Archive2014年02月 1/1

なんだこのバンド

 トリプルファイヤー「カモン」 最高やんけ。 マジふざけてる相対性理論とかマジ終わってる進行方向別通行区分的なね。 クソダサいステッカー(何この鳥)、クソダサい元公式サイト(テレホマン時代かよ)、クソダサいバンド名(いやカッコイイ)、クソダサいジャケット(センスが融解してる)、クソダサいアー写(かわいい)、クソ重い現公式サイト……。 プロフィールも面白い。 2006年結成、2010年に現在の編成となる。2012...

  •  -
  •  -

GOTH

 あまり紹介したくないのだが……。 ゴスとパンクのイメージは非常に近しいところにあると俺は思っていて、このイメージが合致したとき非常にかっこいいのだな。 人として仲良くなれる気はまったくしないが。 で、Psysalia psysalis psyche(サイサリア・サイサリス・サイケ)という、「やっちゃったなぁ」って名前のバンドが好きだった。一昨年だかに解散してしまった。 パンクもそうだが、オルタナやシューゲイザー的解釈が結...

  •  -
  •  -

ミュージックサンドバック vol.2

Goldenpigs presents「ミュージックサンドバック vol.2」ザ・タキオンズ / Rayline / laugh sketcheendless trip / POLish / Sarry Vez Vitchersラウンジアコースティック:正義 / MondeoOPEN 17:00 / START 17:30  ADV¥1,000- / DOOR¥1,200-  昨日これで弾き語りやってました。 ……。 ギター壊した。 手が切り傷だらけ。 対バン全然見てない。 なんでか知らんが左足首捻挫してるし。 もう数え役満にしましょう。(提案)...

  •  -
  •  -

パリ、テキサス / ライフ・イズ・ビューティフル / ミッドナイト・ラン

 パリ、テキサス このパリっつーのは、アメリカのテキサス州にもパリっつー地名のところがあって(綴りや発音は一緒)、そこにまつわる話。 記憶も言葉も表情も全部置いて四年間蒸発していた主人公トラヴィスが、四年間ほったらかしにしていた息子と再会し、離婚した妻に二人で会いに行くというロードムービー。 時間がゆったり流れるタイプの映画で、BGMもボトルネックでジョワァ~ンって感じのギター。(西部劇みたいな感...

  •  -
  •  -

その男、凶暴につき / HANA-BI

 北野監督処女作、「その男、凶暴につき」。秘めたる暴力性と光と影のコントラスト、絵画的美しさはすでにこのときから完成されていた。 意外と話はコテコテの刑事もの。主人公の性格が後に継がれる「主演:北野武」の雛形ではある。が、それを除くと前半特筆するようなこともない。麻薬売人の死体が港で発見され、容疑者を片っ端から強引な手段でねじ伏せ、謎を暴いていく。 北野エッセンスは後半につれて強まっていき、クライ...

  •  -
  •  -

レナードの朝

 残酷な映画。 レビューをさーっと見ると、感動的、奇跡、とかの字が目に留まる。 あっはっは……。 とんでもない。 ちゃんと最後まで話見たのかよ? 最初の一時間しか見てねーんじゃねえかァ? 久々に映画見て俺はこんなに傷ついた。大分ざっくり云うとアルジャーノンに花束を、だ。この話は。違うのは実話であることと、SFではなく医療ドラマといったところ。 とりあえずあらすじ。 主に実験ばかりで、臨床はてんで素人...

  •  -
  •  -

エリ・エリ・レマ・サバクタニ

 愛しのエリ、御伽噺の中だけ 愛しのエリ、23時59分から1分だけ 愛しのエリ、君に会える 愛しのエリ、その一分のために 沢山のずるい奴らを殺さなきゃならない 悪い奴らを皆殺しにしなきゃならない 変わっていく僕を笑っているのだろう 変わらない君を笑うことはできないし そのままそこで渇いていくしかないのは 純然たる理由で君のせいだよ 哀しのエリ、この世の果て 哀しのエリ、虹の始まる場所 哀しのエリ、君は...

  •  -
  •  -

五時

 ええ、ここに認めます。この一個下の映画ソナチネについた記事で、一箇所でかでかと誤植がありましたことを。 恥ずかしげもなく馬鹿でかい字でミスっていたことを。 あまりの恥辱に慌てて修正してしまいました。 でももう、ちょっとばかりの人に読まれてしまったようです。 それに今気付いて、大変赤面しております。おかめです。 いっ……いやん。 ※タイトルで五時ったことは一度もないです。きっと。...

  •  -
  •  -

ソナチネ

 北野映画にはかなり好きなものが多い。本数の割りに外れも少ない。 キタノブルーと呼ばれる独特の色彩感覚、極限まで無駄を削ぎ落とした「日本の夏」感、無慈悲なまでの暴力表現、禁欲的な脚本、久石譲の優れた楽曲(途中で降板しているが)。 といってもまだ全部見たわけではなく、「座頭市」「菊次郎の夏」「キッズ・リターン」「あの夏、いちばん静かな海」、そして表題の「ソナチネ」。順番がメチャだわ。 他の作品はいつ...

  •  -
  •  -

静寂が燃える

2014/02/07(金)「静寂が燃える」イマイユウヤ / タカノトモノリ / 正義 / ヤマザキユウトopen19:00 / start 19:30 adv.¥1,000- /door¥1,200- 昨日のライブ。相変わらず俺だけ浮いていたような気がする。あとめっちゃスキットルいじられる。そんなにアレなアイテムだったかな。誰かしらそれで話を振ってくる。それはいいんだけど。 聞きやすすぎて聞きどころがないというか……俺は一番手だったんだけど、その後の人目的で来た...

  •  -
  •  -

潜水服は蝶の夢を見る

 女性ファッション誌ELLEの編集長として、輝かしい生活を送っていた主人公が、ある日閉じ込め症候群(Locked-in syndrome)という難病にかかってからの生活を描いた映画。 先に言っとくと、左目と触覚、あといくらかの感覚を残して全て麻痺してしまった、という主人公の追体験以外では、特に起伏もない退屈な話だ。 筆者は主人公にして実在の人物で、およそ20万回の瞬きでこの話の原作を書き上げたらしい。映画の内容も主人公ジ...

  •  -
  •  -

説明書

 世の中には説明書を持って生まれてきた器用な人間と、持たずに生まれてきたうっかり人間の二種類がいる。 なんとも胡散臭い書き出しだ。というか、最近俺の記事、なんか全体的に胡散臭さがすごいな。 説明書ってのは文字通りHow to、生き方が書いてある。才能とはちょっと違う。頭がいいってわけでもない。 もっと噛み砕いていうと、キチガイの隠し方が書いてある。 持ってない奴を例にあげると、 ・複数人の会話だと全く喋...

  •  -
  •  -

音楽は道具じゃない

 歌うことが大好きって奴なんか大嫌いだ。 頼むから死んでくれ。 音楽がないと生きていけないって奴なんか大嫌いだ。 死んでくれ。 頼まれれば殺してやるのに。 本当は死ぬのが怖いんだよね。愚かだね。 お前の声は癪に障る。 お前の生き様が癪に障る。 お前が生きているとあの子が幸せになれない。 お前がいる場所はお前のための場所じゃない。 あの子の笑顔の前に、お前はクソにたかる蝿ほどにも価値がない。 あの子...

  •  -
  •  -

恋愛

 2月になってしまったなぁ。 たまにこの、自分のブログを読み返してみたりして夜が明けたりする。段々洒落にならん文章量になってきた。よくもまぁこんなに吐いたもんだ。凄い量のゲロとクソの掃き溜め。 そろそろこのゴミブログも立ち上げてから一年経つなァ。おかげさまで4300ヒットですよ。引くわー。多いのか少ないのか分からない感じが引くわー。 結構最初の頃に書いてた頃と言ってることが逆転してたりしてウケる。...

  •  -
  •  -