11
2013

チュブリラ

CATEGORY
日記を書けという催促が来たので書く。
つっても俺、何考えて日記書いてたっけ…世の中の面白テキストサイトが、ことごとく更新しなくなっていく気持ちが分かる…。

小さい頃、素でチューズデーはチューをする日だと思ってた。チュー’s Dayだ。
チュー。素敵な響き。いかにもチューって感じだ。語尾につけたらネズミにもなる。可愛い奴だ。
サーズデーは敬礼する日だし、サタデーは地獄の沙汰も金次第デー、フライデーは揚げ物食べる日だし、ウェンズデーはウェンツの日、マンデーはチンデーだ。
最後のが意味分からんという人は、あげマンとかやりチンとかそういう単語を連想すればいいと思う。
サンデーは思いつかないので、サザエさんデーとかでいいや。ちびまる子ちゃんデーとはいかないのが憎いところだ。

そういえば、俺があげマンという言葉を知ったのはテレビで言ってたからだけど、要するに男を幸せにする女の人ってことだろう。
当時はなんでマンなのに女の人のことなんだろう、とか無邪気に思ってたが。
それにしても、テレビで言っていい言葉なんだろうか…褒め言葉ならマン○マン○言ってもいいってことですか。そういうことですよね。
でも、あげマンコとか相当失礼な呼び名だと思う、意味合いとは逆に字面は罵ってるかのようだ。考えすぎだろうか。
そもそもあれは、実はマンコではないのか。やりチンもやりチンコではないのか。じゃあやるのに何使ってんだよ!
放送禁止用語というのはよく分からないものだ。こち亀にもあったが、「えっ、こんな単語が?」って奴が禁止だったりするらしい。

少し前の話だ、ウィキペディアでショーン・オチンコ選手の記事が作られたが、なぜか消された。
記事を作るほどの知名度ではない、というのが建前だが…ここまで見え透いてると、頭でっかちなのも考え物だよな、と思う。しかし変態呼ばわりされる俺が言っても説得力無いんだろうな。
それにしても、オチンコ選手か…放送で名前を呼ばれるときはどう呼ばれてるのだろうか。濁してオティンコ選手か。少し無理やりに、オシンコ選手とかかもしれない。
しかしオチンコとお新香を同列にするのもおかしな話だろう。お新香はオチンコではない。
しかし「世の中は正解が正解ではないことが多々ある」と三日前の絶望先生で言われてたので、多分そういうことかなと自分を納得させておく。

それにしてもオチンコという語感が面白いので、この日記を書きながらオチンコオチンコ言っている。すごい面白い。なんでだ。
多分チンコごときに「お」をつけて丁寧に言ってるからだ。いや、ごときとか言っちゃったけど、チンコは偉いか。お稲荷様がいるんだからオチンコ様だっていてもいいわな。
そしたらオマンコ様か。なぜか毛ボーボーでムキムキなイメージがする。ここまで書いて相当自分が病んでることに気づいたけど、スルーしていく。

もう少しオチンコの話なのだが、いい加減うんざりしてる人は読むのをやめたほうがいい。
パチンコとガチンコという単語が、言葉狩りに合わないことが不思議だ。
まぁパマンコはいいとしても、ガマンコはまずい気もする。我慢してどうする。個人的には「バ」も入れてガバマンコだといい。何がいいのか自分でもちっとも分からない。

話を変えよう。
昨日は夜不意にランニングがしたくなったので、多摩川沿いまで言って二時間ほど走った。
理由はムシャクシャしたからだけど、非常に健康的な現実逃避なので、今後も頭に来たらやろうと思う。
最後は雨の中慌てて帰って、全身汗だくになって帰ってきてシャワーを浴びようとして、大変なことに気づいた。パンツが前後逆だった。
前に向かって走ってるつもりだったが、パンツは後ろを向いてたわけだ。なんということだ。二十代を目前にしても俺はまだ体制とかに反抗したいらしい。
やけにチンコが窮屈だな、とは思っていたが、ああ結局チンコの話になってしまった、着け心地にそこまで問題はなかったので、もういっそパンツに前後の概念は要らないと思う。

今度こそシモネタの一切出てこない話題で締めようと思う。
チューペットが生産終了になりましたね。
世のチューチュー好きなバカタレどもは残念がるがいい。俺もバカタレだから非常に残念だ。
チューペット。真ん中で割れる仕組みがあったと思うが、俺は大概一人で食ってた。二人で仲良く食うとかそういう概念はなかった。
結局誰かと分け合ってチューチューすることもなく生産終了だ。うるせえよ、一人で食った方が量も多くて満足だろうが、分け合って幸せ二倍だねとかそんなハッピーな脳みそしてるバカタレはこりん星に帰れ。
チューペットの美味しさに満足してたのに、何怒ってるんだ俺は。パピコとかもそうだ。二人で分け合う系は全滅すればいい。

とまで言ったはいいが、やはり小さい頃の思い出の品だけに、姿が消えるかと思うと哀しい。もとから最近は見なかったけど。
冷やすの面倒だからジュースのまま、最後の一滴まで吸い尽くすのが俺の楽しみ方でした。
さよならチューペット。

2009/09/02

(※これを人に公開してたというんだから恐ろしい。この頃は、詩は非公開で、表向きはこういうトボけた日記ばかり書いていた。よく催促も貰っていた。転載ではスルーしているが、これだけあまりに酷いので残しておく)
スポンサーサイト