活動

鳩 正義

Author:鳩 正義
Ghetto HP
Ghetto

出演-------------------
9/5@池袋adm

9/8@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

10/22@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

11/1@両国SUNRIZE

12月未明@両国SUNRIZE


チケット予約は下記メールまで。
連絡-------------------
メール

動画-------------------
悪童の乖

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

人格

03 27, 2014 | 日常

 誤解しないでほしいのだけど。
 この文章で想像される人柄は、全く僕という人間と別離しているということを、分かってもらえないだろうか。
 どう足掻いても誤解は生じる。どれだけの言葉を用いても。
 ただ、それ以前に、僕はこのブログにおいて、かなりの部分を誤魔化して書いている。
 それはなんの苦労でもないし、とりわけ嘘というわけでもない。

 なんでそんなことしてるの? っていうと、勿論理由はあるよ。
 僕はネット上の幾つかの掲示板と、幾つかのSNSと、幾つかのチャットに相当な量の文章を残してきた。
 その結果、あの、色々夢想された印象を言われるの。
 そして分かったことはね、僕が、素のまま文章を書くとね。
 ・色白で
 ・痩せぎすで
 ・小柄で
 ・直毛で
 ・声が高くて
 ・体毛が薄くて
 ・肌が綺麗で
 ・文学的で
 ・繊細で
 ・あばずれで
 ・触れれば壊れそうな
 ・美少年
 というように誤解されるの。嘘じゃないよ、直に伝えられてきたコメントの数々。
 痩せぎすしか合ってねぇー。
 他は全部真逆だよ。思い込みって怖いね。
 文字しか情報がないからさ、例えば一人称が「俺」「僕」「私」「オイラ」「アタシ」でコロッとまず変わるよね?
 語尾もそうだし、読点を置く場所でも変わってくる。


 いや、辞めとくか。ここまでだけで大分気持ち悪かったと思う。スマンスマン。
 何が言いたかったかっていうと、文字という一番情報量が多いのに、一番情報が一元的なコンテンツでは、如何様にでも騙す事が可能ってことだ。
 小説はそういう枠組みの中での話だから、娯楽で成立するけど、ブログや日記となるとね。
 逆を言えば、それを利用しない手はない、ということでもあるんだけど。
 さっきも言ったけど俺のことを、まるで少女マンガの登場人物のように勘違いする人間が多くて多くて。
 そんな奴そういないし、多分俺嫌いだし、そういう奴。困ったもんだよ。
 俺はもう、そういうのは少し疲れた。繊細っぽく思われるのも、極端にやさぐれてるように思われるのも。
 だからわざとらしくこんな言葉の使い方をしている。
 やれやれだ。
 やれやれって言える性格はかっこいいよな。ラノベみたいなペラいのじゃなくて、承太郎みたいな奴な。
 やっぱそういうのがいいよ。男は。
 たまに美少年みたいな文章書いてたら、「素なんだなァ」ぐらいに笑ってスルーしてくれ。
スポンサーサイト

« ともだち 天蓋 »