声を聴く

 自分の声を聴く。
 人の言葉で動いた自分は、その言葉を恐らく見失う。
 そしてまた間違うだろう。
 自分の声を聴く。
 何が正しいかは自分だけが知っている。
 そしてそれは常に語りかけている。
 湧き上がる言葉を聴く。
 誰かにとっての正解ではない。
 誰かのためになることがしたい。
 届けるべき相手に声を届けたい。
 余計なことはしない。
 誰かから渡された言葉を渡したいわけじゃない。
 私は自分の声を貴方に渡したいのだ。
 私は私を私たいのだ……。
スポンサーサイト