FC2ブログ

ゲロとクソにまみれた掃き溜め

君を忘れたくないから、君を赦しはしないよ

九月

 最近、「創作は一番の自己分析」という言葉を拾った。本当にその通りだと思う。俺は自分のことが知りたくて歌詞を書いている。
 歌詞は書きたいが、逆に言うとそれ以外で言葉を使いたくないな、と最近強く思う。
 勿論それでは社会生活が送れないが、挨拶とお礼が言えれば大した差し支えも無いな、と日常をすり抜けながら痛感している。
 そして、これだけをしていると、生活は無味乾燥な砂粒一つに過ぎないということも。結局は誰かに引っかかって欲しいのだ。何一つとして。
 こうして日記として記事を書くことさえ辛い。未来の自分への手紙だと思っていることが、唯一のモチベーションか。
 有意義かと言われると困るが、人を信じて、ふてくされて、また信じている、その日々が狂おしく愛おしい。
 安穏、そして陰鬱。きっと俺の目は酷く濁っている。それなのに、手に持っているものがあまりに綺麗だという自覚がある。
 今は、誰のことも信じられない。
 前向きに考えるには、少し傷つきすぎているから、とにかく創作がしたい。俺には創作しか残されていない。

 2018/9/9
 京都 西院Ooh-Lah-Lah
 火暗し企画【共振】
 Ghetto Chapter112「Reality」

 ステージに立つこと、その虚構と傲慢さ、そのことについて何度目かの思索をこの時期によくしていた。
 火暗しやモッフィーさんのライブは勿論よかったし、現地の対バンもここ最近ではずば抜けたクオリティだったと思う。無論俺らも。
 あまりハマらなかったことや得るものの薄さは特に頓着しない。そういう日もある、よく見慣れた景色。あまり期待はしなくなった。
 これからのことを考える。あまり人には頼りたくないし、そもそも頼ることが苦手だ。
 あれだけ日頃衝突や化学反応の是非を人に説いておきながら、つまりは自分自身がそのことに酷く懐疑的なのだと思う。
 また行くこともあるかもしれないし、もう二度と無いかもしれない。
 「良し」としてくれた人に何が出来るだろう、俺自身の力と、同じように思ってくれる人で。これからのことを考える。
 共鳴して頂けただろうか。

 2018/9/16
 三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
 【69addict】
 Ghetto Chapter113
 「The First Picture Of You」

 Garrettの活動休止が発表された。率直に言って限りなくクソだと思っている。それはずっと変わらない。そもそも「休む」って言えるほど大してやってたか?
 内情に関しては外野からアレコレ言うことではないので外面だけ言わしてもらうと、チョーバカ、徹底的にダサい、チンカスだ。
 これからもこんな思いをさせられるなら、本当に誰とも仲良くしない方がよいのではないか? そんな風にすら考えている。友達だと思っていたのは俺だけだったのかなって。あの時間なんだったんだろうって。
 気持ちや行いはどうでもいい。別に無駄だったとも、嘘だったとも思っていない。
 ただ、言葉を返して欲しい。ちゃんと届く人に使いたかった。こんなものに使っていたら、これからのときに安くなる。そんなのは、心底嫌気が差す。

 自身のライブはどうだっただろう。ヤケクソ気味だったが盛り上がってはいたような。あまり安定していなかったことは確かだな。
 誰かが持ち込んだ赤ワインでぐでんぐでんになった俺が伸びてたから、皆面白がっていた。こんな風になるんだねーって。
 こんな風にもなるわ、俺だってふてくされたら。
 ちぇっ。

 2018/9/18
 両国SUNRIZE
 【両国無法地帯】
 Ghetto Chapter114
 「死ねば助かるのに」
 Open18:00/¥2000+1D

 うーん、率直に言わしてもらうと前半は今のSUNRIZE、後半は昔のSUNRIZEってメンツだなと思っていて。
 蓋を開けてみれば、今こそ全てではないか、そんな風に思った。そういう意味では、TEN-SINこそ時期的に絶妙だけど。「今」から記憶には変わらないで欲しい。
 ギターがとてもデカすぎたらしいが、個人的には九月で一番よいライブが出来た。Ghettoとしても。かなり良くなってきていると思う。
 「扉の外の人にも届くようにするにはどうすればいいか、だね」という池さんの言葉が、重くのしかかっている。
 扉の外、概念としても箱の外としても痛烈な課題だ。
 扉は厚く重い。ここにいれば少なくとも不快な思いはあまりしない。
 フロアの出来事が解決できているわけではないが、俺は視点をそこに置きたい。足元をすくわれることもあるが、結果的に遠くを見てこそ踏み間違えない一歩があると思う。
 ま、テンポどおり譜面どおりキッカリシッカリ演奏することではないな、と。そこに行き着くたび、少し笑う。
 俺はGhettoというバンドをやっている。

 2018/9/21
 池袋Adm
 【華より音】
 Ghetto Chapter115
 「BOYS DON'T CRY」
 Open18:30/¥2000+1D

 ライブウィークの三日目。信じられないことだが、全くもって気持ちが切れた。それはもう、驚くほどダサかった。演奏はそこまで酷くなかったはずだけど、とにかく普通に楽しいライブになった。
 ただバンドのイメージという点ではあまりに酷かったのもあって、トリのMyベストテープの心底エネルギーと歓喜に満ちたライブに「タハー、勉強になります」とか思っちゃった。
 いやまぁ、こっちのことは関係なく、アレはいいライブだった。青春パンクがどうとかそんなこともぶっちぎっていた。せいせいしたよ。
 「バンドって楽しいね!」 最近一番聞きたい言葉だったかも。
 俺は変わらずずっとそう思っているけど、正しい瞬間に正しい人間がそれを言ったこと、結構気が楽になっていた。
 そうだよ、バンドって楽しいんだよ。
 こんなに楽しいこと、他にないよ。

 2018/9/28
 三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
 【TURBOBIER Japan Tour】
 Ghetto Chapter116
 「ザンギュラのスーパーウリアッ上」

 久々に外タレとの対バン。結構好きだったな。ワイルドハーツみたいだったし。やっぱりGhettoのウケはよかった。
 しかし俺は最近体調がおかしくて、特に酒がヤバい。理由は分かっている。端的に言うと病んでいるからだ。悪酔いするときは病んでいると相場が決まっている。
 おかげで演奏も甘っちょろければ、終わったあともずっと頭が痛くて気持ちが悪い。早く帰りたい、布にくるまりたい、何もかもを寝て忘れたい、そんな風になっている。酒に失礼だな。他人にも失礼だけど……まぁそれはいいと思う。
 特にシンプルな楽曲や音運びでこそ思うのだが、ライブ次第で激烈にカッコいいなとか、クソつまんねーなとか、音の価値が全然変わる。
 AマイナーがタダのAマイナーに聞こえたら、それは終了のお知らせってヤツだ。
 GhettoがAマイナー使わない理由だな。リスクヘッジ。ハハハ。

 酒との付き合いは少し考えている。別に飲まなきゃならない理由なんてないし、飲まないほうが平均的にいいライブは出来ている。
 けど出番遅いとなぁ……することないんだよね。飲まないと話せないし。というか、感情が動かない。何も思わない。
 この記事を書いている丁度次のライブが四番手の21時からだから困ったもんだよ。なんなら人気のまばらな中華料理屋のややマズイラーメン食って漫画読んでたいよ。
 ライブハウスって結構ヒマだよね。マジで漫画置いてくれたらいいのに。稲中とか。
 自分がライブ前こんなにヨユーぶっこくクソ野郎になるとは思わなかったなぁ……。
 いや、バンドが悪いんだな。
 次のバンドどんなだろう!? とか、メチャ好きなバンドだ!ワクワク! つって待つ時間はあっという間で全然苦じゃないからな。携帯見ようとも思わないし。誰だってそうだろ?
 ワクワクするような転換をしてくれよな。転換もライブだろ。っていうか全部ライブだろ。ああああああああ本当に嫌いだテメーら。俺もアマチュアだが、テメーらはアマチュアのアマチュアだボケカス。部活からやり直してろクズ。
 よく分からん逆切れになった。ま、いいか。整理したら少し元気になった。

 思い出よ、思い出よ。明日は君に友達ができるかもしれないよ。
 仲良くしろとは言わないが、一緒に歩いてくれまいか。
 同じ花や空を見てはくれまいか……。

ロータリー

 安心が欲しかったんだろうか。信じられる人が欲しかったんだろうか。
 試すような真似を繰り返して、ほら、やっぱり遠ざかると笑っていたことに、誠意なんてものがあっただろうか。
 忘れて欲しいと思う気持ちは今も変わっていないような気がする。
 自分の恥だとか失敗だとかそういうことではなく、行いや存在、記憶全てがその人の中から消えたなら、どんなによいだろう。
 裏切られる前に裏切るんだろうか。
 傷つく前に切り離すだろうか。
 苦しめるために出会ったのだろうか。
 そうは思っていない、思わされようと、気付いていようと、結局そうは思っていない。希望ではない。

 「ああ、そんなことを言ってしまうんだ」
 「あなたが今見下した存在は、俺に少しも被ってないと思っているんだね」
 「俺もあなたの大事なものを傷つけざるを得なくなってしまった」
 「それとも、すでに俺から言ってしまっていただろうか」
 「誰があなたをそうさせてしまったのだろう、何が俺をそうさせてしまったのだろう」

 それでも:
 生きる為には仕方ないと、切り捨てたはずのものが結局一番俺を支えている。
 それでも:
 役立たずだと思っていた、本当に恥ずかしい自分の幼稚でくだらない部分が自分そのものだった。
 それでも:
 向き合うことから逃げたり、時にはいなくなる人もいたり、手痛く物事がこんがらがる。

 赦されるどころか、謝るたびに、謝られるたびに、全身が切り傷だらけになって、事態は一向に解決しない。
 それでも:
 ごめんね。本当にごめんね。ごめんなさい。俺は無力でした。ごめんなさい。
 一体何が欲しいんだろうね。一体何が出来るんだろうね。
 それすらも分からない大馬鹿野郎。
 必要なのは謝罪じゃなくて行動だって、それぐらいはとうにウンザリするほど分かってんだけどな。
 ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。





 それでも:
 「どうせ君には分からないんだよね」

八月

 2018/08/03
 両国SUNRIZE
 弾き語り。
 夢が叫んだ、フィロソフィー、GREEN、VOICE。
 アコギだったりエレキだったりと持ち替えていたが、やはりアコギの方が良さそうだ。
 この近辺でバイプレーヤーズというドラマを一気に見て、そのEDの竹原ピストル「Forever young」にやられていた。
 Forever young あの頃の君にあって
 Forever young 今の君に無いものなんて無いさ
 今の俺にピッタリの言葉だ。何がキッカケになるかは分からないものだ。音楽は宝物。

 2018/08/15
 三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
 Ghetto Chapter107「The end of war」
 翌日にPERFECT DAYという勝負の日を控えながら、その前日にもライブ。Ghettoがこういう頭の悪い日程の組み方が出来るバンドで本当によかった。
 北海道のCAR THIEF SCHOOLは生憎のキャンセルとなってしまったが、「四組でなんとかしなきゃならねえ」っていう謎の危機感が出演陣にあったような? 気のせいかな。なんかそれがいいように働いてた気がしたので。
 無論一組でもなんとかしなきゃいけないわけだ、実際のところ。
 個人的にはUNRUCHが面白かった。マイクとノイジーなエレキギターという最小単位ながら、瞬発力とタイトなリズムが垣間見えて独自にストイックな空間を構築していた。
 ボーカルの人が襟足を一束だけ残して、あとは全剃りというクールな髪型だった。
 リビドーと悪魔も純粋に楽しめて、おまけにドラムのけーこさん(男)の胸がはだけまくって、多分俺ここ最近で一番興奮したと思う。大丈夫なのかな。

 2018/08/16
 両国SUNRIZE
 HIROSHI ASAKUSA pre. PERFECT DAY vol.7
 Ghetto Chapter108
 「SEXと愛のイメージを」

 N.K SYSTEM
 TEN-SIN
 Mt.BLUE BEAR
 Ghetto
 HIROSHI ASAKUSA∞XipeTotec

 あまりここで多くを語るのは野暮な気がしてならない。
 色んなものが錯綜していたが、俺たちは俺たちのやるべきことをやった。そしてそれは、どうやらとても良いことだったようだ。
 いつも率直に思うのは、本人はいつも打ちのめされたように語るけど、イベントをこれ以上なく締めくくる梅さんには感嘆の声しか出ない。
 覚悟が違う、言葉にすると安っぽいがその一言に尽きると思う。
 あの目線でステージに立ったときに、俺は目の前の人間にどれだけのものを残せるだろうか。
 戦っていたい。

 2018/08/25
 長岡音楽色堂
 HIROSHI ASAKUSA pre. PERFECT DAY vol.8
 Ghetto Chapter109
 「ショウタイムのイメージを」
 帰省も兼ねての久々の地元。
 憎しみしかない地元だったが、さすがにここまで来ると多少見方も変わってくる。無論安堵や望郷、そういったものとは違う。
 あるとき親が実は「親という存在」ではなく、ただの一人の人間なんだと気付いた瞬間が君にあるか?
 強いて言えばそれに近い感覚に陥った。
 味気ない無味無臭の土地、だがそれが確かに俺を育んだ部分、根に残した部分というのは確かにあり具体的に何が、ということはないが、「オマエもそうだったのか」と悟った。
 それを踏まえたうえで、芸術や文化が根絶やしになったような土地にまさかライブハウスが出来て、おまけに今まさに息吹を立ち上げ始めている。
 感動というより、まこと奇妙な気持ちだ。どうやら運命ってイカれてるらしい。血の通った屍しかいないと思っていた。今、それが少し変わってきている。

 話が変わるが、最近はライブにおいて俺は「出来ること、出来たことを確実にやる」ということを意識している。
 モチベーションとか自分をよく見せようだとかで作っていた部分、昂ぶって瞬間的に上手くいっていたピークの部分を、いつでも自然に出来る感覚を定着させようと。
 スポーツの反復練習に近いが、身体(演奏、歌唱)を突き動かす感情面でやれることが目的だ。
 言ってしまえば役者の泣く演技のようなものかな。
 俺自身が感情移入しているかどうかは問題ではなく、見ている側が自然と感情移入してしまうようなものが理想的だし、言うなればそれがプロなのかなと最近は考えている。
 それは作為的なものとは少し違う。感情ごちゃ混ぜで歌うものがいいときもあるが、俺はやっぱりそこに見ている側の気持ちが重なってほしいと思う。
 叫ぶのはツラい。叫ばざるを得ないのだが、叫ばなくて済むならそれでいいようにも思う。
 じゃあ何故叫ぶかと言えば、そこの共鳴してくれる人の心にある苦痛、そのわだかまりを少しでもほぐせたらいいなと思う。
 両国と長岡、二つの場所で一つの命。この機会に俺はそれが少し分かった気がする。

 2018/08/25
 両国SUNRIZE
 Ghetto Chapter110
 「存在のイメージを」
 PUNiKのイギリスからの凱旋。あとウメxバラ。
 最近何気なく思うのだが、また少し周りが変わってきたような気がする。
 別に悪いことではないのだが、ちょっとだけ、本当にちょっとだけそれが疲れる。どんなに環境が変わっても俺は見る目を変えたりはしないよ。大事なのは心の情景だろ。
 付随して愚痴を綴るが、公私共に「これは言えないな、出来ないな」という事柄が増えてきた。
 バンドのオフィシャルな部分は変な話「そういうもん」だから構わないんだけど、意外とプライベートにまでそれは及んでくるんだな、というのがここ最近で一番の驚き。
 これも覚悟の話なのかもしれないが、バンドで硬派にやってる部分が、オフで行動してるときに「ここでグータラは出来ないか」みたいに枷になるときがあったりするわけ。変なこと言えねーな、とか。あやふやな表現で申し訳ないが。
 裏表を使い分けたり、公私で主張をガラッと変えられるほど俺は器用じゃない。いや出来るんだけど、人の精神はそれをやると病む構造になってる。だからやらない方がいい。肝心のバンド活動で邪魔になる。
 でも時々、言い方が悪いが、気持ちや言葉のゴミ箱が欲しいな、と思う。そんなん受け入れてくれる人がいたら惚れちまうわ。だから優しくされるのも困る。
 実際「ぶつけてくれてもいいよ!!」なんて言われても、一方的に吐き捨てるのはまるで性に合わないので、自分という奴はつくづく気難しいヤローだ。
 また面倒ごとに首を突っ込むのが好きなのだけど、実際それで何が解決するかというと、ただややこしくなるだけなのが虚しい。皆が苦しむのを眺めることしか出来ない。眺めて笑っていることしか出来ない。(ん?)
 音楽も人間関係も恋愛も(ん?)ある程度でサッパリと割り切った方がいい。ズブズブになってる人であんまりいい結果になってるのを見たことがない。今のところ。
 つまんないね。つまんない結論だな。そんなことないって、誰か言ってよ。

 2018/08/31
 三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
 【Powerful drug】
 Ghetto Chapter111
 「共犯者」

 Ghetto
 断絶交流
 クロメ
 VROOM
 GOLGO BUTCH

 面白かったね! 久々のトッパーだったけど、やっぱりトッパー楽しい。好き……///
 面子もよかったんですけど、そこはさすがにヘブンスっていうか、ヘブンス過ぎたね! 八月末がこれって、夏最後のお祭り感があって大変よかったですけども。
 やればやった分だけ楽しくなるのがヘブンスだから、そこは本当に好き。こざっぱりと音を楽しむ、そんな感じだったんじゃないかな。(まだ酒が残っている)
 てんやわんやの八月だった。あっという間だったが、しっかりと一ヶ月間の重みもあったように感じる。六月以来久々の遠征も大きかったな。
 っていうか、遠征より旅行がしたいなぁ……。
 としみじみ思いました。ワハハ、なんだこのオチは。綺麗なものを沢山見ようぜ。

七月

7/16(月・祝)
新宿Live Freak
The Eastern Monkeys presents
【狼煙Vol.2】
Jack Chicken Strippers
PUNK DISCO
Ghetto
MILK SNAKE
The Eastern Monkeys
- Sub-stage -
イマオカトモミ

Ghetto Chapter103
「犬が吠える」

 PUNiK企画で知り合ったイースタンモンキーズの企画。彼ら(結構年上だけど)のストレートだけどひねりが効いたロックンロール、何よりメロディが俺は好きで。スリーピースってこうだ、ってのをシンプルに体現してる。
 フリーク初めてなのもあって結構楽しみにしていた。どのバンドも固定のお客さん(多分)がいて、そういう人って対バンのライブもしっかり見るんだよな。いいバンドにはいいお客さん、それがハッキリ出ててスカッとした。
 ツイッターにも上げたが俺らのチョベリグな写真まで貰って、こういうところのクオリティが高いのは素直に憧れる。純粋に人柄の成せる業だと思う。
 久々のPUNK DISCOは随分音がスッキリしてグッドメロディが届いてスッとした。俺昔からこういうデジタルロック、超ツボ。
 アデムさんライブにぼやいてたけど、以前俺らが出さしてもらったエルプエンテのライブでえらく反省して今の形になってきたんだと。ウケる。
 あと俺が自分のサウンドチェックでいつも弾いてるKornのBlind(っぽい)リフを初めて指摘された。ついにバレた。他の何か考えないとなぁ。
 肝心のイースタンは、この前見たときより更にタイトになって、トリに不慣れな感じがまた可愛くて、俺は大事な何かを思い出したような気になった。すっごい練習してると思う。ピュアに。大事なものを忘れないルーキー。
 大和田さん今度改めて飲もーね。大好き。

7/21
両国SUNRIZE
【両国無法地帯】

Too Late …ASIA
自転車SO業舎(from 大阪)
Ghetto
クロメ
ハテンコウ
THE SPAM69
野田サリー
ロマンチスト

Ghetto Chapter104
「K. and his bike」

 結構楽しみにしてた日だったんだけど、個人的には小爆発だった。期待を裏切られた、勿論悪い意味で、という感触が強い。
 その点クロメには派手に払拭してもらって良かった。終わりよければだ。
 ギターが変わってどうなるかと思ったが、なんてことはない、前よりずっとちゃんとバンドになった。この3人でしか出せない音があるだろう、もっと行くだろうってギラついた感じにワクワクした。

7/24
 両国SUNRIZE
【両国無法地帯】

リビドーと悪魔
Ghetto
【件-空断-】
暗黙のストライカーズ
燐-Lin
ジェームス

Ghetto Chapter105
「GREEN & GOLD」

 しんどかった(笑)
 新曲のGREENを披露。これ、凄く好きです。いい歌詞が書けた。

 7/28
 三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
 月凍リ仕舞-ハットトリック-

 シメる場として、この日ようやくキッチリと演奏できた。新潟ぶりにいいライブが出来たと思う。
 喋り全然考えてなくて、大分雑だったけど。
 色んなノイズがうるさかったが、俺は少年の姿を見た。それだけでいいと思った。
 俺はこの瞳と見返しあうことを誓う。
 「長生きしろよ、」
 あとはもう何もない。
 生きろ、生きろ、生きろ。

GREEN

向日葵畑/砂埃/疾風

心臓に花を/君に名前を

エメラルドの眼/擦りむいた膝

僕らのEVERGREEN/OMOIDE



アスファルト/心療内科

サンダル/白兎

ハイウェイ/8月の祈り

ブランコ/タイムマシン



死んだ人は星になるって

望遠鏡で探したよ

花火でロケット作ったら

君に会えるかな



水色の歌/「夏だね」と言った

油膜の虹と/モグラの死体

羽根が折れても/カモメは鳴いた

僕らのEVERGREEN/SAKASAMA



秘密基地/懐中電灯

踏み躙られた/懺悔

子供たち/有刺鉄線

レイプされた/女神



打ち上げ花火/飛び降り自殺

僕の魔法は/役立たずだった

エメラルドの眼/ただの石ころ

僕らのEVERGREEN/SAYONARA



僕らはみんな生きている

生きているから歌うんだ

僕らはみんな生きている

生きているからかなしいんだ

(Ghetto)