HONEYBEAT

ハニー!
君の厚ぼったい唇がさくらんぼの実を挟んでた
赤いペンキを壁にぶちまけた
灰色の壁はそれだけで魅力的になったと思うよ
ハチミツの匂いがする

ハニー!
あなたの好きな煙草はバニラの香り
僕の母さんも愛したその煙草
ココナッツをかみ締めてシナモンのコーヒーを飲むんだ
それだけで乾いた空気にヒビが入って
あの青空まで割れて夜の闇が覗くんだろう

ハニー!
なぁ知ってるか、空飛ぶ列車は月から来るんだ
あの満月は向こうの世界とこっちを繋ぐトンネルなんだ
鳥の目に見える日も、そこから零れ落ちた涙は
地面に落ちて跳ねた粒に光が乱反射して
30の女の宝石箱をひっくり返した記憶が蘇った

ハニー!
体の中が乾ききって、口移しでハチミツを注ぎ込んだ
喉はまったく潤わない、鬱陶しい甘さが残るだけ
でもなんだかいい気分なんだ
口の端から零れ落ちる涎にLOVE&HATEを感じる僕は変じゃない
愛は憎しみなんだ、愛しいから憎いんだ
知ってはいたけど、最近そのことが分かった気がする

ハニー!
気が狂ったようにギターを掻き毟ってたら、弦が切れて先端が指に突き刺さった
血も出なかったけど、しばらくは指の奥にイラつくかゆみが取れないで
それでまた気が狂いそうになったもんなんだ
今も中指の芯がかゆくてたまらない、原因は分からない
何層もある皮膚をバウムクーヘンのように剥がして
千枚通しで肉をえぐりだしてやりたくなる

ハニー
どうにでもなれ
ぐちゃぐちゃになろうぜ
旗も廃車もナイフもポスターも全て燃やしてしまえばいい
背中の汗疹爪で引っかいて血まみれにしたらいい
塗りつぶして
燃やして
僕たちは灰になる方がいい
煙は空に上がって
綺麗の一部になれる、なれるよ
素敵なことさ

2009/09/16

(※煙草、好きだねぇ……)
スポンサーサイト