バード・オブ・グレース

僕の嫌いなあなたの好きなクレイドル
偵察を駆使してファイリングするんだ
僕の好きなあなたの嫌いな十月
擦り切れたコンバースの流れ星

海辺、波打ち際で雲が流れる
奇跡、幾千の偶然が空でぶつかる

僕の嫌いなあなたの好きなクレイドル
自由を投げ捨て安易で不確かな幸せを見る

進め、薄く積もった雪に足跡を残すな
進め、優しさは冷たい刃の形をしている

僕の好きなあなたの好きな羅針盤
針の方角にきっとあなたがいる
僕の好きなあなたの好きな時計台
鳥たちはこの道を歩けという

僕の嫌いなあなたの嫌いな夢遊病
記憶の在り処を探すのは楽じゃないぜ
僕の嫌いなあなたの嫌いな理解者
分からないことだけは分かっている

僕の好きなあなたの好きな哀しい歌
油断していると足元救われるや
僕の好きなあなたの好きなこの世界
零れ落ちた光が砕け散って結晶になる

あなたの好きな僕の好きなあなたの好きな僕の好きな月とお天道様
僕の好きなあなたの好きな僕の好きなあなたの好きな夜と昼下がり

走り去って消えてく子供たちの後ろ髪

2009/10/02

(※愛の詩ではない)
スポンサーサイト