archive: 2013年09月  1/1

ルーチン

No image

 今日仕事中にふと思いついたのが、漫画の週刊連載のように、音楽の月刊連載みたいなものがあれば面白いなぁと思った。 月一で、例えば6人ぐらいの宅録ミュージシャンがガチで一曲ずつ作って発表、コラムなんかつけて、みたいな。で、12ヶ月発刊したら各自アルバム出すみたいな。 ネット媒体のビジネスを基本に考えていたので、おそらく配信とも相性がいいだろう。配信ではあるものの、雑誌というフォーマットが一番しっくり...

マスク

 このカラスのようなマスク、ちょくちょく見たことはあったが、ペストマスクというらしい。中世ヨーロッパで猛威を振るったペスト、確かネズミが感染源だったか。黒死病という別名がカッコイイ。マジやべーんだな、とも思うが。 感染源がまだ不明だった頃の医者が被ってたそうな。うーん、カッコイイ。いや、患者だったら怖いんだろうか。別世界に来た感じはするかもな。 マスクという概念が好きだ。隠す、偽装する、垣間見る、...

パーフェクト・ブルー

 最近結構賑やかに過ごしている。イカれたメンバーに楽しませてもらっているな。 映画も最近よく見る。ザ・スティング(詐欺師の映画)、時計仕掛けのオレンジ(二度目)、パシフィック・リム(映画館にて)、あとなんだ。パラノーマル・アクティビティもか。 久々に自分の曲も作っている。昨日の弾き語りでチラ見せしたけど、どちらも完成度的には60%ってところか。 すごく平和な曲だ。DTMで昔の曲や既存のお気に入りの...

Cookie Clicker

No image

 最近巷で話題のこれにはまっている。 Cookie Clicker 簡単に説明すると、クッキーをクリックして増やしていくゲーム。ただそれだけ。 枚数が溜まると、勝手にクッキーをクリックしてくれるカーソルや、クッキーを焼いてくれるおばあちゃん(通称クッキーババア)なんかを、増やしたクッキーで買える。 あとは農場を買ってクッキーを栽培(?)したり、工場を作って非人道的に生産割合を向上させたり、クッキー鉱山(?)から...

パシフィック・リム

No image

 久々に映画館に行った。知ったきっかけはYoutubeでファンが作ったゴジラ風の宣伝映像を見たから。 クレジットの最後にも出たが、「この映画をモンスターマスター、レイ・ハリーハウゼンと本多猪四郎に捧ぐ」との通り、非常に特撮やCGエンターテイメントへの愛と尊敬を感じる作品だった。本多猪四郎はゴジラ撮った人ね。前者は知らん。 特撮に詳しいわけではないので、随所に勘違いや曲解があると思うが、突っ込むか訂正かは...

OUTSIDER

No image

 芸術においてアウトサイダーの世界は必要不可欠。通常のポピュラーなアートが、大体毒にも薬にもならないものだとしたら、アウトサイダー・アートは毒そのもの。 しかしそれは無論有害なわけではなく、毒をもって毒を制す、毒食らわば皿まで、という用法が正しい。用法用量を正しく守れば非常に有益な薬となる。最後まで毒薬の場合もあるが。用法用量を守らないことも重要。そこもまたアウトサイド。 そもそも何がアウトサイダ...

Daydream nation

No image

 夢は無限だ。人間が唯一祝福される時間。 寝る夢も、理想として語る夢も同じだ。二つとも、全く同じものだと思う。同じ単語で同じ名前だから、じゃないよ。 不思議だな、と思うことがある。この二つは表面的には違うものなのに、そう捉えられても仕方ないほどなのに、夢という一単語でまとめられている。 英語でもそうだ。きっとフランス語でもドイツ語でもそうなんだろう。 イルカも夢を見るらしい。そりゃ、イルカは夢を見...

Nowhere

No image

 最近無力感のような倦怠感のような、季節の変わり目はいつもこうだね。トラウマやジレンマが積み重なって、腹の中はグルグル回って、目に残った光の残像はピエロが笑い、まぁスランプって奴。 消化器官が消化期間で、こういうとき無理にひねり出そうとするとロクなものが出てこない。 かといって何もしないのも良くないし、っていうか暇だし、とりあえずやっとくとスランプを抜け出したときにアイディアが止まらない状態になる...

『WE LOVE GOLDEN PIGS』

No image

 先週、9/5(木)のゴールデンピッグス三周年企画。 イカした場所でイカれた面子、クールな客とベリッシモなスタッフに囲まれた日だった。俺は何言ってんだろう。 弦と巣箱 木造木造 Tears Of Cameleone yugent【GUEST】言葉 翔 YUKE こういう順番だった。 オープニングアクトという名目ではあるものの、弦と巣箱は随分ガッツ見せていた。 曲としては全体的に惜しい。感情論とかいう曲が特に惜しかった。 あと二人とな...