活動

鳩 正義

Author:鳩 正義
Ghetto HP
Ghetto

出演-------------------
9/5@池袋adm

9/8@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

10/22@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

11/1@両国SUNRIZE

12月未明@両国SUNRIZE


チケット予約は下記メールまで。
連絡-------------------
メール

動画-------------------
悪童の乖

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

10月下旬~年の瀬~年明けの予定

10 15, 2015 | ライブ

東京は精神と時の部屋のせいか、えれー先まで日程が決まってきた。

2015/10/22(木)
両国SUNRIZE
【両国無法地帯】
op:18:00 st:18:30 adv:¥2000+1D door:¥2500+1D
和神こうちゃん
浮玉
村男
ジャスミン花子
片山さゆ里
Ghetto
※超ノンジャンルイベント

2015/10/28(水)
両国SUNRIZE
【両国無法地帯】
op:18:00 st:18:30 adv:¥2000+1D door:¥2500+1D
3(piece)PUZZLE
Kenbowls5
ジェームス
Bob Jack
鳩 正義
乖離。

2015/11/07(土)
群馬 虫の音
紅葉音楽祭

2015/11/14(土)
オールナイトイベント
両国SUNRIZE
【Until SUNRIZE】
- SUNRIZE 6th Anniversary -
op:22:00 st:22:30 adv:¥2000+1D door:¥2500+1D
【バンド】
Veilless(fromL.A.)
8islands
清水哲也(徹夜)
Backpackers
臥狂VS川サキ
Ghetto
【DJ】
yucco(渋谷のスカイツリー)
doggspin(from福島)
【RAP】
BIO(from福島)
【エアギター】
巌汰・G・くらっしゃー
砲夢乱一狼(from静岡)

2015/12/14(月)
両国SUNRIZE
【極東ナイト】
op:- st:- adv:¥2000+1D door:¥2500+1D
不遣ノ雨
浮玉
Ghetto
etc...

2015/12/26(土)~27(日)
高円寺Reef
年末独唱パンク

2015/12/31(木)~1/1(金)
両国SUNRIZE
カウントダウンイベント
【太陽際2015】
-3DayZ-
op:- st:- adv:¥1000+1D door:¥1500+1D
アライ先輩
乖離。
鳩 正義
きーさま
キャメル高橋
etc...
※浅草寺に行って元旦の昼まで飲むのがお約束らしい

2016/01/05(火)
三軒茶屋へブンズドア
詳細未定

2016/03/11(金)
新潟GOLDENPGIS
詳細未定

11月と12月はまだ増えると思うヨ。本数が単純に新潟いたときの二倍ぐらいになってる。どれもヤバすぎるイベンツッ!
11月14日はアメリカのロス・エ~ンジェルスから来るユニットとDJとかと対バン。果たして。
スポンサーサイト

星に願いを (Fire Works)

10 10, 2015 | 歌詞

 ゼペットは言った、人は星になる
 君を連れてく、僕のロケットで
 夜明けのキャンプ場、繋いだ手と手
 木星の隣で、約束したね

 寄せ集めのエンジン
 ブリキのハンドル
 錆びたプロペラ
 人々は笑った
 僕は君を独りにしないよ

 星に願いを
 君を迎えに、今飛び立つよ
 僕はロケットで
 流れ星になって、笑いかける

 地球にサヨナラ、発射のベルは
 鳴り響いていた、木製の身体は
 ひび割れていく、ブルーフェアリー
 僕にもう一度、魔法をかけて

 鯨の口は
 あの日と同じ刻
 ワープホールになる
 重力の糸を
 引き千切って
 飛べるんだ、僕は…

 星に願いを
 君を迎えに、宇宙まで行くよ
 僕らは人に
 なれないよ、神様、嘘吐き…

 星に願いを
 一億光年、飛び越えてきた
 僕の胸に
 衛星軌道で飛び込んでよ

 僕は願うよ
 燃え尽きながら、今ひとつになる
 ありふれた、この星に
 愛しさも、哀しみも、喜びも、苦しみも
 祈りも痛みも願いも全部込めたんだ

 (Ghetto)

虫の音/ドラッグストア・カウボーイ/俺たちに明日はない/BIRDY

10 02, 2015 | カルチャー

蟲のネオンが臭い

↑誤変換が面白かったので残しておこう。

 11月7日に、弾き語りでも活躍してらっしゃるサトチエさんがやってる、群馬の「虫の音」というお店で紅葉音楽祭が開かれるそうで。
 チバさんの粋なお誘いで、みんなでレンタカーで借りて行く事になりました。
 個人的にはライブというより、旅行の頭でいるんだけど、これめっちゃ楽しみ。
 そんなチバ大三さんのバンド、サヴァン道は関西ツアーと福島いわきに赴き、11月10日に高円寺ミッションズでまた企画やるそうです。
 まだ行けるか分からないけど、またあの衝撃が!と楽しみ。(今の所7~10日は休み取る予定。YUKEも千葉に来るし)

 あと11月18日に、まず釣りをして、一番多く釣った人から出順を決める、という意味不明なイベントのお誘いも頂いてる。
 なんだそりゃ!!? 釣りなんか何年してないだろう?
 それも父と釣れることなく海でボケッとするだけという。(今思い返すと当時の僕はアホすぎた)
 これもライブというより魚が食べたい、という頭でいる。

 で、また最近見た映画。

 ドラッグストア・カウボーイ
 個人的にはこれで、トレインスポッティング、レクイエム・フォー・ドリーム、ドラッグストア・カウボーイと薬物映画の3点セットが決まった。
 今挙げた三つの中で一番地味だけど、一番丁寧で映画的な強度があるのもこれかなと。
 他二つはスタイリッシュさが前に出すぎてて、それはそれでいいんだけど飽きる。もっと言うと、見返すとき一部分だけ見れればそれで満足なところがある。映画自体が映像ドラッグとでもいうような感じ。
 これは大きな山場があるわけでもなく、トリップシーンの幻覚もより現実に近い、気がする。
 これで意図せずマットディロンの代表作を網羅したことになるな。(ランブルフィッシュ、アウトサイダー、これ、クラッシュの4つ)
 最初にクラッシュで見たときは「なんだこの眉毛」という印象しかなかったが、他の3作がスレた美青年なので理解に苦しむ。
 なぜあんな眉毛お化けになったんだ?
 こいつの顔自体、美青年の中でも地味で飽きにくい顔なのかもしれない。ランブルフィッシュとこれは何度か見返したくなる。

 そういえばトレインスポッティングの続編、期待してるっちゃしてるけど、不安も大きい。またトイレ映画になってくれればそれでいいけど。

 俺たちに明日はない
 ボニー&クライドですね。もっと早くに見ればよかった。凄く見やすいし面白い。
 面白いってのは、普通にコミカルで映画としてエキサイティングってこと。
 ボニー役のフェイ・ダナウェイの可愛らしさが凄い。破滅願望のある男の欲望と理想を体現しきってる。画面端でクライドにニコニコしながらラブラブ光線ぶっ放してる姿にキュンと来る。
 バッファロー66’のクリスティーナ・リッチちゃんと並ぶ愛くるしさ。毛並みは違うけど。
 ラストシーンも良かった。全体的にカットがスタイリッシュで、音楽以外古臭さが全然無いね。
 車内シーンが、背景思い切り合成なんだけど、役者達の演技が輝いてて僕はちっとも気にならなかったな。
 オープニングの、クレジットの間に一瞬写真を見せるセンスが渋い。
 もっと話題になってもいいと思うんだけどね。ベタすぎるのかな。すでにみんな見てて話題に出さないのかな。まぁいいや。

 BIRDY
 鳥になりたい青年バードボーイ(バーディ)と、毛があるころのニコラス刑事(アル)の友情物語。これ凄く良かった。最近のベストに入るかも。
 個人的にはアートフィルムと反戦映画、そして青春映画を足して1.5で割ったぐらいの感じ。つまり各要素が漏れてる。
 顔に大怪我をして戦争から戻ってきたアルと、完全に心閉ざして飛べない鳥と化して病院に閉じ込められたバーディのやりとりと、過去の2人の親愛的なシーンが切り貼りで語られる。
 作中非常に影の使い方が巧みだが、この脚本の明暗も希望に満ちた雛、砕け散った羽根という二面性が美しくも哀しい。
 後半は回想が戦争シーンに変わり、悲劇が悲劇を呼ぶような後ろ暗い気持ちにさせられる。
 鳥の視点を獲得したバーディが、鳥の視点のまま戦場を駆け回ってしまうシーンは涙無しには見れない。
 戦争は良くないと言葉で語っても、僕は戦争を知らないからピンと来ない。アルの怪我とかも、ぶっちゃけ自業自得じゃん? だからこんな風に見せられた方がよほど説得力がある。
 鳥から見て戦争は醜い。それなら戦争は良くない、と思った。
 まぁ正直回想は退屈なんだけどね。ジェットコースターで羽ばたいてるバーディの顔に笑った。アルの「何考えてるか分かるぞ」っていうコメントも。
 窓の格子の影が床に十字架として描かれて、その上でキリストのポーズで横たわってるバーディ、というところが最高にお気に入りのシーン。この手の隠喩が非常に多い。
 ちゃらんぽらんなラストシーンも、僕は凄く良いと思った。2時間かけた悲劇が一瞬でコントになるんだから凄いよ。不真面目でも不義理でもないし。

 あと最近これ聞いてグースカ寝てる。リラックス効果すごい。
 

セットリスト

10 02, 2015 | ライブ

9月のアコースティック。

2015/09/06(日)
荻窪Club Doctor's Bar
(ライブハウス、荻窪Club Doctorの4F)
【生ナマアワーVol.5】
鳩 正義 ※タチウオ
影野わかば ※クラゲ
山崎怠雅 ※ミノカサゴ
チバ大三 ※勿論サバ
open:18:30 / Start:19:00
TICKET:\1500+1D

1.ロボトミー
2.セミナー
3.ダンチノコ
4.It's motherfucker
5.黒い雨
6.パレード

2015/09/24(木)
両国SUNRIZE
【SUNRIZE KINGS NIGHT】
op:18:00 st:18:30
adv:¥2000+1D door:¥2500+1D
小倉”モッフィー”北斗(from大阪)
KEiTARO(exFULL MONTY)
シノブモトーリ
3(piece)PUZZLE
アライ先輩
鳩 正義
メガホンズ

1.ロボトミー
2.セミナー
3.ダンチノコ
4.Hallelujah

次のライブは10月6日(火)三軒茶屋ヘブンズドアでGhetto、10月12日(月)両国サンライズでGhetto(初フロアライブで超楽しみ)、あとはこれ。
2015/10/22(木)
SUNRIZE presents
【両国無法地帯】
op:18:00 st:18:30 adv:¥2000+1D door:¥2500+1D
和神こうちゃん
浮玉
村男
ジャスミン花子
片山さゆ里
Ghetto
※超ノンジャンルイベント

村男くん!!!僕はもう彼が好きです。キスしたい。っていうかすでに対バンがお察しな名前ばっかや!!!

次の弾き語りは
2015/10/22(水)
両国SUNRIZE
【両国無法地帯】
op:18:00 st:18:30 adv:¥2000+1D door:¥2500+1D
3(piece)PUZZLE
Kenbowls5
ジェームス
Bob Jack
鳩 正義
乖離。

やばいラインナップ、このジェームスっていう面白外人がほんとに面白い。
ハゲ頭にぺニバンをくっつけて「翻訳ヤーダー!」って叫ぶのよ。ムダにギターは無線だし。腹がよじれる。バカウケ。楽しみ。
前回見た時村男くんと僕が何故か標的にされて、鼻が触れるぐらい目の前で歌われまくって、なんか知らないけど負けた。
頑張るゾ!ヨロシク

5b records presents 「Dream Violence vol.29」 Discharming man 10th anniversary

10 02, 2015 | ライブ

 随分遅くなったが、9月12日に
 Discharming man
 zarame
 LOSTAGE
 のスリーマン見に行きました。
 そもそもFEVER自体、新潟に居る時から相当気になってたライブハウスで、しかもそこで僕の好きなバンドだけで固まったイベントだなんて、とってもワクワク。
 東京にまた来た甲斐がある。新潟じゃ絶対ない日だもん。ライブ見に行く遠征はあまり柄じゃないし。
 まず新代田とFEVERのロケーションや雰囲気が凄くよかった。外国のライブハウスに来たみたい。
 僕ライブハウスの逃げ場のない感じがずっと引っかかってたんだけど、それを上手いこと仕上げてる感じ。
 FEVERにはリーバという犬がいて、この日の少し前にあの世に旅立ったそうだ。ライブハウスに犬がいたって、めっちゃいいな…”暮らし”って感じがする。
 僕は犬がいてもあまりじゃれにいったりはしない、遠巻きに見て「いるなぁ」って思って、それで満足するんだけど。
 「いたなぁ」って思うのも同じぐらい好きで、そういう気持ち、とても大事だなって。知らない人やものやことでも。
 「いないなぁ」じゃなくて、「一緒にいたなぁ」って、そう思うようにしてる。あの日あの時あの場所で。

 LOSTAGEはスリーピースになってから初めて見たけど、あ、こんな感じなんだっていうのがまず第一印象。
 音の厚みや悪さは無くなったけど、スリーピースのどこまでいっても音に隙間のある感じが新たな鋭さになっていた。
 個人的にはひとりと手紙、ブラウンシュガー、フラワー、美しき敗北者達が聞けたので満足。MIND JIVEも聞きたかったが、それはまた別の特別な日なんだろう。
 MCで今日いてほしい人が2人いない、という話があったけど、もしかしたらその一人は吉村さんなのかなって思ったり。面子的に。

 zArAme(これが正式表記になったらしい、最近)
 カウパァズのゲンドウさんの新バンド。ナマゲンドウは色々と凄まじかったです。これは言葉にするのは野暮。
 PILのTシャツ着てた。結構分かりやすいメッセージですよね。
 というか、この手の人たちって超誤解されるけど本人たちは凄く素直で全く悪気はない、というケースがとても多いよね。その誤解が彼らを、優しくも空しく哀しい目つきにさせて、余計人をドギマギさせるんだろう。
 勝手な想像だけどね。僕もよくそうなる。
 8年待たせたけど、8年経ってこんなもんだよ、っていう乱暴な言い回しがキュンと来る。女の子がステージ脇でピョンピョンしてたけど、やっぱり娘さんですよね。
 演奏的に凄い人たちが、各々こんなに噛み合ってないライブは初めて見た気がする。全然息が合ってないのにやけに攻撃力が高い。生まれたてでケツに卵の殻ついてる癖に人殺せる雛、みたいな感じ。
 音楽的には揺ラシ続ケルとスパイラルコードの一枚目の中間ぐらい? それにポストパンクのケレン味を足した感じ。
 最近レコーディングが終わって、年内にはミニアルバムを出すという。

 Discharming man
 ナマ蝦名さんも色々と凄かった。っていうか想像以上に身長がでかくてビックリした。あの図体でキウイロールの歌声、飛び跳ね方暴れ方だから、カリスマ性があふれ出てた。
 youtubeでたまたまキウイロールのバカネジを聞いて、思い切り刺さってベスト盤2枚組を買ってしまったという。
 この人の歌は、強烈に優しいのに猛烈に空気を切り裂くという、変わった傑物。唄うとなると一言で空気を変えてしまう魔力を持ってると思う。まさにバンドのボーカリストだなぁ。
 この日でしばらくライブはどうなるか分からない、ということで。滑り込みで聞けてよかった。ブラインドタッチとか。

 終わった後の空気感もとてもよかったです。なんか、平和が来たよ、みたいな笑
 人生で初めてバンドTシャツ買ったわ。何故かNIRVANAとRAMONESは持ってたんだけど、あれはカウント外。LOSTAGEの鹿の骨Tシャツがカッコよかったので・・・。
 最近点描をちまちま描いてるけど、あれは思い切りそれのインスパイアですね。

 具体的な説明に入ろうとすると、どうしてもあの日のエモーションが邪魔をして細かく書けない。手が止まる。
 久々に音を楽しめた日でした。