活動

鳩 正義

Author:鳩 正義
Ghetto HP
Ghetto

出演-------------------
9/5@池袋adm

9/8@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

10/22@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

11/1@両国SUNRIZE

12月未明@両国SUNRIZE


チケット予約は下記メールまで。
連絡-------------------
メール

動画-------------------
悪童の乖

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

手塚治虫ブッダ / 車輪の下 / 人間失格 / 神曲 / I know it's over

03 26, 2015 | カルチャー

 本を読んでいる。
 すっかりネット文化による横文字に慣れてしまって、縦書きがキツい。頭がギチギチする。なんとも痛ましい事件だ。
 映画もそうだが、本を読むとなると、アホみたいに数読むとか、古典的文学や哲学書(映画で言えばゴダールやヒッチコック、ベルイマンとか?)を読まないといけない、みたいな風潮を感じる。
 僕はそういうのは馬鹿馬鹿しいと思う。
 読みたいもの見たいものは、読みたいとき見たいときに取り入れればいいし、あれを読んだこれを読んでない、じゃあ駄目なんて派手に間違ってる。
 自己とその対象には、双方にリズムと波があって、その波が合った時に摂取すればいい、それだけの話だ。
 だからリミッターが外れてる時期や常に外れてる奴はともかく、濫読って超勿体無い。
 対象は星の数ほどあり、今も尚生まれているが、要らんものをけっぱぐると、存外残るものは持っている時間と等分だったりするから。焦る必要はない。
 と、自分に言い聞かせている……。よしよし。

 手塚治虫ブッダ
 これは漫画じゃない。アニメ映画。漫画はいずれ読む。「さあ」って思ったときに。二部まで公開されたんだけど、三部もあるんだろうか? 分からない。
 原作が神漫画だから、違うか、仏漫画だからプロットは折り紙つきなんだけど、映画としてはポンコツだ。
 色々説明がすっぽ抜けてるのもそうだし、全般的に演出の味が薄い。最近の駄目なアニメは、全部演出が駄目だ。どんなに絵が綺麗になっても、味が化学調味料なら意味がない。インスタント食べたい奴がブッダ見ねーよ。
 何よりシッダールタの声優が駄目だ。吉岡秀隆なんだけど、幾らなんでも演技が儚すぎる。繊細とか以前にぼんやりしている。
 勿体無いなあ。

 車輪の下
 言わずと知れたヘルマン・ヘッセ著の青春小説。
 ドイツの少年ハンスは村始まって以来の秀才だったが、田舎に生まれてしまったばかりに、その知性はクズな大人たちに敗北する。きりきりと押し潰されていく、憂いた美しき魂。
 クズな大人と言ったが、まぁ、別に普通だ。大人というのは基本的にクズだ。子供もクズだけど。っていうか人間はクズだ。「バカに生まれれば苦しまずに済んだのに」を体現したストーリー。
 これが大体100年前の作品っていうんだから、本当に田舎のバカと人間のクズって全然変わってないんだな、と呆れる。
 10代の頃に読んだはずだが、改めて読み返すと全然覚えてない。凄い。いっそ得してるんじゃないか。
 かと思えば、今の僕の思想の一端や物の目方がちゃんと描かれていて、覚えてなくてもこういうのは血肉になるんだなと実感する。

 人間失格
 言わずと知れた太宰治著のヒモ男小説。
 はるか昔に、はしがき(三葉の写真~)で心折れて読むのを辞めたが、これを期に再チャレンジ。
 すると、面白いほどつるつると飲み込める。これは、つまり、失格したのか、僕。人間、笑
 太宰に限らず、この手の文学を「暗い」「難しい」「重苦しい」と感じる人が結構、本といえば国語の教科書と漫画しか読んだことがない人間に多いようだ。
 まぁそういうのもあるだろうけど、基本的に文豪ってのはアッチョンブリケなので、結構ノリにノって悪乗りってな具合が誤解されてるだけだ。……あー、でも、夢野久作はちょっと自信ないなぁ。確実に悪乗りはしてるけど。
 何が言いたいかというと、太宰もこれはノリノリで楽しく書いたんじゃないかなって。作中、主人公が恋人と情死未遂してて、太宰も入水自殺してるから重ねてる人多いだろうけど。

 神曲
 YUKEに貸してもらった。版画家ドレの大量挿絵に、三行詩を意訳、抄訳したバージョン。めっちゃくちゃ読みやすい。
 出だしから狼とか獅子とか出てきて面食らったが、ダンテが地獄に突撃してから俄然面白く、古今東西、色んな話の元ネタを見ている気分だった。固有名詞は全然頭に入ってこないが……。
 とにかくドレの挿絵が凄い。数も凄いがクオリティも凄い。狂ってる。僕は版画を見くびっていた。

 I know it's over
 神曲を読んでいるときにyoutubeでジェフ・バックリィを流していたんだけど、そしたらこれが流れてきた。
 
 あー初めて聴くなーいい曲だなー初めて聴くのに聞き覚えあるなー
 ってこれスミスじゃん!!
 ってなった。スミスのカバーしてるのは知らなかったなー。
 おまけに、HallelujahにI know it's overをねじ込んでるバージョンもある。カバーにカバー合体させるって凄いな、その発想が。あ、僕もやったことあるか……。
 勿論原曲も好きなんだけど、これはこれで熱いなと思って、今聞きながらこれを書いてる。
 大体これ歌詞がやばいよね。最後の畳み掛けとか、途中の一人ぼっち無双とか、皆殺しかよって思う、笑
 「母さん」で始まる曲は駄目だ。卑怯だ。LOSTAGEの手紙とか、ボヘミアンラプソディとかさ。なんなんだろうね。そう考えると、やっぱり男ってみんなマザコンなのかね。広い意味では。

 今日友達に薦めてもらった魚喃キリコの漫画を幾つか買ってきた。あと帰ってきたらポストにTOCから湊かなえの「少女」が入ってたので、これらを明日読む。
 リア充だなぁ僕は。
スポンサーサイト

« 言葉 ぽえん »