活動

鳩 正義

Author:鳩 正義
Ghetto HP
Ghetto

出演-------------------
9/5@池袋adm

9/8@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

10/22@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

11/1@両国SUNRIZE

12月未明@両国SUNRIZE


チケット予約は下記メールまで。
連絡-------------------
メール

動画-------------------
悪童の乖

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

音楽情報サイト

05 26, 2017 | カルチャー

 先月末から文章のリハビリということで更新回数を増やしていたが、おかげで少しずつ10代の頃の感性が舞い戻ってきた。
 当時の頃のように髪もツートンにして、振る舞いはどんどん攻撃的になってきて、なんだか若返ったようだ。全員つつき殺す。

 多少なりマニアックな音楽を敬愛している私だけど、基本的には90年代のオルタナ全般、ゼロ年代のギターロックを特に愛している。
 雑誌やムック本、CDレンタルなど足で探すこともするし、勿論ネットも大いに駆使して学んできた。貸し借りも好きだから結構した。
 ただ、正直人から教えてもらうものとかあんまりあてにならない。音楽は特に。
 けど、点ではなく線で学ぶと好きなものは見つけやすい。
 こういう系譜があってこれが生まれた、とか。
 この人の感性が好きだから、この人が聴くものは俺も好きっぽい、とか。
 ネットは特に情報が無造作なので、俺は「この人のレビューや抜粋の仕方が好き」っていう点を重視して情報を集めている。
 好きこそ物の上手なれ、というやつだ。好きなものをもっと好きになるのに、手間隙は惜しまないんです。俺は。
 まぁ知識が邪魔になることも多々あるけどな。

 ザ・ローリングサンダーレビュー
 このサイト、なんであまり有名じゃないんですかね? 今回紹介する中で一押しなんだけど。
 サイトデザインも丁寧だし、レビュアーの文章自体もユーモアや知己に富んでて、また「この時代にこれを聴く」っていうことへの言及も余念が無い。
 古いものはいいもの、と祭り上げる風潮には一切乗らないし、けどちゃんと良いものは評価するし、新しいものもしっかり取り入れる。
 リンクもこまめに張ってあって、読んでるうちにその気になって「どんな曲だろう?」という欲求に即座に答えてくれる。
 およそレビューって意味で理想的だと思うんだけどな。間違いなく好きじゃないとやってらんないレベル。
 この人のレビュー、凄い好きです。知ってるもののレビューを読むのも面白いし、知らないものも「少し聴いてみよう」って気にさせてくれる。
 使ってるこの人の用語も頷くことしきり。イデア界のメロディーとかね。「筆者発言」から読めるコラムは、これまた時代性を越えて秀逸。

 EMO CAN JOIN US!
 もう落ち着いたけど、一時期エモエモって凄い取り沙汰されたけど、「結局エモって何」っていうのが正直な感想じゃない?
 その「最初のエモ」について片っ端からデータベース化されてるのがこれ。
 エモ好きの「エモ好きに贈るデータ」なので多少とっつきにくいが、一旦ハマるとまさに沼。音源の入手のしにくさとか。
 今のエモってただのスクリーモやメタルコアでしょ、っていうのが多い。エモとは「ワビサビ」ですよ。

 HYPER ENOUGH RADIO
 ネット黎明期を思わせる、なんとも味わい深いサイトデザイン。「STUDY」の項目がレビューだな。
 「よくそのジャンル紹介するのに、ここまでコアなアーティスト選ぶね……」ってぐらい、セレクトが渋い。
 有名どころも押さえてるけど、とにかく「知る人ぞ知る」っていうのが鋭くピックアップされている。
 邦楽も洋楽も分け隔てなく揃えているのがいい。貴方の好きなジャンルが項目にあるのなら、間違いなくベストヒットが一枚眠ってますよ。
 俺ですか? 俺はポストハードコアです。怒りが止まらない!!!!

 GRUNGE ALTERNATIVE (グランジ・オルタナティヴ)の総合サイト
 今度はグランジ特化のレビューサイト。
 なんともストイックなサイト名だ。一点の曇りも無い。
 なんというか、サイト名ってこうあるべきですよね。本来。このゴミブログみたいなタイトルつけてる場合じゃない。
 グランジって「NIRVANA」で片付けられちゃうけど、実はすごく奥が深いんですよ、ということがよく分かるサイト。
 NIRVANAという時代の寵児が生まれた流れも分かりやすく解説していて。
 エモと一緒で「そもそも”オルタナ”って何」ってことをこと細かく丁寧に説明してくれている。ラウドで独自な音楽が好きな人はこの沼に一緒にハマりましょう。
 オルタナとは「ワビサビ」ですよ。(またか)

 最近サウンドガーデンのVo.クリス・コーネルが死んでしまったが、「ついにその辺も死ぬようになったかー」という感じ。
 音楽界の大御所が連日バタバタ死んでるけど、年寄りが年寄りの死を悲しんで騒いでるようにしか感じなくて。「はぁ?」って思ってて。
 でもあの気持ちが少し分かったよ。

 Shoegazer archives
 一時期猫も杓子もシューゲイザーって時期があったでしょう。
 は? 知らない? まぁいいでしょう。所詮その程度の盛り上がりだったからな。あったんですよ。10年代初頭に。
 これまたシューゲイザーって言うと、要するにマイブラ(My Bloody Valentine)でしょ、ってなるんだけど。
 グランジ・オルタナティブ~~と一緒で、ジャンル自体の隆盛から衰退までを解説してくれている。
 正直多様性に欠けたジャンルで、俺だって好きじゃないシューゲイザーバンドは、
 「ずっと同じことしてるな」
 「いつまでやってんだ」
 「何言ってるか分からん」
 「うるせえ!!!」ってなる。
 ノイジーな音楽性全般に言えるけど。まぁオルタナの細分化されたものだし。
 あくまで俺の感性だけど、シューゲイザーとは「轟音を肌で感じる音楽」じゃないかな。
 クッキリした音像でも綺麗なものは作れるけど、それをあえて、ぼやーっとさせて、ゴォォォってさせてるのがいいんですよ。
 もう分かりましたね? シューゲイザーは「ワビサビモエ」。
 萌えです。
 カワイコちゃんがいないシューゲイザーバンドは聞く気になりまてん。
 いや嘘だけど。RIDEとSwervedriverがシューゲイザーで一番好きだけど。

 音楽というのは、あるとき突然鍵を手に入れるんだよね。
 そしてその鍵で幾つかの扉が開く。開いてない扉の音楽を聴いてもよく分かんない。
 また少し経って、それはふとした切っ掛けか、とんでもないドラマで、やっぱり別の鍵が手に入るんだよね。
 そしてまた沢山の扉が、その鍵で開く。その繰り返し。
 この次元にはまだまだ沢山の扉があって、俺は鍵を探し、持ってる鍵に合う扉を探し、ずっとウロウロしてる。
 とっても楽しいよ、どこまでも続いていくみたい。音楽って本当にいいよね。
スポンサーサイト

« 声を聴く 陶酔(3~5月中旬) »