Category日常 1/18

思い出すのは君の手の温もり

 沢山の涙がありました それ以上に笑顔がありました そんな風に日々が流れました 思い出すのは君の手の温もり どうして僕はここにいるのかな 声に出して伝えきれるかな 有難うと御免なさいを 一つにして それでもまだ届かないか ずっと見守り続けてくれていたから 沢山の涙がありました それ以上に笑顔がありました そんな風に日々が流れました 思い出すのは君の手の温もり...

  •  -
  •  -

継ぐの日

 でも貴方がいないこの場所で、私が戦い続けることに、どれほどの価値があるのでしょう? 何故なら貴方がこの場所で私に残した価値は、貴方が思うより遥かに重く、その重みは貴方が伝えた人に、最も僕に辛い形で残ったからです。 きっとさほど、気にも留めない風に言葉にしたでしょう。 …………。 貴方がいないこの場所で、私が戦う意味が無いとは言わない。 この街とあの箱は、貴方に対しさほど好意的ではなかったかもしれませ...

  •  -
  •  -

本当の戦い

 最近身の回りで胸が締め付けられるようなニュースが多い。 知り合いだったり、一度対バンしただけだったり、全く知らない人だったりもするけど、僕は「他に選択肢は無かったんだろうか……」と思ってしまう。それこそ他人事の無責任な感情なんだけど。 新潟にいた頃は今よりもっと自分が未熟で、今でさえ「他に言い方は無かったんだろうか……」「なぜあんなに視野狭窄なまま怒りに支配されることを選んだのか……」と思うことは沢山...

  •  -
  •  -

身辺整理

 俺のストレス解消は大きく分けて「人間関係のリセット」か、「髪を切る(大幅なイメチェン)」の二つだ。 後者は今のスタイルがこれまでの人生で一番気に入ってるから出来ない。 というわけで、少しずつ身辺整理している。この記事もそれを兼ねている。 言っとくが自分用だ。他人が読んでも全然面白くねえぞ。 笑う犬の小須田部長ってコントが何故かやたら好きだったんだけど、丁度あんな感じだ。 「これはいる」「これはも...

  •  -
  •  -

不覚

 他所での僕の発言を見ている人はなんとなく分かると思いますが、 去年の十月頃から精神を失調していて、治っていません。 いやむしろ、じわじわと悪化している。 毒物を食べて、一応消化できてはいるのだけど、そのペースの回転が早すぎて身体と心の代謝が追いついていないのでしょう。 何処かでガラッと変えなければならないのだけど、その手立てが今のところ見つかっていない。 というか、現状のパーツで修理とか、そうい...

  •  -
  •  -