活動

鳩 正義

Author:鳩 正義
Ghetto HP
Ghetto

出演-------------------
9/5@池袋adm

9/8@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

10/22@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

11/1@両国SUNRIZE

12月未明@両国SUNRIZE


チケット予約は下記メールまで。
連絡-------------------
メール

動画-------------------
悪童の乖

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

サカサマのパテマ / ジョバンニの島

08 20, 2014 | カルチャー

 もしかして俺……タイムリープしてね?
 "ちょっと自分でもびっくりするぐらい放置してた"エピソードII 神々の遺産タイムリローデッド -クローンの攻撃-Vol.3

 サカサマのパテマ
 うーん!
 アニメ映画、特にオリジナル脚本のものって、60点ぐらいのが多いんだよね。劇場版とかも。
 オトナ帝国とかが珍しいわけだよね。押井守とかパヤオとか今敏とか細井なんとかの方が異常なんだ。
 これも60点ぐらい。。。
 アイディアはね、悪くねーんだよなぁ、往々にして。
 地下世界暮らしの女の子が、行っちゃいかんと言われていたエリアを探検して近未来っぽい国に出るという。あるある。すげーあるある。
 で、なんとそこは女の子にとって重力がサカサマだったと。つまり空に落ちるわけだな。
 そしてこれを利用したトリッキーなアクションや、サカサマにかけた大どんでん返しのストーリーが、展開されないという。
 なんか普通なんだよな。普通な上に、「このエピソード必要かなぁ」とか「なんかキャラ薄いなぁ」とか「そんなに思い入れ湧くほど強烈な体験や、長い時間経ったっけ?」とか。視聴者置き去り。これが本当に、アニメ映画だとよくある。
 そんな難しいこと考えずとも子供は楽しめる! はて、そうだろうか。子供は結構敏感だぞ。批判や違和感を形にする術を持たないから指摘しないだけで、純粋に楽しめるかどうか、記憶に残るかどうかはそれぞれ別個の話だ。
 まぁアニメ業界のブラックぶりが叫ばれて久しい昨今、アニメ映画でそれが改善されてるとは到底思わない。
 が、そんなことは言い訳だ。60点は辞めてくれ。話のネタにならんのだ。デビルマンみたいにあまりにクソで笑っちまうとか、名作とかね。そういうので頼む。

 ジョバンニの島
 これは良かったね!
 そうそう、こういうの。こういう○○の島みたいなネーミング基本地雷だと思ってるんだけど、北方領土問題と銀河鉄道の夜を掛け合わせた、幻想と現実のクロスオーバーが非常にアニメーションだった。
 北方領土に関して俺はさっぱり詳しくなくて、ついでに宮沢賢治もセロ弾きのゴーシュとやまなししか知らないポコチン野郎だったんだけど、その両方に少し興味が湧いた。
 特に北方領土は、想像以上にホロコーストというか、戦争が終わったのにまだ争いが続いている悲劇、故郷を離れざるを得ない苦悩、バラバラになる家族、とアニメじゃなかったら尋常じゃないほど暗い話だった。
 そこに差す一筋の光が銀河鉄道の夜だったわけだ。
 まず主人公純平(ジョバンニ)と寛太(カンパネルラ)というネーミングがバーヤイだ。結構変わった声優の配役だったが、それもまぁまぁ良かったんじゃねーの。(適当)
 ロシアの女の子ターニャと純平との淡い初恋、父との再会も月並みだが胸を打つ。
 何より俺が感動したのは、というか誰でも感動するクライマックスシーン、ジョバンニがカンパネルラを背負っての、銀河鉄道の夜の暗唱!
 ハレルヤ ハレルヤ!
 下手したら火垂るの墓みたいな有様にも成りかねない重い話を、軽くはせずに、救いを描いたこの話が僕は好きだ。
 そんな感じ。
スポンサーサイト

« 銀河鉄道の夜 へいへーい »