archive: 2013年03月  1/1

寄生獣

No image

愚痴ばっかりなのもアレだから、漫画の紹介でも。といっても、ちとマイナーな漫画の中では超有名作(すごい矛盾)、「寄生獣」。俺の一番好きな漫画の一つだ。(すごい矛盾)タイトルでピンと来なくとも、宇宙人が右手に寄生して(だからミギーって名前)ハチャメチャする、と言えばなるほど、と思う人も多いだろう。ハチャメチャ、と書いたが、主人公シンイチとミギーの微笑ましい異種生命体同士の交流、あと学園生活は超見せ掛け...

名前

No image

鳩という名前の由来について尋ねられることが多い。「ああ……聞いちゃうんだー」っていうのが正直な感想ではある。バカにしてるわけではないよ。でまぁ、ぶっちゃけると「その辺に鳩がいたから」っていう、事情もへったくれもない、それだけなんだけど。そう言うと「えー!」とか「ああ、うん……?」みたいなリアクションをされる。あのねぇ、いや、分かるよ。分かるけどさぁ。ホントのことなんか、言うわけないからね。そんなことペ...

プライド

No image

創作活動において、プライドというものは非常に大事だ。スタンス、こだわり、美学、呼び方はなんでもよい。音楽に正解はあるにはあるが、最適解というものが存在しない。音というものの価値は、簡単に言うと刷り込みだからだ。例えば調律一つとっても、Aの音(イタリア語で言うラ)は基本的に440Hzと決まっている。これは一秒間に440回振動するという意味だ。そしてそれをベーシックにほとんどの音楽は作られているため、ここが崩...

スラング

No image

いつの間にかカウンターが117も。(現段階カウンター(笑)くらいの気分で設置したのに、結構見られてるんだな。きさま!見ているなッ!まぁ全員知り合いでしょうけども。よく長いって言われます。長いよ、ああ、うん、文章はね、俺はね、長いよ。今日もね、長いよ。俺は深刻なネット中毒だから、ネットスラングも結構使う。DQNとかオワコンとかステマとか。勿論相手は選ぶけど。(笑)このスラングもねー、長いこと見てると...

へべれけ

No image

アホみたいに映画のことばかり書いているが、別に映画ブログってわけじゃねえ。だから日頃の話でも。まず、Ghettoは凍結することにした。仲違いというわけでも、何か致命的な理由があるわけでもない。というか、それが無いのが理由だろうか。純粋に音楽を楽しむ、ということで強い衝突やエゴは出さずほんわかやっていくことが、逆に純粋に音楽を楽しめなくさせていた。などと言っても仕方あるまい。ただただ、疲れたなぁ、という感...

汚れた血/ガラスの墓標/勝手にしやがれ/禁じられた遊び/アメリ/欲望の翼

No image

フランス映画に触れていく。フランス映画。それは恋の映画と言って差し支えない。どんだけ色ボケした民族なんだよお前らは、と両の頬をぶっ叩きたくなるほど甘ったるい台詞をほざき、アホみたいにチュッチュする。あとどっかしらで一回はおっぱいが丸出しになる。まずレオス・カラックス監督作品、アレックス・三部作二作目、汚れた血。アレックス・三部作の発想は俺の曲の幾つかにも散りばめられているので、是非全作見たいのだが...

NOTHING/イリュージョニスト/大丈夫であるように

No image

最近SPUNと合わせて見た映画の評論。NOTHINGはソリッドシチュエーションホラーの傑作、CUBEを製作したヴィンチェンゾ・ナタリ監督作品。これは……ほめるところがまるで見当たらないゴミ映画。話の内容もナッシング!!おいいいい!!!!絶対見てはいけない。二時間が無駄になる。まさにNOTHING。そういう狙いなのか?CUBEと同じ監督とは思えないのほどの低クオリティ。ちなみにCUBEとSAWは一作目...

SPUN

No image

誠さんのお勧めの映画で、SPUNという奴を見た。青春破滅ロードムービーといったところか。ロードムービーと言っても、同じところを車で行き来するだけだが。俺は破滅とロードムービーという奴が大変好きだ。実際ならあんまりやりたくないが、映画なら無責任にトリップできるし。甲斐があるってこった。で、お勧めってのもそうなんだけど、関心を持ったのは音楽がビリー・コーガンってところ。実際見たら、これはまぁー大したこ...

集客

No image

知り合いにバンドマンがいたりすると、お客さんとして呼ばれることもあるだろう。勿論バンドマン同士で誘い合うことも多い。「友達から金取るのかよ」みたいな受け取り方をするのも結構だが、誘う側としては全くそんなつもりは無い。中には金に困ると嫌だから、片っ端から誘ってる人もいるかもしれないが。それは少数派だ。目的は人それぞれだが、例えば社会人バンドなら、たまの晴れ舞台を一緒に楽しもう、だとか。真剣に取り組ん...

ネガポジ

No image

創作活動の上で感情は大いに重要だ。絵画や文章に比べると、音楽は形に残らない部分が多いため、より「乗りやすい」と感じる人は多いかもしれない。絵画や映画などより音楽が優れているとは思わないが、俺もそう思う。そこで誤解されることが多いが、ポジティブな人が明るい音楽をやるわけではなく、ネガティブな人が暗い音楽をやるわけでもないということだ。感情というものはあくまでガソリンの質であって、音楽や、それに乗せる...

『あの日を僕達は忘れない』

No image

昨日のライブは一番手だった。この所謂トッパーも滅茶苦茶多い。というか、九月からトッパーとトリしかやっていない。トッパーのいいところは幾つかある。本番前は大概リハーサルがあって、これは実際の出番とは反対の順で行っていく。逆リハってやつだ。つまりセッティングをそのままにして掃けることができるわけだ。これは結構ありがたい。あとプレッシャーも結構ある。その日の色も決まるし、お客さんの気持ちも(できれば)盛...

Yugent初ライブ

No image

でした。あとWOODYでも初ライブ。顔合わせもなく、記入する用紙もなく、とにかくフランクで気ままなハコだった。衝撃。適当ってわけでもなく、すげー本来のライブハウスって感じ。まずは対バンの方々の印象から。一番手のhangoverさん。コピー半分オリジナル半分のバンド、ってことでいいのかな。Voの女性の方はCocco大好きって感じ。ドラムが上手かったなー、すげえパワー系で。ドンドコドン。ぶっちゃけバンドなんて、ドラムさえ...

ライブ鑑賞と音源製作の振り返り。

No image

まずは最近見たライブから。3/7(木)Goldenpigs presents 『HAND MADE GOLDEN PIGS』~モリマイのニイガタツアーファイナル~森本真伊子(千葉) / ヒグチアイ(東京) / 斉藤あかね / 誠うちやまこうた / 言葉 翔 / Our Songs Your Bookmark O.A 大泉政武(Pelican Newgate)翔さんが見たくて行きましたね。出演の方まったくチェックしてなかったけど、むちゃくちゃ当たりだった。どいつもこいつも剥き出しだったわ。そうそう、表現っ...

Herz.EP

No image

次回ライブでの配布に向けてCDを製作中だ。楽曲製作、作詞、ストリングスアレンジやミックス、ジャケットデザイン等全て自分でやってるので全く他の時間が取れない。ピアノアレンジだけでも相方にやってもらって本当に助かる。いや一人じゃ無理だ、マジで。発注していた紙やCDケースなども届いたので、あとは今回製作した新曲のレコーディングと録音済みの曲を仕上げるだけだ。あとちょっと。CD製作にかかる手間はほんのりと把握し...

雑感

No image

先週の金曜に「あっ、いい新潟集めました」を見に行った。小林製薬みたいなイベント名だわいな。名前は知ってたけど意外とステージ見たこと無い人とか、お馴染みの人とか。あと全然知らん奴とか。そういう弾き語りイベントでしたね。個人的にはトリの誠さん以外はピンと来ない。人柄もそうだけど、まぁ歌だな。声ガラガラでもキマる曲ってのはインチキじゃねえなと思う。バンプとかラッドみたいな声なら「いい声」っての、そろそろ...