おそるべき子供たち

 ジャン・コクトーは好きな文筆家だけど、それでもなく、ヌーヴェルヴァーグの話でもなく、MGSの話でもない。
 単に子供の話。

 全ての芸術が行き着く先は子供だと思っている。僕が一貫して根底に抱えているテーマは子供だし、向けている対象も常に子供だ。大人は一切無視している。
 本当はこのブログも、もっと全年齢向けに書ければなぁって思ってるんだけど、性格的にそれは無理だ。努力の節はたまに垣間見えるでしょ? これが限界。
 僕の「子供観」とも言うべきものは、この国の世間一般とは大分異なる。
 子供というものは大人が考えるより遥かに利口で、攻撃的で、異質で、悲嘆にくれている。
 そんなことはヘッセでもサリンジャーでもケルアックでもアゴダ・クリストフでも、適当に有名な海外小説読めば書いてあることなんだけど、皆は本読まないから知らないのはしょうがないね。
 知らないってのは資本社会ではどうやら罪で、そしてこれからその罪は加速度的に重くなっていくんだけど、こんな狂ったシステム、僕にはどうしようもない。
 ”海外は”なんて言い方嫌いなんだけど、インナー・チャイルドについての研究や理解について、この国が極端に遅れていることはれっきとした事実なんだ。
 スピリチュアルな話でも詐欺でもなんでもない、ただの学理的な話なんだけどな。どうして毛嫌いするのだろう。
 きっと自分の中のインナー・チャイルドを傷つけられるのが怖いんだね。だからそうやって閉じ込めて、どんどん息をさせなくする。
 
 歌手で上手いこと昇華してるのはCoccoとCharaぐらい。
 それでも彼女たちが「インナー・チャイルドが云々」って言い出したら、きっと多くの人はバカにしたり、からかったりするよね。
 僕はそれをいっぱい見てしまった。
 からかってる人の中のインナー・チャイルドは、締め上げられて悲鳴をあげるんだけど、きっと聞こえないのだろう。
 僕はその人のことが心底嫌いだけど、そのときばかりはその人のインナー・チャイルドが哀れだと思う。 

 言わずもがなだけど、子供は皆芸術の天才だ。
 歌の下手な子供や、絵の下手な子供、楽器の下手な子供、踊りの下手な子供というのは存在しない。
 お世辞とか幼稚な動きが新鮮とか、そういう小手先の話じゃなくて、彼らにとってそれらは生まれて初めての新しい体験で、だから見ている人にとっても新しいんだよ。
 だから本当は、世の中には今でも新しいものが沢山産まれているんだけど、
 いつしか「知っているから」という理由でワンパターンだとかパクリだとかジャンルだとか、
 クソの役にも立たないレッテルを貼って安心するようになった。「知っている」せいでね。
 ネットの集合知で比較は容易になったけど、結局判断するのは個人の裁量次第。
 だから「知らない」ってことは、本当に凄いことなんだよ。

 実のところ、別にあなたが有名な海外小説を読もうが読むまいが、どっちだっていい。
 知ろうとする気持ちが大事なのであって、知ってるか知らないかは大したことじゃないんだ。
 僕が気の合う奴は、原本まで辞書片手に読んでみて「意味が分からない」って頭を捻る、インテリなのかアホなのか分からないタイプだけど、そんなこともどうでもいいんだ。
 世の中ではどうしても「知ってる」ことが偉いふうにまかり通ってるけど、知った結果することが、たかだか知らない奴に偉そうにするってことなら、そんなの知らない方がマシだよ。
 僕も沢山やってしまった間違いだ。「え、○○知らないの?」なんてね。今ならもっと違う言い方が出来るのに。
 「憶えてる」ってことは、本当に醜いことだよね。嫌になる。

 ここで改めて記しておくが、僕は子供が嫌いだ。心底嫌い。例外は無い。
 なんで嫌いかって、色々理由は思いつくけど、要約すると「肉体的に弱いから」。
 子供が傷つくのを見るのが、本当に嫌なんだ。
 僕がスーパーマンで地球上の子供を全員守れるなら安心するけど、残念ながらそうじゃない。ただのバンドマンだ。どうせ今後も子供が傷つく姿を見るハメになる。
 だから子供は嫌い。出来れば僕の目の前にいないでほしい。僕自身が子供を傷つける可能性も大いにある。
 生命力としてはむしろ大人より強いし、案外精神的に打たれ強いことも分かっている。
 それでも、子供が子供として100点じゃない姿を見ると、本当に哀しい気持ちになる。本当は全員花丸なのにね。
 困ったことに、なんでか分からないが、実際の子供や中身が子供の大人によく懐かれる。
 身長があるから、多分僕のことを遊具か建築物だとでも思ってるんだろう。というか、そうであってほしい。僕は鉄で出来た遊具だ。
 それか、僕が滅多に叱ったりしないのを看過してるからだろうな。子供はそういうところ、嗅覚鋭いから。生存本能の一つだろうね。

 なんかこんなこと書いたら、自分のこと良いように言ってるとか思われそうだな。そんなことないよ。
 マジで腹立つガキも多い。っていうか殆どそう。
 電車乗ってるガキは全員蹴り飛ばしたい。塾帰りっぽいガキも軒並み癪に障る。スーパーでカート振り回してるガキやファミレスで五月蝿えガキなんかフクロにしてやりたい。
 これは全部親が悪いんだけど。

 なんか急にお酒が飲みたくなったので、ここらで辞めにする。
 ライブハウスは夜の子供たちの遊び場だ。大人になったフリも悪くはないが、子供は子供のままでいることだね。
 グッドナイト。愛を込めて。
スポンサーサイト