東堀通6番町フォークジャンボリー

 で、これは出演したライブの感想。

12/12(木)
東堀通6番町フォークジャンボリー
in yellow stage

正義, 加藤麻里,ニシヤマヒロキ,コヒヤマケイスケ(弦と巣箱)

OPEN 19:00 / START 19:30 ADV¥700 / DOOR¥1,000-
♪FORK/POPS etc

 フォークの人は一人もいなかった。
 俺はこの日昼間からウィスキーを飲みまくり、一人でご機嫌になって記憶も定かではないんだけど、結構楽しく過ごしたような気がする。本番の前後は。
 いやー本番は、濡れたティッシュのように断片的な記憶しか残っていないんだけど、「やばい」「死ぬ」「酸素ッ、がッ」とか。
 酷いライブしたなーと思ったんだけど、周りは真逆のこと言うし、何がなにやら。
 褒めてもらえるのは嬉しいんだけど、「もっとやれたなー」という、見えるところ、手の届くところにあと一歩だったのが目茶目茶悔しくて。これは、あー酒のせいではないな。
 いや、ちょっとは、結構、大分、かなり、うーんやっぱりちょっとだけど、ほぼ大半は俺が甘かった。曲のポテンシャルを生殺しにした感。すまん俺の曲たち。
 一つだけ言えるのは、飲みすぎてライブすると実感もクソもないから、やめとけってこった。ありゃりゃ。
 でも多分次も飲んでる。

 対バンは、えーと、ね、覚えてるよ、まー割と、覚えてるよ。
 ただ当の俺がこれで偉そうに言ってもねぇ、言います。

 コヒヤマケイスケ
 頑張れ。
 俺は人には頑張れと言うよりか、大体別の言い方するんだけど、お前は頑張れ。

 ニシヤマヒロキ
 うるせえよ。
 いや音量に関しては俺が言えた義理ではないんだけど。なんていうか……。
 
 もっとこう…あるだろう‼︎
 言い回しとかさ。

 加藤麻里
 髪、派手だね。

 そんぐらいかな。そんな日でした。
スポンサーサイト