夢、うつつ実、夢現、夢幻

夢から冷め、熱気は覚め、それでも憎しみや恨みは消えない
激しい殺意は露になるが「この者を消滅させたい」と思うことは消えない
何年経っても変わらないし、おそらく俺の本能にあるシステムだ
そもそも人にあるもので、誤魔化してるか我慢してるか、忘れてるか
と思うが…つまり人の恨みは買いたくないなと思う
更に思うに、殺されるかも、とも思わずに人の恨みを買うような愚図は思い知った方がいい
中には本当に殺そうと思ったら殺す者もいることと
別に、殺されたって構わないほど自分が安く価値のない肉だと言うことを

命は大事、生物は…本当だろうか
否定したいわけではない、強く納得できる正当性と根拠が無いという脆弱性を指摘しているのだ
それはとてもまずいことで、なぜ誰もが目を伏せるのか…
孤独にも、死にも、未来にも目を伏せ、覚悟も無く生きて気休めに生きていいのか
なんと絶対に良くない
俺は人に良くなってほしいだけだ
俺は愛想が良くて助かった

2010/04/18
スポンサーサイト