嫌いって言えば

嫌われるよりは忘れられたい
忘れられるよりは嫌われたい
どっちがマシかと言われても

どっちも嫌だ

光を見れば眩しくて目を閉じる
熱いものに触れれば手を引っ込める
寒いと思えば体が震える
あなたに会いたいと思えば傷つくだけだと怯える
それはただの脊髄反射
目の前にあなたの爪があったら
ぐちゃぐちゃにして忘れてしまえばいい

我がままにならないなら我がままって言えない
希望がないなら死ぬだけの理由もない
生きるとか死ぬとかは大げさじゃない
いつも俺たちの傍らになる
ただ忘れてるだけ
ふとしたときに俺たちの肩を叩く
日本では、去年も三万人の人間がこの世界からの脱出に成功したらしい
今年もそうだろう
部屋に閉じこもっていた頃に比べれば随分マシになったろう
抜けろ抜けろとばかり言う
お前のために抜くものなんかない

沢山のものを飛ばした
風船
紙ヒコーキ
ブーメラン
あなた
自分の体

ベランダから
地面から
滑り台の上から
教室の窓から
どれも返ってこなかった
なんとなくそれが嬉しいと思っていた
手放すほどに身軽になるような気がしていた
実際はたんぽぽみたいにはいかなかった
むしろ落としたのは
自分を少しは可愛がる心だけ

嫌いって言えば?
ふわふわと、誰に飛ばしたわけでもない言葉をあなたは受け取って
よく分からない理由で傷ついたと叫ぶ
ヒステリーの停車駅はあなたにもあったんだ
失望してしまう
俺は人に期待しない
自分が期待されるような人間ではないから
それが筒抜けなのか、そう信用もされない
と、思いたい
傷つきやすい人は簡単に人を信用しすぎてる
ちょっとしたことで裏切られたと感じて
また多大に傷つく
そして心配して寄ってきた人をまた異常に信用する
学習しろよと言いたい
でも言わない
学習しろよと自分に言いたい
でも聞かない

嫌いって言えば?
どうなる?
嫌いって言えば?
好かれないならいっそ嫌われたいんだろう?
それはそれ
俺は別
好きも嫌いも興味がない
今更どうでもいい

全部今更になって
消えてしまえばいいのさ
記憶なんてものは
そういうのを、嫌いって言う

2009/2/23
スポンサーサイト