White Surf

 今日のコースのデザートがさぁ。
 なんだ寝言か。
 寝言じゃねーよ。今日のコースのデザートがアイスとミルクでさぁ。
 向こうの人は何にも言ってなかったけど、それを見てて、母国の人間である自分はなんか妙な気分になると言った。

例えば君が死んだら
別に泣かないと思う
痛む目頭を揉んで
曖昧な悲しみと虚脱感を
弄んで鼻血出すと思う
腐ったハツカネズミの死体を踏みつぶして
骨と内臓の情けない音を聞くと思う
冷えた足先をさすって
虫に噛まれた痕を血が出るまで掻くと思う

海の向こうでサビーンが亡くなった
俺は鉄の檻にひとりぼっち
思い出もないから悲しくないし
思い出すのは墓石ばかり

ああ、俺って酷い奴だなぁ
俺だけ残してみんな消えたら最高なのになぁ
そんで実は消えてるのは俺の方だったら完璧なのになぁ
みんなは俺のこと見えてるみたいだけど
俺は誰も見えないぞ
みんな隠れるの上手いよな
目を閉じると犬が走り回ってる
うえーん
噛み殺してくれー
別に死にたかないやーい

例えば俺が死んだら
結構な人たちが泣いてくれるだろうけど
俺は誰が死んでも泣きそうにないな
空が青いだけで涙は出るのに
俺の周りは素晴らしい人たちばかりなのに
なんで俺だけこんなに最低なんだろう
君たちはどこから来てどこへ行くんだ
俺はどこから来てどこへ行くんだ
まぁいいさ、それは
スポンサーサイト