Hope and Rope

小さい時人気者だった奴ほど
そこそこ楽しい人生過ごして、それなりの場所に落ち着いてる
小さい時不人気者だった俺は
大分くだらない痩せた青春過ごして、よく分からない場所を上下している
頭がいいとか悪いとか、あまり関係ないのかな
足元に氷があることに気付くかとうか、それが割れることを恐れるかどうかだ
氷を知らずに恐れないことと、知ってて恐れないことは勿論意味が違う
知ろうが知らなかろうが成功すれば、それも意味が違う
知らないからといって別に不幸にはならない
知ってるからといって幸せにはならない、むしろなりにくい
小さい時不人気者だった俺は知っている

サム、何かを、いくつも、いつか
ベンジャミン、ユウタは小市民になった、悲しいか?
デイジー、耳鳴りに慣れると水の中だ
シンシア、砂漠の端に立つと世界が終わる
バンジョー、歪みもいつか綺麗な模様になると信じていた
俺は信じていた
ビリンダ、そして歪みから全てが壊れていくことを知った
歪みから全て壊れていくと泣いた
歪みは初めからあった

2010/01/21
スポンサーサイト