活動

鳩 正義

Author:鳩 正義
Ghetto HP
Ghetto

出演-------------------
9/5@池袋adm

9/8@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

10/22@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

11/1@両国SUNRIZE

12月未明@両国SUNRIZE


チケット予約は下記メールまで。
連絡-------------------
メール

動画-------------------
悪童の乖

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

ブレ

04 16, 2013 | たわ言

 自分の人間性が非常にペラいことは自覚している。
 そのままでいいとまでは言わないが、最近やたらと「ブレる」とか「自分はどうなん」とか「断定的だな」などの批判を見るように思う。
 えーと、頭悪いよ、とザッパリ否定しておく。
 まずブレるについて。笑い話でもない限り、お前その言葉使いたいだけだろ。ブレてると人に言う=自分はブレていない、という自己の誤認をしたがっているようにも見える。
 自分はどうなんだ、というのは完全に論点のすり替え。俺の話じゃなくてお前の話だから。ブーメランとかなんとかは、その後の話だから。勿論これは「反論するまでもねー」場合は省いての話。
 断定的、つまり言い切っていることの何が悪いのだろうか。断定できないなら意見なんか述べるべきではないし、そんなことは当たり前じゃねーの。「~~なんじゃ、ないのかなぁ?」なんて言い方されちゃあ、仮に正しくてもしっくりこねーよ。
 そりゃまぁ、灰色で自分がリスクを負うことから逃げてばかりいる人間からしたら気になるんだろうケド。そんなお前はいてもいなくても、むしろいない方がいいノイズのような存在だということを、まずは自覚したまえ。

 意見がまったく昔から変わらないというのは、言い換えれば成長していないともなる。
 放っておいても根幹の部分は人間は滅多に変わらないのだから、そこから意見を立ち上げていけば、そうそう意見もコロコロとは変わらないのだが。その途中で訂正が入ったり、よりよい意見を取り入れたりなんてのはザラだし、当たり前だ。
 器用な人間がそこらへん上手いこと変わってないように見せてるだけで、大体の奴は進歩するにつけ意見変わってるよ。要するにインチキしてんだよ。

 で、俺はどうなんだ、なんて説明する義務はこれっぽちも無いことはさっき説明したが、説明しておく。
 勿論人としてブレブレ、間違った意見もごり押し、自分のことは棚上げですよ。
 潔いね。

 俺の発言は(意図してないものも多いが)人を攻撃するようなものが多いから、一応自分なりに気をつけていることがあってだな。
 それはお前だってそうだろ、と言われて「うん」と言えないことはあまり人の攻撃には使わないってことだ。
 例えば俺は、助からない病気と揶揄されるほどガリガリだから、痩せてる奴も太ってる奴もボッコボコに言える。
 俺はバカだから、人にバカバカ言う。「バカって言ったほうがバカなんだよ!」って言われても平気。そうだよ、あとお前も俺にバカって言ったから、やっぱバカだよな、と。
 まぁ屁理屈なんだけど、俺はなぁ、むしろ自分に非がない意見というものに疑問がある。
 気に入らないのは、イケメンが不細工を笑いものにするような感じな。一方的じゃん、そんなの。アホくさ。インチキだな。卑怯だ。性根が曲がってる。屑だ。本物の不細工だ。
 「お前、不細工だよなぁ」「お前だってそうだろ!」「まぁな、へへ」ぐらいのやり取りのほうが健全だわ、人間ごときの猿はそれでいいんだよ。どんなに偉かろうが年中クソを垂れ、年中命を食い散らかし、年中寝てばかりいるクソみたいな生き物なんだから。

 極端な話、(意見は正しいが)お前に言われるのは気に入らない、ぐらいの方が、受け取り手としては健全な精神だと思う。大概本当に的確な意見を言われるのは気に入らない奴だしな!
 言う側としても、相手が敵に回ることを恐れては進展しないし、決定的に取り返せないことなんて、早々無いよ。無かったら反省すればいいし。

 人によって楽天的とか暗いとか、真面目とか適当とか、まるで真逆のことを言われるけど、どっちでもあるし、どっちでもないよ。俺もそんなもんだし、人間自体そんなもんだよ。
 そんなもんだ。
スポンサーサイト

« ファッション 今月のライブは »