シレンとラギ

 昨日Mondeo君も出演しているという、劇団☆ASKさんの「シレンとラギ」を見に行った。
 演劇というものを生で見るのは初めての体験で、これがめちゃんこ面白かった。
 テレビなんかだと、どうしても主役の人たちのクローズアップばかりだから気付かなかったけど、後ろにいる人たちも当たり前に同時進行なんだね。
 そのアンサンブルが凄く刺激的で、想像するよりずっとライブだったな。
 お話自体は、どうも元は藤原竜也と永作博美主演の演目だったらしく、「ああ、確かにあの二人主役ならこんなテイストだろうな……」という感じ。愛憎入り混じる戦いと悲劇って感じ。
 ASKさんはまだ若い劇団で、人数もそんなに多いわけではないそうだけど、そのインディーズ感がまた心地よかったね。
 これがもっとしっかりした劇団の、お金のかかった劇だったら、それはきっと凄いんだろうけど、品性の下劣な輩が増えたりとか、いっそ不愉快になることも増えるんじゃないかと思ったりもするんだよね。気取った奴とかさ。映画館みたいにクソウザい想像力の欠如したチンカスが沸いたりとかさ。

 Mondeo君が出るたびちょっと笑ってしまった。
 あんまり面白かったんで、演劇にも興味が出てきた。
 この年になったからっていうのもあるんかね。半年だけ行ってた高校でも演劇部があって、部活紹介で少し演技してるのを見たとき「クッソばかばかしいな」ぐらいの感想だったもんで。(昔からこの手のものに異常に厳しい俺)

 具体的な演技はてんで門外漢だけど、劇はチャップリンみたいにサイレントでも笑わせる要素があったりして面白いね。
 いやー普段見ない、おまけに異文化のものって痺れるね。そんな感じ。
スポンサーサイト