活動

鳩 正義

Author:鳩 正義
Ghetto HP
Ghetto

出演-------------------
9/5@池袋adm

9/8@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

10/22@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

11/1@両国SUNRIZE

12月未明@両国SUNRIZE


チケット予約は下記メールまで。
連絡-------------------
メール

動画-------------------
悪童の乖

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

キネマ

11 13, 2013 | カルチャー

 最近俺の趣味にみんな付き合ってくれているのか、ただ単に各々が見たいだけなのか、ぼちぼち映画を見る機会が増えた。
 といっても、思い出の映画を見返しているものが多い。
 最近(結構前)見たものを思い出してみるか……。

・世界最速のインディアン
・レオン←五本指に入るお気に入り
・ジュマンジ
・マスク
・第9地区
・パラノーマル・アクティビティ1~3
・ショーシャンクの空に
・鮫肌男と桃尻女
・トレインスポッティング
・レクイエム・フォー・ドリーム
・顔の無い眼←初めて見た
・永遠のこどもたち←初めて見た
・フランケンウィニー←初めて見た
・パシフィック・リム←初めて見た
・時計仕掛けのオレンジ
・フォレスト・ガンプ/一期一会
・スティング
・パプリカ

 大体こんなところかな……? 他にも色々あったと思うが、忘れた。結構名作や有名どころだね。
 今後見返したいところでは、
・カッコーの巣の上で
・ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
・バッファロー’66←五本指に入るお気に入り
・ガタカ←五本指に入るお気に入り
・ストレイト・ストーリー
・フルメタル・ジャケット
・ブルース・ブラザーズ
・トイ・ストーリー1~3
・菊次郎の夏
・サイレント・ヒル
・パシフィック・リム←五回は見たい
・ニュー・シネマ・パライダス
・十二人の怒れる男
・パルプ・フィクション
・シザーハンズ
・ナポレオン・ダイナマイト
・リベリオン
・ギルバート・グレイプ
・ブラック・スワン
・ミリオンダラー・ベイビー
・PiCNiC
・バタフライ・キス
・スティング←すでに見返したい

 まだ見たことなくて気になっているもの
・アメリカンヒストリーX
・水の中のナイフ
・サイレント・ヒル リベレーション(前編と合わせて見たいね)
・バック・トゥ・ザ・フューチャー
・スタンド・バイ・ミー
・レザボア・ドッグス
・スラムドッグ$ミリオネア
・太陽を盗んだ男
・ポンヌフの恋人
・ブレードランナー
・アベンジャーズ
・キック・アス

 こんなところか。いや、探せば山ほどあると思うんだけど、ここら辺でやめておく。
 優れた映画、とは基準をどこに置くかでまた変わってくるが、基本的にエンターテイメントの軸からはみ出したものは好きじゃない。
 名映画に名BGM有り、とは言うが、目立ちすぎも目立たなすぎも好きじゃない。感動シーンで感動音楽流すタイプはあんまりだな。
 脚本がいまいちなのも好きじゃない。あまりに長い、例えば2時間以上はやっぱり蛇足かな、と思うシーンが増える。レオンもターミネーター2も、完全版より普通の方がよく出来てるし映画としての完成度も高い。撮るのに金がかかったとしても、無駄なシーンはカットするという意気込みが欲しい。
 過去の名作といえども、演出技術が未発達すぎて、滑稽だったり何が伝えたいか不明瞭なのも「はいはい」って感じで流す。
 尖った実験的要素も嫌いじゃないが、十分に咀嚼し尽くして、真似る奴が完全に二番煎じになるくらい研究しつくしてから使って欲しい。監督の実験に二時間付き合うほど暇ではない。
 映像はレイアウトが綺麗なほうがいいが、別にそれもさじ加減で、あんまりキマりすぎてても見てて疲れる。視線誘導がヘタクソな場合は目もあてられない。
 どの要素もコレというわけでもないが、あまりに欠けてる場合は俺は好きになれない。映画は芸術作品である前に娯楽だ。ありきたりな話でも演出さえ優れていれば、とりあえずは満足できる。
 しかし、これだけは欠けてはならないというものがある。
 キャラだ。
 主人公の魅力がスクリーンいっぱいに飛び散ってる映画が好きだ。
 演出に気が散らなければ、作品には尋常じゃないほど感情移入するタイプ(主人公が泣く前に泣くこともザラ)だけど、それも好きであればこそだ。
 おかげで沢山の魅力的なキャラが俺の中には眠っているし、すっからかんの俺を少しばかりは形作ってくれてもいる。俺の人生の教師は映画と漫画と小説と音楽だ。学校や友達や教師から学んだものは殆ど無い。
 上映時間二時間の間だけの人生、いいんじゃないの。濃密で。勿論現実はそういうわけにはいかない、だっさい時間やもっさい時間やうっざい時間、その裏側があっての濃さだけど、表向き二時間で人生を表現している作品に俺は敬意を払う。
 その苦労を客に気付かせたら、ただのゴミなのさ。映画はソウルフルでないと。
スポンサーサイト

« キュン 11/10 woody »