胎児の夢

朝まで語り合った友人はシーツに消えて
俺はここに残ると言ったら、そうかと頷いていつまでも耳にこびりついた

アルコールとか煙草とか、俺たちはいつも安易な手段で自分を埋めてばかりだ
使い古しのステレオも、なんだか音が割れてんだよなぁ
廃工場にうち棄てられた車
俺はレンガを叩きつけて、フロントガラス粉々にしたんだ
そいつを見てタイガは、マサヨシは普通じゃないなと言った

普通ってなんだよ、タイガ
お前のソファに落ちてたコンドーム、俺、インシュリンが欲しくなるよ
俺が髄膜炎を患ってベッドに縛り付けられてたとき
窓から見る空はとても青くて狭くてさぁ、ああ、俺は死ぬんだと思った
ここから見える空はあのときと似てるんだ
都会に住む奴ってなぁ、みんなこの空見てるんだ
病んでるのも分かる気がするよ

テーブルの上で大冒険だ、カプチーノの泡に溺れるよ
溢れかえるカルボナーラ、俺はあの子の作ったものがパスタだと思ったんだ
いつも機嫌いいのは少しだけなんだ、あんま、長持ちしなくて
俺の感情さえ使い捨てみたいな気がするんだ、これって気まぐれなだけかなぁ?
申し訳ないと思うんだ、でも俺ってやっぱり、使い捨てなんだよ
派手に使っていいんだと思う

殺して、死のう、殺す、殺せ、殺されたい、殺したい、ああもう、そういうのいいんだよな
俺って何に頭きてんだろうなぁ
客に煙草投げつける奴って、悪い意味で俺くらいだよな
ああでもさぁ、ムカつくとか苦しいとかそういう感情に慣れきってて
俺ってパブロフの犬なんだよね、脊髄反射、嫌になるよ
そういうの、好きじゃないよ、そりゃあね、でもさ、染み付いてるんだよね、体に
習慣を変えるのって難しいよな、俺は枝にぶら下がる照る照る坊主かな

雨が降ったらシャボン玉に包まれてようか
屋根まで飛んで落っこちようか
意識を空まで飛ばしてイった気でいようか
ねぇルーシー、みんな幸せだよ
幸せになれよルーシー、俺はどこでもいいんだなぁ
あんまりいい気分、続かないこと、俺は申し訳ないと思ってるんだ
でも寝る前ってやっぱり死ぬような気がするよ
起きるときって生まれるときみたいに息苦しくって産声あげたくなるよ
俺は知ってるよルーシー、愛は消耗品なんかじゃないんだ
俺って悲しいんだ、ルーシー
そんな愛を消耗品にしてきてしまったことがさ

そういうの、好きじゃないよ、そりゃあね、でもさ、染み付いてるんだよね、体に
習慣を変えるのって難しいよな、俺は枝にぶら下がる照る照る坊主かな

雨が降ったらシャボン玉に包まれてようか
屋根まで飛んで落っこちようか
意識を空まで飛ばしてイった気でいようか
ねぇルーシー、みんな幸せだよ
幸せになれよルーシー、俺はどこでもいいんだなぁ
あんまりいい気分、続かないこと、俺は申し訳ないと思ってるんだ
でも寝る前ってやっぱり死ぬような気がするよ
起きるときって生まれるときみたいに息苦しくって産声あげたくなるよ
俺は知ってるよルーシー、愛は消耗品なんかじゃないんだ
俺って悲しいんだ、ルーシー
そんな愛を消耗品にしてきてしまったことがさ

そういうの、好きじゃないよ、そりゃあね、でもさ、染み付いてるんだよね、体に
習慣を変えるのって難しいよな、俺は枝にぶら下がる照る照る坊主かな

雨が降ったらシャボン玉に包まれてようか
屋根まで飛んで落っこちようか
意識を空まで飛ばしてイった気でいようか
ねぇルーシー、みんな幸せだよ
幸せになれよルーシー、俺はどこでもいいんだなぁ
あんまりいい気分、続かないこと、俺は申し訳ないと思ってるんだ
でも寝る前ってやっぱり死ぬような気がするよ
起きるときって生まれるときみたいに息苦しくって産声あげたくなるよ
俺は知ってるよルーシー、愛は消耗品なんかじゃないんだ
俺って悲しいんだ、ルーシー
そんな愛を消耗品にしてきてしまったことがさ

2009/12/04
スポンサーサイト