カデンツァ

決まり文句って大事だろ、ルーディメンツのことだ、意味知ってる?
寝てる人間って死体みたいだよな、きっと死んでるんだ、俺たちは一日一回死なないと明日を生きれない生き物なんだよ
毎日生まれ変わってるって言えば素敵かい?
イルカは片方ずつ脳を休ませるから寝なくていいんだ、だからこの世で死んでいないのはイルカだけさ、イルカは死ぬまで死なないんだ、自我が崩れないってことさ、でもそれってとてもストレスのたまりそうなことだね?
俺たちは死んでるから生きていけるんだ、死んだらそれでおしまい、そうだろ?
それから生まれ変わる、生まれ変わるっていいな、何もかも決別できそうだ、きっと何が起きようが一回死んでしまえばケロッと乗り越えられるのかもしれないな、俺はそう、多分大事な誰かが本当に死んでもそうなんだよ、そんな俺は薄情かな、自分の薄情さに嫌気が差すけど、自己嫌悪ってほどでもないんだ、本当だよ
でもこれってあまり美しくはないよな、美しさにこだわってるんだよ俺は、美しくないからね、人間は自分にないものを欲しがる生き物なんだ、それは知ってるだろ、俺もその通りだと思うんだな、俺は俺なんか要らなくてね、俺以外の全てが欲しいんだ、この世は俺がいなくても成立するから、俺みたいな汚い存在は少し消えるべきだと思うんだよね、でも「べき」は理由にはならないとも思うから、それを実行に移そうって気もあまり無くてね、でも同じく美しくない誰かに一緒に死のうって言われたら死ぬかもしれないね、なんにせよ人が生きようとする姿勢ほど美しく可憐で悲劇的で素晴らしいことはないさ、光ってそういうことだ
俺だってたまには定型に沿って当たり前の想像力を働かせてみるよ、そしたら分かるのは俺ってやっぱり醜いなとか、そういうネガティブなことばかりなんだけど、とにかく俺は自己評価が低い、それはある意味で自分に自信があるからできることなんだ、異常に自己評価が高いから低くできるんだ、分かる?
あなたもそう、あいつもそう、傷ついてる私、悲しい俺、素敵、だなんて心のどこかで思ってるんだろうね、そしたら生きていけるよね、ンなこたぁどうだっていいから愚痴とか自分いじめとか好きなだけやれって話なんだよ

なんてな、最近の俺はどうかしてるんだ、こんなことダラダラ考えるけど、本気でそう思っちゃいないんだよ、当然だろ、何度も言ってるけど、俺は本音を語れないんだ、気分屋だからな、でも性質が悪いことにそのときは本気なんだ、今日は殺したいほど好きでも明日は簡単に忘れるほど興味がなくなってたりするよ、何度も何度も言うけど、俺ってそうみたいなんだよ、どうも
こんなこと書いてる理由も自分に言い聞かせてるからで、誰かに俺ってこう、俺ってこう思うんだよ、なんてくだらないカスみたいな思想を見せびらかしたいわけじゃないんだ、さっき書いたことのように、明日には気が変わってるからそれって意味ないんだよな、本当に矛盾だらけだ、矛盾は人間の特権さ、俺ほどそいつを駆使してる人間は中々いないんじゃないかな、そいつがいいことかどうかは知らないが、得ってわけでもないことは確かだと最近は思う

2009/09/03
スポンサーサイト