ゲロとクソにまみれた掃き溜め

君を忘れたくないから、君を赦しはしないよ

6/20 to 6/28

 6/20@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
 久々のarahabakiとアスタケ、吉美四季さん。シクスシクスも初めてではないが、俺はお互いのライブを見て乾杯してない人は覚えられないから対バンや知り合いにカウントしない。分かりやすい。ちなみに打ち上げで乾杯か、酒の奢り奢られをすると友達になる。
 arahabakiもアスタケも、少し見ない間にまたグッと成長してて、凄いなぁ、時間って平等に流れてるんだなぁと感心した。
 arahabakiは音響系にありがちなリズムの緩さ、みたいなものがかなり引き締まってて、アンサンブルの噛み合わせが格段によくなったように感じた。もともとヘブンス向けの音してるし、やってるうちにまたメキメキ上達しそう。あとは歌でしょうか。
 アスタケは二人で一つというか、個々のスキルアップもそうだけど、とにかく二つの音の混ざり合いと融合が凄まじい。そこにあの楽曲が乗ることで、一気に世界に引き込まれる。俺は「生きる力」が好きなんだけど、この日はライブ前にも関わらず泣いてしまった。「分からなくなった」の部分、アスカの声の伸びと張りは一級品。
 四季さんは、やる気を削がれてるんですかね、これは。勿論やるせない事情は沢山あるんだろうけど、そういう事柄を打破するために俺達ライブ始めたんじゃないでしょうか。それはどんなに数や時間を経ても変わるものじゃなく、迷うこともまた無いと俺は思います。
 Ghettoは再びトリで、またもやアンコール。とはいえ、この日は個人的にかなり演奏が荒く、ハッキリ言うとアンコールを貰うクオリティではないと思っていた。メンバーの力量による部分が大きいのかもしれないが、今後このぐらいのもので頂いても、俺が納得いかなかったら断るかもしれない。
 なあなあにはなりたくない、やりたくない。それはアンコールに限らない、本編も一緒だ。
 以前より越えたものをやれたときに、有り難く貰うことにする。30分一本勝負、まだまだ載せられる命がある。秤はそんなに小さくはない。
 が、アンコールはともかく、アルコールはいつでもくれ。

 6/21@両国SUNRIZE
 実は7/28の企画でギロッポンには声を掛けていたのだが、日程が重なって今回は見送りになっていた。しかし、そこへこの日が決まり、縁というのはとかく面白い。縁はあるところに尚集まるものなんだな。縦の糸はあなた。
 二日目のアスタケも、サウンドはヘブンスより大人しくなった(箱の音響的に)が、それでもこみ上げるものは変わらなかったので、より今の地力を痛感する内容だった。
 ギロッポンとは会場前からお祭りヤローのチンギスさんと話し込んでいて、「何から何まで期待通りの人だなぁ」って既にサイコーの気分だった。
 ツイッターにも軽く書いたが、俺が東京来て初めて見に行ったライブ、初めて行った両国SUNRIZEに出演してて、ゴリッゴリのサウンドとバキバキの刺青とピアスっていう厳つい見た目で「うわー、東京に来たんだ」って超分かりやすく洗礼浴びせてくれたんですよ。
 トッパーの乖離。が突き刺さってたのもそうだし、トリのMUSHAxKUSHAには完全にぶちのめされて棒立ちだったし。あの日から全部繋がってんだなって思う。3年経ったけど、この3年間は俺の中で完全に一本のライン。
 その最初に立ち戻った感じがした。変わっていったものは沢山ある。その中でも変わっていないもの、それは俺の大好きなものだ。
 俺はこれを大切にすると決めた。俺達みんなの宝物になると、そう信じている。

 6/27@両国SUNRIZE
 フェニーチェな日。なんかこの日はみんなおかしかった。普通じゃない。
 でもGhettoは安藤さんに「美しかった」の言葉、池さんには「ガイナやね!」の一言頂きました。それだけで十分以上です。この二つは俺が貰って一番嬉しい言葉かもしれない。
 こういう日にぶち込まれるにつけ、「両国のことホームだと思ってるの、もしかして俺だけなのかな」って気分になるのが愉快だ。
 ホームが一番のアウェー。色んなものをくれるよ両国は。

 6/28@両国SUNRIZE
 この日は弾き語り。本編は楽しかったよ。弦が早々に切れまくり、最後はまた4本でやってた。泣ける。このときは池さんに「ナイスファイト!」貰いました。ふ、ふふ……。
 あまりに悔しかったので7/12のお誘いも即決した。やるぞ俺は。弾き語りやりたくねえけど、やられたままなのはクソむかつく。
 再びアスタケと対バンで、やっぱりこの日も俺はウルウルした。もう駄目かもなこれは。完璧かもな。6/23だかに開花宣言の二日目見に行って、そのときもライブペインティングしてるアスタケと話し込んでたんだが、毎日いても苦じゃない気がする。向こうが苦になるか。
 というか別にオフで仲良かろうか人柄が最高だろうが、ライブで感極まるかは全く別の話だから、普通に今のアスタケ凄いって話。この前日にも言ったけど、梅さんには改めてごり押しておこう。先輩をなんだと思ってるんでしょうね。
 前日はパイロッツ、この日はモッフィーだったけど、凄かった。抜群のキレ。その後反動か何かで凄いめんどくさいふてくされ方してたけど。じゅんじゅんが慰めてたのにウケた。
 ダーハマさんは相変わらずのロックンロールっぷりで、弟のYASTAMANさんはめちゃんこ常識人、だけど曲にやっぱり路上というか、強かな生命力を感じた。あと兄弟だけあって声質がやっぱり似てた。まくるところとかの。
 そして例によって終電を逃した俺は隣の公園で寝てたんだが、そしたら財布をパクられた。今尚てんてこまいと憂鬱の海を泳いでいる。絶望。
 「財布パクられて今交番です」とモッフィーに言えば「また呑もう!」と言われ、「財布無くしたんだろ? 呑み行こうぜ!」と謎のお誘いでダーハマさんに外飲みに連れ出され。そんな気分じゃねえんだけど、えっ分かんないかな!? バンドマンってホントクソかな!! ありがとう!!
 思い返してみれば「そんなこともあるさ」、というぐらい最強の日々だ。

 目を背けるのが難しいくらいに楽しいことが沢山ある。
 その隙間にひっそりと紛れ込んでいる暗闇、お前はきっと昔の俺の傍にいつもいたやつだろう?
 お前を邪険にするぐらいなら、楽しいことも過去も未来も、全部まやかしになるだろう。
 お前がいたから孤独でも一人ぼっちではなかった。お前のおかげでみんなの暗闇が少し分かる。
 昔より手狭になったこの部屋で、それでもお前の居場所を無くしたりはしない。一緒に生きような。
 お前こそ俺の宝物。何度手放してもまた俺の手に。
 消えないでおくれ。
 離れないでおくれ。

「あいつ」

 病院はいつも退屈だった。いつもより親が沢山のゲーム、沢山の漫画、沢山のプラモを買ってくれた。
 でもどれもすぐに終わってしまう。だって病院はいつも退屈だった。たまに落書きなんかもしてみるけど、全然ストーリーが浮かばない。毎晩寝る前に壮大なファンタジーを妄想してたのに。
 クレヨンしんちゃんのコンビニコミック、父親が社員旅行のハワイで買ってきたドラえもんの45巻、何べん読んだか分からない。なんでハワイでドラえもんだったのかも分からない。
 いつの間にか隣のベッドの子と友達になった。お前ずっといるな、そんな風な切り出しだった。
 俺は髄膜炎で、彼は、なんだったかな。血液の病気だったか。
 小学2年生の夏。日差しは眩しかったし、窓際の俺のベッドにはいつも木漏れ日が差していた。でも病院の中はいつも薄暗くて、象牙色だった。
 曲がり角でおばけに会うんじゃないかって、よく思った。でも実際にいたのはトイレから出入りする、歩くのが遅すぎた爺だった。

 俺の親はしょっちゅうお見舞いに来た。交代で泊まったりもした。
 「あいつ」の親は忙しそうだった、あまり顔も覚えていない。
 たまに果物の盛り合わせたバスケットを持ってきては、俺の分も林檎を切って分けてくれた。梨は嫌いだったから、「あいつ」が食べた。
 毎日の点滴の入れ替えだけが辛かった。でもおかげで注射が好きになったような気もする。
 しょっちゅう点滴スタンドを振り回しながら、「あいつ」と2人で病院内を追いかけっこをした。エレベーターは使わない約束。そんでもって、よく怒られた。
 なんだか俺の思い出はいつも誰かとごく僅かな間友達になって、一緒に悪戯ばかりして怒られて、そんなことばっかりだ。
 病院内を走らない! 危ないでしょ! と怒るのはいつも同じ、若い看護師だった。「注射ヘタクソだよな、あのお姉さん」って「あいつ」と笑った。
 夏休みが終わっても退院できなかったので、大して仲良くも無い女子生徒の親子が千羽鶴を持ってきた。なんとか委員だったからかな。
 俺の親とその子の親が話しこんでいる間、俺は小恥ずかしい気分になって、やっぱり「あいつ」と病室を飛び出した。
「お前友達が見舞い来て、いいな」
 と「あいつ」は言った。屋上手前の踊り場。
「あんなの友達じゃねえよ。仲良くもないし。よく俺のこと追っかけてくるしさ」
「好きなんじゃねーの?」
「うえっ、違ぇーよ。髪の毛ぐっちゃぐちゃでスパゲティみてーじゃん」
「結構可愛かったと思うけど」
「ヨシダってヤツが好きだったかな。いつも額に青筋たってて、お前ナガシマ好きだもんなー、ってからかうと余計おでこが青筋だらけになるんだ」
「へー」
 そういえば、「あいつ」のお見舞い、親しか来たことなかったな。 

 手術が近くなって、俺は病室を移された。窓際でもない。「あいつ」もいない。本当に退屈になった。
 おかしなことに「あいつ」の名前も知らなかったから、途端に会えなくなった。でも、知ってたところで会いには行かなかったと思う。
 ゲームボーイの筋肉番付とギャラガ&ギャラクシアンをやりまくった。全然クリアできなくて毎日チキショウ! って叫んで、同じ病室の小学校上がる前の子が泣いた。
 周りの子は入れ替わりが早くて、俺はすぐまた窓際のベッドになった。もう2ヶ月も病院にいた。
 一番近所で、クラスで人気のヤツが見舞いに来た。俺はまたイライラして黙りこくった。
 こいつといると、いつも小ばかにされてるような気分になって、自分が惨めになる。
 足が早くて野球にも詳しい、勉強も俺ぐらい出来る。スーファミのゲームも大体人気のヤツを持ってて、ポケモン言えるかな? を完璧に暗記してて、クラスメイトはしょっちゅうこいつの家に行く。俺はずっと家で絵を描いてた。
 そのくせ家が一番近所だったから、何かとペアにされがちだった。個人塾も一緒だった。小学校で一番最初に俺が友達になったのもだ。本当にクソッタレだ。
 退院したら、「あいつ」が学校に転校してくりゃいいのに、そんなことを考えていた。

 手術当日。といっても、てっきり俺は眠らされてどうにかされると思ったが、背中にぶっとい注射を背中に突き刺されるってものだった。
 これがまた最悪なことに、例のヘタクソな看護師で、俺は母親に見送られながら、手渡されたハンカチを精一杯握り締めて痛みに耐えた。
 別のこと考えると痛みって和らぐんだなって、そのときに知った。
 それから退院までは早かった。毎日の点滴の注射が無くなって、腕に何にも刺さってないとこんなに軽いのか! と驚いた。毎朝痛い目に合わなくて済むなんて、天国か! とも。
 退院するとき、親に「あいつ」に会いたい、と言った。「あいつ」はもう別の病院に行ったんだそうだ。
 俺はそのとき「あいつ」に何か大事なことを言い忘れたような気になった。プラモ、一個あげる約束してたのにな。SDガンダムの。

 先生、例えば心臓とか、肝臓とか肺とか、そんなのが「あいつ」に必要だったら俺はくれてやってたと思うよ。
 名前すらよく知らなかったけど。年も確か、本当は「あいつ」の方が1つか2つ上だったけど。そんなの関係なかった。
 クラスの誰よりも、幼馴染よりも、従兄弟よりも好きだったし、一番気が合うと思ってた。学校や親の関係で知り合ったわけじゃなかったからかもしれない。
 なんか、ふっ、と死んでしまいそうな夏だった。誰が消えてもおかしくなくて、でも死ぬことはやっぱりあんまり無い、あるのは転校ぐらいの、誰にでもあった幼い頃の夏。
 「あいつ」は俺の友達だったよ。
 今までもこれからも、ずっと。

NIGHT

何故か今夜は妙にざわつく
野暮な噂がやけに目に付く
ツレと飲んだ帰り黒い地下鉄の群れ
俺は一人で
明らかに得るより磨り減る毎日
「いつも通り」がやたらと難しい
大事な何かを忘れている
暴れ出したくなる本気のILL

こんな筈じゃないだろ、いい加減気付いたろう?
なんでそこで人に頼る、劣化版でいいのか?
世の中バカばっか、ずっと学生気分
間違うマジョリティ、従うことはない
影で嫉妬なんてすんな、声に出しゃそれもライブ
好きな服、好きな音、好きな言葉でいい
君は一人でも、独りぼっちじゃない
ずっと夢を見ようぜ

君を苦しめる全てを
今すぐに消し去りたいけど
長い夜に聞こえる鼻歌
こそばゆく愛おしい
ごめんね、ごめんね
頭悪くてすぐ死ぬ
ガラクタの俺達は
アンパンチで星になれる

また来た突然のダウナー
生活が出来ない、遺伝子から出来損ない
時間が無い、冗談じゃない
ヘネシー、デパス、ロラメット、コカイン
パーティーはいつもすぐに終わるよ
綺麗事、吐きそう でも

この夜は永遠じゃない
正解だって一つも無い
だから何度でも迎えるよ
憎たらしく愛おしい
何度も、すれ違う
今すぐにも壊れそう
ガラクタの俺達が
もがいた夜

灯台、重なる
海沿い、触れる
穏やかに消える
笑顔が眩しい
またすぐに会える

(Ghetto)

6/12@池袋Adm 循環

 ほれーやっぱりコケたぞ(笑)
 と言いつつも、別に目立ったミスがあったわけではない。荒は多かったけど。
 自分では前回の新潟のライブで最高点を更新したな、という実感があって、あれで上限が上がったから今までの100点を80点に感じた。まぁ、ここは欲張りになってもいいとこでしょ。
 そういうときにやっぱり乖離。と川サキのプレイが一番のプレッシャー(笑)でやってやろうって気になるし、見知った顔も知らない顔も目に焼きついていく。
 ステージ上から出来るのは、あくまでノックすることだけだからな。多少強めだけど。
 それ以外は、やっぱりしんどくなったら息抜きできる環境でもありたい。
 凄く好循環の中にいるな、と思う。守られてると言ったほうがいいかな。直接でも間接でも、多くのものに守られてる。
 だからこそ俺も、Ghettoも守るべきものをしっかり守っていくことが手向けというか、誠実というか。何を守ってるのかよく分からんですけど。多分これでもなんかしらは守ってるような、気が、する、の……か?
 Ghettoが何を生んでいくかもそうだし、歩いたあとの道もそうだし、何より俺ら自身のメンタルやコンディションも守らないといけない。保身とかではなくて、メンテナンスは大事だ。
 ライブ中はそんなこと微塵も考えないけどな! 考えないでいるために、とも言える。
 衰えは特に感じないが、確実に酔いやすくなってる上に、酔い方がかなりアッパレしてきた。もっと酷いのをいっぱい見てるから、多分この程度なら大丈夫だろうというレベルで楽しんでるつもり……。

 俺には一般的なルールとか作法とか、多くの人が愉快に感じたり不快に感じるポイントみたいなものがよく分からないから(理解しずらいというより、そもそも回路が無い)、せめて扉を開けてきた人のことをよく覚えていよう、と思う。
 どう楽しむのも本当に自由だと思う。

 最近某バンドが軍歌みたいな歌詞の曲を発表して物議を醸してるらしいが、さっき聞いたら内容以前に「軍歌というか、軍歌っぽい替え歌だな……」という印象しかない。もっと闘争本能を刺激するような、凄まじい力を持った洗脳メロディかと思った。
 こんなんめっちゃあるじゃん。これでよく揉めてみたな。あそこの排水溝が臭い、ぐらいの出来事じゃん。そんなの何個あると思ってんねん。平沢進のForcesの方が軍歌だしパンチあるよ。あれで揉めろ。Signもいいね。
 多分あのバンドのボーカルが、っていうのが問題の本質なんだろうけど、それが一番くだらないと思う。
 これでイチャモンつけるやつって一生「あの軍歌野郎」っていきり立ってるんだろうな。多分ゲスの極みのボーカルにも「あの浮気野郎」って未だに怒ってる。することねーなら消しカスで練り消しでも作ってればいいのに。楽しいし。
 まぁ、それも下手したら楽しみ方の一つなのかもしれん。どーでもいい。ただ行き止まりだな。

 エネルギーの循環しないものには執着しないことにした。見捨てたり忘れたりはしないが、他に出来ることはもっと沢山あると、やっぱり思う。
 ギブ&テイクなんて簡単な話じゃないが、還元する気が無いものに構ってる時間は無いんだ。そんな余裕があったら、色んな形で力をくれる人たちに少しでも還元したい。
 使い道のない淀んだ泥水でしかなかった自分に、輪郭と定義をくれた音楽やライブハウスやそこにいる人たち自体に、少しでも還元したい。
 だって、気分がいいんだ。気分さえよければいい。この際体調なんか悪くたっていい。金もあんまり要らん。
 池袋Adm、いっつも気分がいい。なんでだろう。バシッとくる対バンあんまりいないけど(勿論どこでもあんまりいない)、そういうことじゃない。
 3割ぐらいはあの、酒売ってる自販機かもしれん。なんでもいい、昨日も楽しかった。ラブ。

6/5 新潟GOLDEN PIGS BLACK

 五月のライブが全部ワンダフルな日だったのも、ここに集束したかと思うと納得しきり。

 この日は遠征として個人的に満点というか……行き当たりバッタリ(特にこれが良かった)なのに最強のプランニングだった。
 夜のドライブと夜のサービスエリア、そこで絶品ってほどじゃないがやけにウマいご飯(ソーキそば食べた)、早朝のネカフェ、昼のラーメンに海に行きつけだった喫茶店、そして夜は馴染みとライブ。夜はウマい酒に飯に話に友に。
 昨日の夜まで結構その反動でハートが固まってたわ。4人で行けて本当に良かった。
 臥狂VS川サキもマイメンたちにガッツリ突き刺さったようで何より。間に合わなかった人はしようがない。バカヤロウ! バカ! チンポコ! 平日の辛いとこだね。プンスコ。
 来てくれた奴らに言ったか言ってないかマチマチだと思うが、企画や音源、グッズや諸々に題字書いてほしかったら臥狂さん普通に依頼できるので、直接が気兼ねするんだったら俺経由でも話聞きますわ。
 あのライブや作品だから恐れ多い、みたいに萎縮する人が多いだろうと勝手に思ってるんだけど、使えるものは何でも使ったらいい。デメリットは一切無いんだし。
 ま、俺もその辺多少大胆になったのは割と最近だけど。

 対バンだと俺は松尾くんがグッと来た。
 入りがギリギリだったせいか最初スイッチが入ってないというか、オドオドしてた感じだったけど後半から尻上がりに良くなってた。
 あと普通に歌もギターもリズム感も上手かったし。あとは曲に反して照れまくってたのが勿体無いから、そこだけ向き合えると良い。(果たして人のこと言えるんでしょーか)
 最近思うんだけど、普通に上手いって凄く大事だなァ!
 クセのある部分が肝なのは間違いないんだが、雑味を削ぎ落とした部分が無いと引き立たない。というか、味がよく分からないことになる。

 あ、今思ったけど4~5組の対バンが多かったのも大きいかも。割とこの組数ならどこでも勝手が分かってきたというか。
 「こーすればいいんだろ?」ってヤマ張ると外すから初心は忘れないんだけど、自分が見る側ならどの辺から見てるバンドに心開くかな、というのがどの順番でも想像できる。
 ライブのときは、人はどこまでいっても無防備なものだといつも痛感するよ。
 いいなーって思ったら、どんなに欠点があっても「逆にありかも」ぐらいに思うし、気に入らんなーと思ったらそれまでの全てが台無しになる。抱く感想は違っても、そこはどうも、全員同じらしい。
 ノッてるとか上り調子とか、頭では分かってても「次で早速コケるかもしれんし」と思うのはひねくれてるか?笑
 なんというか、期待はしてないんだよな、全く。自分にも他人にも未来にも。でも諦めてもいないし、信じてないわけでもない。むしろその逆。
 俺もステージの上で、ホールの中で、飲み屋のテーブルで無防備でいたいな。

 あと、これを見てる友達へ。気付いたヤツもいるが、「ただいま」ではなかったわけ。
 友達だと思ってるからよ、先に行ってるぞ。
 それぐらいは期待してもいいだろ?
 顔が見れただけでも飛ぶほど嬉しかった。またな。