ろっくんろーるの話

 僕はろっくんろーるが嫌いだ。
 愛憎入り混じるとかじゃくて、ろっくんろーるが嫌いだ。
 僕は酔っ払っている。
 何故ならろっくんろーるはダサいからだ。
 ダサかっこいいとか色々言い方はあるけど、そういうんじゃなくて、ろっくんろーるはダサい。分かるだろ?
 だからろっくんろーるが好きだって言う人は、ろっくんろーるはダサかっこいいとか、孤独の音楽とか、かうんたぁかるちゃあとか、そういうどうでもいい小理屈は置いといて、ダサいのが好きだって胸を張って言えばいい。
 ダサいっていうのは、単一にしてカッコいいのだ。裏とか表とか矛盾とか相互作用とかじゃなくて、ダサいのはかっこいいのだ。これが分かるか君に? 信じていいんだよ、愛してる、キスキス、耳たぶ強く齧ってあげる、ねぇ、分かってください……。

 僕はろっくんろーるが嫌いだ。
 よく「”ロック”ってなんぞや」って言う人がいるけど、答えはかんたんだ。
 ロックっていうのはギタァだ。そいつらはロックはかうんたぁかるちゃあとか反骨精神とかパンクとか寝言を言うけど、紛れもなくギタァ以外はロックじゃないです。
 ポップスって知ってますか? ポップスにはギタァが鳴ってないんです。ほら、ね、分かったでしょ?
 心配しなくても、ベェスもギタァです。だって正式名称はエレクトリックベェスギタァだし。
 それでなくても、順番として、コントラバス(こんとらべぇす)をエレクトリックにしたとき、初めからそれはギタァの形を模してフレットを付けて、横に持つ形になったんです。
 なんでだろう? 僕には昔の人が考えたことはよく分からないけど、実際そうだったんだからエレクトリックベェスというのはすべからくギタァの属性なんだよ。
 ドラムはよく分かんないなァ……でもまァ、ここまできたらドラムもギタァなんじゃない?
 一応君のために理屈をつけてあげると、よくタムタムやハイハットまで排除した、神経質なまでにシンプルなドラムキットを、ガレージ系で見るじゃない?
 でもスネアは必ずある。あれがないとろっくんろーるの二層構造のリズムが構成できないからね。ドラムはスネアだ。ここまではオーケィ?
 そのスネアには、スナッピーという、裏側に鉄の弦みたいなのが張ってあるだろう? 張ってあるんだよ。そしてあれは、オン・オフできるにも関わらずほとんどの人間はオンにするだろう?
 そりゃなんでかっていったら、あのスナッピーとかいうものが実はギタァだからさ。ほら、ドラムもギタァだ。君がロックを否定したいならドラムにスナッピーを外す指示をしたらいい。東洋的感覚を無視した浅慮な発想でそれを言ったら、さぞ無様になるだろうけど。
 つまりバンドとかいうものは、ギタァが三本鳴ってるんだ。
 そして、ギタァのみでも、ベェスのみでも、ドラムのみでもロックは表現として成り立つから、要するに、ギタァが一本でも鳴ってるとロックになるんだ。証明終わり。分かりやすいだろう。
 何で皆、こんな簡単なことが分からないんだ? ロックって何だって、この国では色んな人間がしょっちゅう毎晩常々言ってる。バカだよなァ。そんな簡単なことも分からないからロックやってんじゃん。いいんだよ、そんなことは。ロックが何かなんてどうでもいい。
 バカだからどうせ他人にどう言われたって納得しないし(バカほど他人を信じられない)、バカだから自分でこうやって正解を導き出すこともできないんだ。
 そういうバカな奴がギタァを鳴らすと、なんでだかロックになるんだよ。

 僕はろっくんろーるが嫌いだ。
 ロックはギタァさえ鳴ってればいいってさっき言ったけど、じゃあロックとろっくんろーるって何が違うんだ?
 ちょー簡単に言うと、ロックはクラシックだけど、ろっくんろーるにはメロディなんて要らないんだ。
 何故ならメロディがあると、音というものは鍵盤で言うと白鍵と黒鍵の12音階で区切られていて、幾らなんでもその中で限界ってあるんだ。
 メロディとかいうもののせいで、人は感動するし、メロディとかいうもののせいで音楽の可能性っていうのは凄く凄く窮屈に閉じ込められている。人間ていうのは、困ったことに、窮屈さの中でしか自由とか感動とかを感じられない生き物なんだ。それは、君も、よく知っていると思うけど。
 ああ、ああ、音楽の神とかいうクソ野郎がいたら、なんて嘆いてることだろう。それともやっぱり、その制約を「分かってるじゃん」って、おちょくってたりするのかな。いいよ、まァどうでも。無伴奏チェロ交響曲第一番が人間の歴史に残った段階で、12音階の偉大さって奴を、ある部分では認めざるを得ないことは愚かな僕だって分かってるんだ。
 それぐらい僕だって分かるんだ……。

 話を戻すと、ろっくんろーるっていうのは、リズムの音楽だ。心臓の音楽。胸が躍って体が動いたらそれがもうろっくんろーる。
 あーーーーーーーーーーーーーーーーー、ウンザリするほど分かりやすい。
 だからメロディなんか要らない。
 僕は別に胸が躍って体が動くとか、そういうの、楽しいけど、そんなの所詮おまけの方なんだ。体より心が動くほうがよっぽど贅沢だし、心を動かすにはさっき言った「制約の中での自由」って奴が必要なんだ。
 まァ、その……なんていうか……それって変態なんだよ。
 正直言うと僕だって参ってるんだ。

 だから僕はろっくんろーるが嫌いだ。体が動く音楽なんて大ッ嫌いだ。僕は棒立ちで音楽を聴きたいんだ。
 たまにゆらゆら、頭がぼーっとしてなんだか足元がおぼつかないとか、足が疲れるとか、そんなくだらない理由で膝つきそうになる、それだけでいいんだよ。

 僕はロックが好きだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!







 でも本当はろっくんろーるも好きです。
 参ったか。
 だってバカなんだもん。
 参ったよ。僕が。
スポンサーサイト