ、みたいな開き直りだったりするでしょ」
 「…………」
 「そもそも”いい面と悪い面”自体が何と比べてだよ、って話だよね。模範的な個人? 常識? モラル? 法律? どれも変動的なものでやっぱり絶対じゃない」
 「…………」
 「今の時代の”いい人”ってなんなんだろうね。文句を言わない人? ぶっちゃけ胡散臭くない? 欠点を指摘せずに改善できることなんて上辺だけだと思うし」
 「…………」
 「正直な人? なんでもかんでも真っ当に言えばいいってもんでもないよね。正しいことが正しいとは限らないしさ。さっき言った誰かのコンプレックスを刺激することにもなりかねない」
 「…………」
 「そしたらいっそ弱者そのものってどうかな。誰が見ても同情する哀れで愚かで無知で、要するに無害な人。なんかやだなぁ、そんなのが”いい人”だなんて。それはどっちかというと、”何者でもない人”だよね」
 「…………」
 「やっぱり”いい人”なんていないのかもね。いい面悪い面もさ。気が滅入るな、正解が無いなんて。これが商品だったらクレームものだよね。完成しないパズルだぞ、ゴールのない迷路だぞ、オチのない小説だぞ、欠陥品だぞコレ、って」
 「…………」
 「まぁでも、ある程度の段階で皆そういう、欠陥品であることを受け入れて生きてるっぽいよね。それを多分大人って呼ぶんだと思うけど。どうしてかアレが、僕には一番悪人に見える」
 「…………」
 「大体が”お前も早く諦めろ”ってなことを言うよね。それと比べたら、完成しないと分かっててもパズルに挑戦する人、ゴールが無いと分かってても迷路を突き進む人、オチが無くてもその続きを創造しようとする、そんな人って魅力的に感じる。例え周りからすれば間違いでも、理解されなくても」
 「…………」
 「うん、なんだかいい感じがする。まとめると”いいもの”は間違う人、”悪いもの”は諦めた人。これどう?」
 「死ね」
 「…………」

HIZUME

HIZUME

家畜小屋で君は泣いてる
焚き火の匂いと草の汁
夜空に蝶の川流れてる
朝が来るまでは傍にいるよ
「嗚呼」

名前は呼ばないようにした
同じ舟には乗れないから
陽気な世界に怯えている
惨めな豚は僕の方だ
「嗚~呼」

一人一人とお家へ帰る
君は独りで砂山を作る
誰も迎えに来ることはないし
特に助けてくれる訳もない
「嫌」

埋めていった、こんな気持ちは
追いかけて、鬼から逃げて
田んぼ道で振り返る度
「影しかない……」と、蹄が割れた

勇者なら君を救えるのか
むしろレベル上げかな?
ずっと友達と思っていたよ
あの角曲がるまでは

殺意は呑気にやってくる
「うん」
望まれて生まれてきたのにね
「うん」

(Ghetto)

空虚な笑い

 昨年の12月辺りから数えて、7度目かぐらいの「もう無理」と戦っている。が、さすがに少し投げやりな気持ちになってきたので立ち直る意味で少しだけ整理する。
 24日は年明けて四度目かの「もう無理」が押し寄せてきたので、連勤で疲弊した自分を奮い立たせる意味で少しだけ贅沢品を買って帰った。死ぬほどキレられ泣かれ過呼吸みたいのを起こされ、好き放題言われた。
 なるほどなぁ。迷惑もかけてるし、確かにその通りだな。相手の戦略がこれが狙いなら、さぞ効果テキメンだ。
 関係のない人間を根拠のない言いがかりで人質かのように扱ってくることもそうだが、お前は関係ないからと言い伏せている相手にまで責められ、まるで疲れや心労を切り替える暇も奪われたのは正直こたえた。
 次の日は、今日こそはようやく自分の失敗を笑って正してくれる人に会えるな、ということで安堵と発起を胸にしていたが、今度は安心だか相手に対する怒りだかで発した自分の言葉が身内を傷つけてしまったようで、これがまた全く発言した趣旨や対象と関係ないのにも驚きだが、なるほど、いついかなるときも一切の油断を許さず心配も与えず、適度に笑い話を交えて一切落ち込んでいないよ、という体裁を整えながら俺個人は黙って苦しむのが責務らしい。
 それなら別に死んでもいいんじゃないかな? とも思うのだが、そんなことで死んでいいほど軽い迷惑を周りにかけてきたわけではないので、苦しみ続ける覚悟を新たにするばかりだ。道化なら道化なりに、燃えると分かりながら火に飛び込み「ああ、やはり虫は愚かだな」と観衆に笑われる蛾になるべきなのだ。
 しかしまぁ、俺はそれこそあの場にいた池さんや川サキを未だかつて年齢なんて枠組みで見たことが一度も無いしこれからも無い。無いのだが、見たところで「いや、逆に40代気取るのがおこがましいほどカッコよくて若いですけど」って感じなので、本当に悪いとは思っているのだが「え、逆に自分がそこに当てはまると思ってんの……?」という気持ちも少しだけある。カッコ悪い奴は早死にした方がいいと思うけど、カッコいい奴はいくつになってもカッコいいわけで年齢なんか関係無いし、え、っていうかこれってわざわざ言葉にしないとダメか。同列だと思ってたらわざわざ目の前で言わんだろ……そこまで俺は頭おかしくないんだけどな。
 じゃあなんであんな発言したんだろうって改めて考えると、俺は年上でカッコいい奴らを沢山知ってて、自分もそうなりたい、追いつきたい、年取るのも悪くない、そんな風に思い始めていたのに、まったくいい歳こいてプライドも何もない卑劣な出来事を目にしてしまったので、怒りもそうだが、とにかくガッカリしたんだと思う。
 ああ、文字にしたら少しスッキリした。ガッカリしたんだな。今もしっぱなし。やっぱダメな奴はいつになってもダメかって思った。俺が一番否定したくて、意地でも変えたい世界で一番クソな真実。ダメな奴はいつになってもダメ。
 いるんだよなぁ、何よりもまずこの俺とか。この数日なんか本当にそれじゃねーかな。苦しいですなんて一生言っちゃいけないから。バカだよな心を開くなんて。だから俺以外の人間は、どんな種類でもどんな形でも表に出せる人は、どんどん出していったらいいと思います。みんなの怒りがナイフになって実際に刺さればいいのにね。俺に。多分俺はそれでも死なないと思う。人形に血は流れてないから。
 とは言いつつも、去年の暮れ本当に好き放題とある人からバキバキに怒られ続けたときはフツーに二度目くらいの「もう無理」が来た。あれはでかかった。多少は大切にしてるであろう、いや知らんがそういう素振りをする相手の都合を一ミリも考えないであんなに怒れるんだから、本当に人間ってすごいと思います。去年の下半期からの出来事で完全に人間不信になったんだけど、まぁその決定打だったな。
 嫌なことをしてくる人間に対しては「きっと嫌なことか悲しいことがあったんだろう」と思うようにすることを、俺は中学生ぐらいからヨナタンの冒険で学んでよく実践してるんですけど、だからといって時々本当に悲しくて嫌な奴に自分がなってしまったとき、そういう風に扱ってくれた人っていないんですよね。せいぜい遠巻きに様子見るぐらいかな。凄いよな。まぁ普通に考えたら嫌な奴は助けないよね。でもどうせ助けられないなら、常に嫌な奴になっちまってもいいんじゃないの? って思いかけてる。これは良くない。
 実際は色んな人に色んな形でメチャンコ助けられてるのに、それが見えなくなるのって一番悲しいことだよね。俺は今そういう哀れな奴になっている。おまけに周りの人間も傷つけてると来たもんだ。それはやっぱダメだよな。でも別に言い訳とかはやっぱりするのは無駄かなって思う。したくないのもそうだけど、事実辛いし無理だから嫌なこと言ったし、多分当分は言う。心を許してる相手にこそ言う。一番傷つけたくない奴らばかりを傷つける。
 言わなくなったら俺は失踪するし、でも失踪する奴にはなりたくない。そんな無責任なことは今更できない。だから肩身の狭い思いや不満を抱えつつ、表面上はなんてことないよって顔をしつつ、時々何もない空間に向かって俺は無理だと言いながら体が動かなくなる、そういう無理をみんなやってるから。みんなやっててみんな辛いんだからお前も辛い思いをしろ、ということだ。俺には少し理屈が分からないが、要はそれを理解しろというのがこの流れなのだろうのか?
 俺も無理だし、みんな無理だ。無理な奴ばっかだ。みんな無理してる。だからせめて、言い訳はしない。空虚な笑いのために火に飛び込んで悶え苦しむ蛾になる。感情を亡くす。人形になる。なんかもう、今だけはそれでいいやって思う。それで皆が納得するなら、それでいいや。俺の意思はどこにあるんだろう。そんなものはやっぱり初めから無いのかもしれない。主義も主張もない。嫌なこともないんだから。良いこともないよ。
 鉄で出来てる。涙なんか出ない。辛くもない。悲しくも無いし、期待もしないし、だからガッカリもしないし、裏切られもしない、何も言わない、誰かを傷つけることもない、そういう鉄で出来た火に飛び込む滑稽な蛾の人形になる。
 それが私。あなたもそう。