Archive2017年07月 1/1

ひとごろし

 うだるような暑さ、例年よりも湿気はより濃く、校内で一番大きな桜の下でオオムラがパクってきたセブンスターを吸いながら、俺はテニスコートで揺れるポニーテールを見ていた。 来年踏み切りで、自らの意志により挽き肉に変貌する子だった。ボールがガットに当たる音と、スタンスミスのソールが擦れる音が、かすかに聞こえる。 夏のグラウンドは、小学校高学年で習わされたマーチングの夏季練習を思い出す。 直射日光に金管楽...

  •  -
  •  -

7/21

 2017/07/21 両国SUNRIZE 【両国無法地帯】 Ghetto Chapter63 「Faint」 1.MOON 2.DAWN 3.MADARA 4.RIVER'S EDGE 5.ORPHAN 6.OIL --- 人の輪郭が泡になって弾けた、水面まで浮かび上がったなら、差し込む光の角度で色は幾つにも変化した。 泥のようになった身体を抱きしめて、まどろむように森の中を歩いた。 夜露と霧が肌を冷やして、幾つもの妖精が揺れる軌道を描いて奥へと飛んでいく、桃色の鮮やかな残像。...

  •  -
  •  -

6月~月凍リ仕舞

 なんだか前回の日記からずっと走り続けてた気がする。 今はようやく一息ついてる。その証拠に一昨日辺りから体調を崩した。気合って分かりやすいネ、本当に……。 2017/06/14 両国SUNRIZE Ghetto Chapter59 「団塊は死ね!!!!」 1.MADARA 2.悪童の乖 3.OIL 4.RIVER'S EDGE 5.ペレストロイカ ※久々のPUNiK、ダーハマさん、クラッシャー、キドクライア、そしてガーリックボーイズのPETAさんと。 Ghettoは要するに「ぼ...

  •  -
  •  -