11
2013

世迷言

CATEGORY
電話越しにあなたは「置いてかないで」とすすり泣いている
自殺で親友を亡くした彼女は、俺以上に何かを失うことに臆病だ
二年も経つ付き合いなのにあなたのそんなところを見るのは初めてで
無責任な俺の発言はどうしようもない
「私が大丈夫って言うんだから大丈夫」とあなたは言う
きっといつか俺もあなたを置いていくんだろうなと思うと、申し訳ないなと思いながら
大丈夫だよと俺たちは目を瞑って言い合った

うお座をバカにする気分で生きてきたが、いつしか俺がうお座になっていた
あんなに情けない人間になるとは思ってもみなかった
シケモクはおいしいか?
あなたが好きかと聞かれれば、顔色も変えずに俺は好きって言ってしまうから
喪失感はどうしようもない病気だと思う
どこが好きかと聞かれれば言葉を濁すけど、それらしい言い訳はすぐ見つけて
締め切りは先延ばし、俺は同じことばかりしているな

リアリティないよなお前、と言われると、ホントにそうだなと思ってしまうわけで
果たして俺はこの世に生きてるって言えてんの?
フィクションの世界に迷い込んだ気分なんだよ、理論値ではここは桃源郷のはずなんだよ
シカゴに行く道のりで俺は睡眠薬に頭を揺さぶられながら、くだらねえ憎しみがあふれ出してくるのを思い出した
あのときの俺はガキに八つ当たりするほど仕方の無い人間だった
今じゃ八つ当たりする元気すらねえ仕方の無い人間だ
それでも人様に迷惑かけて、一体何様か分かんないね
ベイビー、おやすみベイビー
今夜もまどろむように電話待ってんだよ、ベイビー

2009/08/28

(※一応言っとくと、俺は天秤座だ)
スポンサーサイト