活動

鳩 正義

Author:鳩 正義
Ghetto HP
Ghetto

出演-------------------
9/8@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
「KANTA dAb dAb Japan Tour」(from Nepal)
21:00~

9/10@両国SUNRIZE
「両国ウルトラソウル ハァイ」
21:00~

9/28@両国SUNRIZE

10/4@両国SUNRIZE
※弾き語りでの出演

10/22@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

11/1@両国SUNRIZE
「両国SUNRIZE 8周年 初日!」

11/5@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR

12/14@両国SUNRIZE
​「???」


チケット予約は下記メールまで。
連絡-------------------
メール

動画-------------------
悪童の乖

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ

6月~月凍リ仕舞

07 13, 2017 | ライブ

 なんだか前回の日記からずっと走り続けてた気がする。
 今はようやく一息ついてる。その証拠に一昨日辺りから体調を崩した。気合って分かりやすいネ、本当に……。

 2017/06/14
 両国SUNRIZE
 Ghetto Chapter59
 「団塊は死ね!!!!」
 1.MADARA
 2.悪童の乖
 3.OIL
 4.RIVER'S EDGE
 5.ペレストロイカ

 ※久々のPUNiK、ダーハマさん、クラッシャー、キドクライア、そしてガーリックボーイズのPETAさんと。
 Ghettoは要するに「ぼくがかんがえた、さいきょうのろっくばんど」のつもりなんだけど、なんのことはなくて、誰もが自分たちの事をそう思ってる。音楽やバンドに限らず、なんでも。特に始めたときなんかさ。
 でも実際そうはなれてない人や、変わってしまった人もいっぱいいるだろう。大半だと思う。
 俺はな、そういうのはハッキリ言って嫌いなんだ。
 それをポジティブな言い方にすることは出来るけど、そんなの逃げだろ。自己啓発はそのままズバリ正解ってワケじゃねえ。
 ネガティブのまま受け止めればいいじゃん。逃亡は否定しねーけど、逃げるとこはそこじゃねえ。
 まっとうに包み隠さず正面から、無防備にネガティブを受け止めた人だけがネガティブはネガティブだけじゃないってことが分かる。
 だから何度も間違いながら、ぐるぐる同じところ回りながら、少しずつでも這うように正解に向かえるんです。

 2017/06/23
 大宮ヒソミネ
 Ghetto Chapter60
 「Negotiator is dead」
 1.RUST
 2.ORPHAN
 3.MADARA
 4.MOON
 5.OIL
 6.RIVER'S EDGE

 ヒソミネは2回目だけど、なんと2回目にしてご縁のあった店長、岡田さんが辞めるということで再来。
 タイトルはだから、分かりやすいだろ? そのまんまだ。ケレン味が効いてる気がして、結構気に入ってる。
 交渉人が死んだ(殺すなよ)ので、MCも無し。
 ここはステージ上に鏡面のVJを投影できるスタイリッシュな設備があるんだけど、俺らのときはアニマルコレクティブの映像作品だったらしい。
 それでこれがまぁバチハマりだったんだと。
 まぁ、そうでしょうね。結構俺ってdownyの影響強いし。Ghettoはドラマチックなシチュエーションに強いです。
 トッパーでの岡田さんのノイジーなソロも、なんというかナゴム的で愉快だった……あ、そういう人なんだ……って。「納豆工場で働く」
 もっと早くに会いたかったかも。ま、こればかりは仕方ないね。

 2017/07/03
 両国SUNRIZE
 【両国無法地帯】
 Ghetto Chapter61
 「月凍リ死合」
 1.悪童の乖
 2.OIL
 3.RIVER'S EDGE
 4.RUST
 5.MADARA
 6.ORPHAN

 新潟から言葉翔を迎えて。個人的には気合も充実してたから、イベント前の試金石的な一戦で挑んだ日。
 タイトルはトリプルミーニングです。口に出すと分かるかな。
 因みに俺は言葉翔さんの「冬と赤い夢」が強烈に好きで、俺にとって”愛”という言葉を世界で最も素直に受け止められる曲。本当の”愛”だなと。
 だからこのタイトルにしたんだけど、しばらくこの曲はやっていなかったように思う。意図的かなと。
 そしたらこの日はやってくれたもので、感慨深かった。今は、この動画より3倍は凄くなってる。
 言葉翔を知らないのは損失だよ……。

 そしてこの日です。
 2017/07/08
 三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
 Ghetto Chapter62
 【月凍リ仕舞】
 1.RIVER'S EDGE
 2.RUST
 3.ORPHAN
 4.MADARA
 5.悪童の乖
 6.ペレストロイカ
 ~アンコール~
 7.OIL
 8.DAWN

 この日のセットリストは俺が考えたんだけど、正直かなり悩んだ。因みにアンコール二曲までしっかり考えてました。強気。
 割と曲順だけザックリ決めて、次の曲に移るまでの時間はフリータイムというか、各々のアイディアの見せ所みたいな感じでもある。この日は二人のアイディアが炸裂してたね。
 ある意味Ghettoが一番ライブしている瞬間でもある。そういうところを楽しんでもいいぜ(笑)

 ツイッターでも書いたけど、改めて出演してくれた人たちのことを。
 gloptin:
 gloptinさんを誘う、というのはもうGhetto三人満場一致で。絶対相乗効果になると思ってたし、その通りだった。
 最初にgloptinさんが起こした波紋(というか津波)は、しっかり最後の俺たちがいる岸辺にまで押し寄せた。
 俺の中では、最終形態でgloptinさんが人体発火を起こして、キャンプファイヤーさながら皆で輪になって囲ってフライパンをしばく、というビジョンがあるんだけど、どうだろう。(何が)
 魂の方ではすでにそれが築き上がってるのが素晴らしい、あとは肉体や物質が追いつくだけ。
 実はそれとなく色んな搦め手で「最初から見ろよコノヤロウ」って方々で促してたんだけど、それが功を奏してか、他の人たちも大変刺激になったようで嬉しい。そういう、影で「ウシシ」っていうのが好きなんだよ俺は。
 gloptinさんが”始舞”で本当に良かった。完璧な仕事だ! 最高!

 ヒステリカヒストリア:
 まり子さんのブログを読んでて、「え、そうなの?」って感じだったというか。俺らから呼ぶっていうか、なんか、俺らみたいなあまりお笑いでない人たち好きじゃないのかと思ってた。
 いや、本当は面白いことも言いたいんだけど、どこまでいってもツルツル滑る感じあるから、それはいいやって思ってて。俺は。
 とはいえハコ側の刺客としては、かなりナイスな仕事してくれたと思ってます。まさか胃を攻めてくるとは思わなかった。(コーラ+青汁+プロテインブレンドを飲まされた)
 ちょっと変態ぽかったら申し訳ないんだけど、まり子さん(パートが同じなのでどうしてもまり子さんのイメージ強いな)みたいな不器用で頑張りやさんで朗らかな女性は凄い好きですね、俺。
 なんというか、Sッ気を誘うというか……こういう強気そうで実は色々気を遣っちゃう女友達スゲー楽しいよな、みたいな。やっぱ変態っぽいな。”友達のお姉さん”って感じとか。あー、これもダメだな。凄いコアな趣味みたいになってきた。辞めよう。
 真面目に言うと、紅一点でもお飾りじゃなくて、むしろバンドを牽引している頼もしさ、人柄が美しい人だと思う。
 音楽的には、声量がもうちょっとあって、和音がポスト要素入ると好き。メロディは力あると思う。

 Garrett
 リドさんがゴリ押しで入ってきたのには本当にビックリしたというか、ヒスヒスも強引に入ったのであれば、もうこの日は結局全部Ghettoで集まった面子ってことじゃん。
 やっぱり極度の人間不信だから「マジカヨ」って気持ちは拭えないんだけど、なんだろう、嬉しいゾ……じんわり嬉しいゾ……スルメを噛んで味が染み出してくるように嬉しいゾ……。
 みんなリドさんの大火傷したMCボロクソに言ってて笑ったけど、俺個人はぶっちゃけ全然悪い気はしてなくて。ああ、九州北部の大雨被害の話をしかけて、まったくまとまらなかった、って奴。
 まとまってないならするなよ、という指摘なら至極最もとは思うんだけど、災害でも事件でも、酷いニュースや出来事が耳に入ったとき、無条件に悲しくて仕方なくなる気持ちは俺も凄くよく分かる。
 おまけにそれって、多分それらしい結論は幾らでも付けられるけど、納得する答えってのは全然出ないと思う。
 まとまらない方が自然だし、動揺するぐらい傷つくのは、もうそれだけ繊細ってことでいいじゃないか。無視出来ない、どうすればいいんだろう、どう思えばいいんだろう、って立ち尽くす方が俺はむしろシックリ来るね。
 まぁSNSどうこうの話は本当によく分からなかったが……リドさんは楽しみにしてくれてたし、ドラムの人と隼人さんともバトルできて俺はとてもいい気分だ。リドさんと隼人さんはもう勝手に友達だと思ってます! 兄貴! 最高!

 mizuirono_inu:
 すごーく正直に言うと、勝手に超凄い人たちだと思ってたから、超凄い人を自分達の前に据えてガチガチに闘ってやろうと思ってました。
 メッチャクチャ最強の音出してると思ってて、それと真っ向から激突したかった。
 燃えました。燃えましたよ俺は。楽しめるしアガるし燃えるし、いいこと尽くめだコノヤロウ。有難う御座いました。

 Ghetto:
 もう書くことねえよ!! そうだな、やっぱりお陰様で、この日で一枚も二枚も皮剥けたかなって。
 こんだけやれるんだってことが自信になったし、こんだけの人が力貸してくれるんだとか、こんだけの人を、自分はもっとずっと、どこまでも楽しませたいサービス精神旺盛な奴なんだと。色んなことが伝わった。頭の理解じゃ追いつかないぐらいだ。
 俺達がどこに向かってるのか、俺達自身も周りも誰も分かってねえし、想像もついてない。よく言われる。どうなるのか分からんと。
 これはもう、純粋に良い意味でも悪い意味でもあるんだろうけど、俺はそれがすっげぇワクワクする。


 誰も知らないお話にしようよ。
スポンサーサイト

« 7/21 また靄の中 »