category: カルチャー  1/14

映画メモ

No image

 最近あまり映画を見れていない。見てもう忘れたものも多いが、とりあえずメモだけ。 100歳の華麗なる冒険 元スパイの長寿の爺さんが徘徊する話。バイト先の男の子から貸してもらった。 主人公の、何が起きてもハードな山場はすでに大体乗り切った感でケラケラ笑える。 可愛い映画でしたね。  幻の市街戦 カルトなムービー。バイト先の男の子から貸してもらった。 世界大戦中、爆弾が埋められた街から人々が逃げ出し、取...

ペーパームーン / 御法度 / 発狂する唇 / ビジターQ

No image

 ペーパームーン 可愛らしい映画、とっても。 故人の家に聖書を売りつけるケチな詐欺師が、ひょんなことから身寄りのない女の子を連れて放浪するロードムービー。 この女の子が実にいい。被った帽子や風貌が男の子のようで、いつもムスッとしている。でも笑うとコスモスのように可憐。 そいでもって、煙草を吸う姿にやたら貫禄がある。 二人の役者は実際に親子のようで、そのせいか演技や距離感が実にゆったりしている。 多...

se7en / es / 青春の殺人者 / ウルフ・オブ・ウォール・ストリート / Sink / アンダーカレント

No image

 se7en ブラット・ピットとモーガン・フリーマンのサイコ・サスペンス映画。 「え、今更?」そう、今更見ました。 めっちゃくちゃ面白い。サイコサスペンスってこの作品当時、90年代半ばってメチャ流行ったじゃないですか。 パッと思いつくのは今敏のパーフェクトブルーとか。 そんで僕はそいつがメチャ好きなんですよね。 無駄のない脚本に敬服した。あと何よりモーガン・フリーマン。 このオヤジが出てくるだけで映画の価...

鉄男 / エレファント / リリア 4-ever / グラン・ブルー

No image

 鉄男 一作目。話は度々聞いていたが、ちゃんと見るのは初めて。 痺れるなァ、切ないなァ、この質感(失陥)たまらんなァ、そんなところだろうか。 体が鉄になっていく悪夢にうなされるサラリーマンが、実際鉄になっていくという、言ってしまえばそれだけの話。 順調に何が言いたいのかまるで分からなかったんだけど、ロマンチズムと性的倒錯(この場合矛先は鉄だろうか、速さだろうか)は純粋に昇華されたように感じた。 フ...

ほかならぬ人へ / ヤング≒アダルト / クトゥルフの弔詞

No image

 ほかならぬ人へ 白石一文の小説。以前「この世の全部を敵に回して」を読んで、いたく気に入ったので直木賞のこちらも。 個人的に、なんらかの受賞作であることと内容の質には何の関連性も見出せない。 というか、白石一文の小説はどれも大体テーマやメッセージが一緒なので、これが受賞するならどの著作が受賞してもいいのでは、なんて思う。 簡潔にして他に表現するでもなく、恋愛小説だ。 プロットだけなら典型的、いやむ...