yugent

 今現在、中心として活動しているバンドについて、そういえば説明していなかったなと。2013年半ばにしてようやく解説する。
 まずバンド名だが、「ユーゲント」と読む。由緒正しい造語だ。ビートルズだって造語なんだから、ロックバンドは造語で正しい。Tシャツに書いてあるような妙な英語をバンド名にしてる奴らは恥じろ。
 語源は一応ドイツ語のjugent(発音は同じユーゲント)から来ているのだが、これじゃジュゲントだよねっつって、機器ちゃんが勝手に変えた。正しい判断だ。おかげさまでユゲント?と聞き返されることが多い。微妙に間違ってる。
 意味は青春だ。ピッタリだと思う。ピッタリですよね奥さん。お前誰やー!!奥さんて誰やー!!!

 スリーピースバンドだ。ドラム、ギター、ベースの最小編成。構成はこう。
 Gt&Vo&Cho.俺、こと鳩。
 Ba&Vo&Cho.乖離。
 Dr&Vo&奇声.機器。
 ボーカルは特に決まってないが、ドラムの機器ちゃんが兼任することが多い。機器ちゃんが歌ってるときは、気ままなタイミングで他の二人が絶叫したり笑ったり遊んでたりする。
 俺が歌ってるときも同じ。乖離が歌うときは二人とも空気を読む。
 ちなみに名前ではさっぱり性別が分からないが、俺は言うまでも無く雄。漢。おちんちんついてる方。
 乖離は女。心にはちんちん生えてるけど。多分巨根。
 機器ちゃんが声で言うと一番紛らわしい。「ききちゃん」だからね。よく箒に跨ってカボチャパンツを見せびらかす、ハレンチ魔女と誤解される。
 まぁ多分立派なものがついてるんじゃないかね。

 メンバーが鳥に機械に概念に、どんなバンドやねんって感じだな。
 ジャンルも不定形だが、まぁロックバンドだよな。ジャンルとかよくわかんねーし。
 一応それを指標にする人もいると思うので解説すると、Fugaziやat the drive inみたいなポスト・ハードコア臭とグランジ系の香り、所々プログレやシューゲイザーの要素に、筋肉少女帯やたまみたいなナゴム系の因子も無くはない。
 でも一ジャンルの曲ばっかやってるバンドって、むしろ昔から少ないというか。面白いね、これやろうって言ってたらそうそう、同じ曲ばかりにはならないと思う。由緒正しいゴミ。
 その混沌とした感じこそバンドの楽しみ方だと思うんだがね。聞き手が不器用になったのかな。
 まぁ、同じジャンルで括った方が色々と便利で楽だし、聞き分けたいときには便利だよね。でも、それってちょっと寂しいな。ファッションみたいじゃないか?
 ファッションみたいな聞き方も否定しないけどな。案外俺は心が広いんだぜ。

 実は公式ホームページもある。
 http://yugent.web.fc2.com/
 これも機器ちゃんが作った。名前に恥じぬ機械の強さ。人柄は超人間臭いけど。
 ライブ告知が前回で止まったままだが、まぁ大目に見ておきな。。。最近は心がカラッカラらしいから笑
 ライブ音源もダウンロードできる。予習したい人やリフレインしたい人は聞き返すといい。
 ちなみに今製作中の音源はこれとダンチだから、一緒にしないように。ちゃんとエンターテイメントとして耐えられる強度に仕上がりつつありますよ。
 熱量は多分こっちの方が上だけど。。。っていうか、ライブがいいよね俺らは。急に自画自賛するけど。ライブバンドだよね。青春してるわー。
 ちなみに二回目は全員体調が絶不調で気味の悪い演奏になってるから、酔いたい奴以外は聞くな。変態と酔っ払いは聞け。

 あと全員ブログをやっている。全員ちんぷんかんぷんなことを書いている。
 乖離 http://rarirurerotoroi.blog.fc2.com/
 機器 http://kitsch0331.blog.fc2.com/
 まぁ、酒飲むの俺だけなのに、二人ともすでに酔っ払いみたいだから……。よく現世で生きてるよな。
 俺は控えてるけど、二人とも内輪ネタがてんこもりだ。
 君もこの輪に入ったらどうだね。Ghettoのときのコンセプトもそうだったけど、俺もあなたもyugentだぜ。心があれば。
スポンサーサイト