活動

鳩 正義

Author:鳩 正義
Ghetto HP
Ghetto

出演-------------------
9/8@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
「KANTA dAb dAb Japan Tour」(from Nepal)
21:00~

9/10@両国SUNRIZE
「両国ウルトラソウル ハァイ」
21:00~

9/28@両国SUNRIZE

10/4@両国SUNRIZE
※弾き語りでの出演

10/22@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

11/1@両国SUNRIZE
「両国SUNRIZE 8周年 初日!」

11/5@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

12/14@両国SUNRIZE
​「???」


チケット予約は下記メールまで。
連絡-------------------
メール

動画-------------------
悪童の乖

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

カウンター

04 22, 2013 | 日常

 俺はかなりの天邪鬼だ。
 右と言われれば左、上と言われれば下、良いと言われれば悪い方へ、上手いと言われれば下手なほうへ。頑張れと言われれば怠ける。怠け者ばかりだと頑張る。
 人と一緒が嫌だ、などと幼稚なことを言うつもりはない。
 もっと幼稚で、誰の言われた通りにもしたくない、という意固地なところがある。

 趣向もそうだと思う。カウンターカルチャーが好きだ。音楽もオルタナティブなものが好きだ。ゲームも反主流だったり、主流のお約束を風刺しているものが好きだ。やりすぎてるのは嫌いだ。
 アンチヒーローものも好きだ。悪役目線の物語も好きだ。ブラックジャックなどいい例ではなかろうか。
 悪役の悲哀なんかも好きだ。悪がれっきとして悪なのも好きだ。

 しかし主流が嫌いかと言われると、別にそうでもない。
 というか、好きだからこそ、愛を持ったアンチでありたいなと思っている。
 例えばいかにもなバンドサウンド、いかにもな正統派ロック、意外と嫌いじゃない。
 歌詞だって、日本の湿気ベタベタ語彙力壊滅的のグロゲロラブソングは例外として、あの子が振り向いてくれないぜベイベーとか、ハイウェイ飛ばすぜベイベーとか、そういう頭悪いのも好きだ。

 音楽に関してもそのスタンスなんだけど、結構前からすごーーーーーーーーーーーーくずーーーーーーーーーーーーっとガッカリしてるのが、主流にまるで力がないこと。主流のくせに。
 アンチする甲斐がないんだよバカが。無能。チンカスめ。

 正しい主流と反主流について触れようか。
 まず正しい主流とは、物語におけるヒーローだ。
 人格は清廉潔白、力も持っている、主張は正義、誰からも愛されている。
 これがまず現実にいない。いないのはみんなとっくに知ってるが、そういうフリもしないからクズ。正統派のことやってて、人格までフツーとか、どこに魅力あるんだよソレ。バカじゃねーの。
 反主流とは、物語におけるライバルだな。
 人格がひねていて、ヒーローと同等の力は持っている、主張は特にないか悪、嫌われたり好かれたりが激しい。
 よく勘違いしている奴がいるが、「ヒーローと同等の力を持っている」ことが重要なのだ。
 要するに、その気があれば主流だって普通に出来るけど、その気が無いからやってないっていう、この秘めたる刃加減が反主流の魅力なわけ。
 だから、フツーなことはやりたくねえ、俺は変なことするぜ、つって基本をおざなりにして、とにかくチンチクリンなことに走る奴が、まァー多い。ひっじょーーーーーーーーーに多い。
 日本人はバカだからな。掬いようのないバカだから。自分で考える力も発想力もないし、努力も出来ないし向上心もないし、何が良いかも人に言われないと自分で判断できないクソの役にも立たん粗大ゴミだからな。ゆとりとか関係ないよ、元々そういう人種だ。気持ち悪い。

 で、現状、ま、アマチュアの世界ってこともあるが、主流があまりに少なくなったな。いい主流となると、ほとんどいない。
 俺は自分が反主流だなんて思ってないし、むしろクソ超ポップだし、お前らみんなとっととひれ伏せや穀つぶしどもが、っていう感じなんだけど、なんかやる気でねーよ。
 アンパンマンのいない世界のばい菌マンって感じ。張り合いないんだよ。
 才能ないねー、どいつもこいつも。
 才能ないくせに、えばってるよねー。
 才能ないくせに、努力もしないよねー。
 才能ないくせにね。

 俺は才能ないし、才能ない自分が最高に好き。頑張ればいいだけだし。俺が本気出したらみんな泣いちゃうし。ハハハーッ!
 空しくなってきた。ぶちかましてくれよ。その程度かよ。
 これ以上失望させんな。
スポンサーサイト

« 機材の話 事情 »