Archive2016年03月 1/1

エル・マリアッチ / デスペラード / デッドマン / メリーに首ったけ / 愛してる、愛してない…

 エル・マリアッチ もともとレジェンド・オブ・メキシコが見たくて、そしたら一作目の作品がなんと7000ドルという超低予算で作られた映画と聞いて、それから見てみた。 マリアッチという、歌とギターで日銭を稼いで放浪する(いわゆる”流し”ですな)主人公が、ひょんな誤解からヤクの売人に狙われる、という話。 途中で誤解が半ば真実へとすり替わり、ギターではなく銃を持って大暴れ、なんて話。ギターケースを開けたら銃、と...

  •  -
  •  -

4~5月Ghetto

4月と5月のライブを画像一枚にまとめてみました。これケイゾクできればいいけど、そんな根気や時間が僕に果たしてあるのだろうか?作るのは簡単だけど……まぁいいか。ヨロシク。...

  •  -
  •  -

OIL

濡れて光る 犬のよう震える性器 赤いハイヒール魚のいない その水槽割れたタイルと 鉄格子汚物まみれでもお前の指図は 受けない花の毒に 化膿して排気ガスは 悪い癖をまた再発させる計画通り 嘘をついたもう眼球は がらんどう人体模型と愛し合って思考はいつも、切れたオイル排水溝に堕ちていった鳥達が泣いた、濡れたオイル五月蝿い五月蝿い いつも嘘くさい消えない消えない いつも黴臭い(Ghetto)...

  •  -
  •  -

MOON

荒野に咲いた芍薬の花街角を照らすネオンライト鮮やかに疵は治っていく変われないのは君のせいじゃないよまだ揺れてる?錆びた月から零れた涙行き先亡くして海を渡る手遅れと言えばとっくにそう貨物列車は宇宙まで行けないよまだ笑える?そばにいてよ、今夜だけはねえ聞こえるよ、君の憂鬱がそばにいてよ、今夜だけはねえよく見えるよ、君の傷跡が(Ghetto)...

  •  -
  •  -

ペレストロイカ

告げよ別れ深海に果てず生きとし絶やせど望み浮腫む再生示せば呼吸(いき)立つ声と眩む情景は目を 重むペレストロイカ海ヲ臨ム川ペレストロイカ今ニモ崩レ落チテイキソウダカラペレストロイカ川ヲ望ム雨ペレストロイカ今カラ再度、構築サレテイク(Ghetto)※ドラム川サキから提供してもらったものに、僕が一部書き足した。...

  •  -
  •  -

RUST

ラブホテルの鏡に映る厚化粧の裸の男ペニスに指輪はめて口から糞を垂れ流したリバティプラザの屋上で、天使が降り立つのを受け止めた腐った看板にしこたまオレンジぶつけて、日が暮れたらコーラを吸った腑抜けたチンピラがダルい音楽爆音で流すワゴン目を伏せて通り過ぎるつもりだった、でもミーシャがナイフをくれた日増しに色は消えていく最後に残った血の赤さと溺れ行く女の子宮で精液の白が混ざって錆びたギブスとベルトが軋む...

  •  -
  •  -

Ghetto新体制の

 3人のプロフィール画像を作りました。それに伴いHPもいくつか更新しておきました。 ライブ情報はそれなりにズボラです……。 よくよく考えたらリズム隊二人とも、戸籍では女性ですね。(戸籍では)←やまびこ 瑣末なことですけどね。この二人、大体において僕より男らしい……。 僕は今後はとりあえずこの3人での活動を中心にするつもりだ。 折角ソロも調子に乗ってきて勿体無いと言われるかもしれないが、別に自分のソロが好...

  •  -
  •  -

墓を壊した、金魚の墓を。同情した。

 天使の囀り、ピアノ、硝子の割れる、音が聞こえる、可愛い朝が来る。 スコッチのロック、オリーブ、エバーグリーンの詩集……哀しいことがあった。 棺には懐中時計を差し入れ、空中で枕は撃たれる、羽根が散る、虹が枯れる、降り注ぐ、蛇が首をもたげる、陽差しの下敷きになる。 アア、光、アア、嘔吐、地下室、蜘蛛の巣、窓、埃、喪服、アア、むし、むし、むし エンベロープ、ベロシティ、インピーダンス、ローミッド、エンハ...

  •  -
  •  -

笑えよ

 お前らが笑ってると僕も笑うよ、それは塗りつぶしたように真っ黒な絶望で、 なんだかあまりに平和で地球は優しいので、平和で地球は優しいので、 愛しているんだ殺してやろうか、...

  •  -
  •  -

拝啓

2016/3/11(金)GOLDEN PIGS YELLOWSTAGEGhetto Chapter15『P.S. I miss you.』Set list1.セミナー朝起きたら、隣に君がいて赤いマグカップ、子どもは二人青い車、あと、犬がいてねぇ先生、薬をもっと増やしてよこんな夢を見ないで済むような深く眠れる薬を、もっと増やしてよ、増やしてよ、増やしてよ増やしてよ、命を……2.カッタァナイフきっと恋をした 映画で見た道を歩いた象牙の林は嘘だった 綺麗だったなぁ……カッタァナ...

  •  -
  •  -

ラブ&ポップ、式日、そして監督失格

 日本の作家で言えば、一番好きなのは村上龍かもしれない。 正確に言えば、村上龍の「限りなく透明に近いブルー」だけなんだけど。 日本語のあまりの自由さ故か、日本文学では作家独自の成分は物語性やギミックにばかり着目されてしまうように思う。乙一といえば叙述トリック、みたいな。 冲方丁のマルドゥック・ベロシティなんぞはボイルドのキャラクターに合わせて面白いスタイルを持ち込んだ(文章が単語とスラッシュで解体...

  •  -
  •  -