FC2ブログ

9月上旬

 最近季節性の由来で昔のことをよく思い出してメモってたけど、いい加減最近のことも思い出さないと……というわけで直近のライブを。
 といっても、個性豊かな日ばかりで忘れることもないんだけど!

2017/09/05
池袋Adm
【池袋四暴遊戯】
Ghetto Chapter64
「Fade to BLACK」
1.OIL
2.ORPHAN
3.MOON
4.RIVER'S EDGE
5.RUST
6.MADARA
7.BLACK (新曲)

 ※共同企画以来、またまたヒスヒスと対バン。本当にたまたまですけど、こういうの面白いですね。
 またまり子さんのスペシャルドリンク飲まされて、卵の殻がムチャクチャ入ってて凄い飲み応えがありました。
 名前はずっと耳にしてたa.s.a.nもようやく見れた。音階的にも印象的にも開放されたスケールで、やっぱりあれぐらい風呂敷がでかい方が俺は好きです。カッコいい。
 でも大らかな曲が多い様に感じたので、ソリッドなのもあるといいな、と思った。

 ※24時間テレビを引き合いに出して分かり合えない苦労や離別について少し話したつもりだったけど、そもそも24時間テレビに限らず世の中は滑稽な博愛主義のテンプレートにありふれてるわけで。
 例えば「ヒトが死んだら哀しむべき、哀しまない奴は人でなし」とかね。
 俺だって生き物が死んだら哀しいけど(人間は哀しくない)、それは死とか病気とか、此の世に哀しいことが存在すること自体が哀しいと思う。
 ヒトが想像できる他人の人生の限界は25人分らしい。
 25パターンと考えれば多いかもしれないが、結局一人一人理念とか積み重ねた試行錯誤っていうのは違ってて、おまけにそれはとんと他人には読み取ることが出来ない。
 出来るのは受け入れてあげることだけ。
 それさえ難しいから、きっとまだ死ねないんだね、それが出来たら次の世界でまた会おうね(転生の話ではない)、という感想を新曲BLACKの歌詞に全然込めませんでした。
 ヒトによると思うけど、俺は曲の歌詞にあんまり含みを持たせない方です。というか、持たせる前に書き上げちゃう。意味に言葉が縛られるのが嫌だから。まぁ深読みは好きなだけしてください。
 世の中には哀しいことが沢山あって、それは死ぬことよりもむしろ、生きるから哀しいんだな、と常々思います。
 でも生きるんです。

 2017/09/08
三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
【Kanta dAB dAB(ネパール)Japan Tour!】
Ghetto Chapter65
「Get Lucky」
1.DAWN
2.MADARA
3.BLACK
4.RIVER'S EDGE
5.悪童の乖
6.OIL

 ※この日は前回の外タレと打って変わって柔和なMCをしたんですけど、アレは別に以前と考え方が変わったわけではないです。
 まぁ、なんというか……雰囲気? dAb dAbの。対バンのライブ全員でちゃんと見てるし。なんかその律儀さネパールっぽいって思った。(笑)
 終演後少し話したけど、全員目が凄いキラキラでかわいいんだよなぁ。
 俺「音楽の力」って言葉が嫌いで、音楽なのに言葉にしちゃったよ……っていう最たる例だと思ってて。
 でも彼らって言葉にするでもなく「ある」って確信をきっと持ってて、だから自分の国を飛び出してやってるんだろう。
 だからこそなんだけど、日本でライブをする、ということにおいては多分彼らよりずーっと先輩なんで、別に媚びへつらうこともなく、一緒にいいもの作ろう、それが日本でライブするってことだぜ、ってことをより上手く伝えられたらいいな、と思いました。
 あと、異文化交流も普通に面白かったです。何言ってんのか全然分かんなかったけど。シタール弾いてるヒトはブルースギターの名手でもあるんだってさ。
 ※終わったあとは遊びに来てたリド(Garrett)さんと朝まで打ち上がった。笑いあり涙ありで大変楽しかった。うふふ。

2017/9/10(日)
両国SUNRIZE
Ghetto Chapter66
「Lazy Eye」
1.RIVER'S EDGE
2.ORPHAN
3.ペレストロイカ
4.BLACK
5.MADARA
6.OIL

 ※両国SUNRIZEのスタッフもりおくんの企画。「ひでえイベント名だ」と思ってたら、適当につけただけという本当に酷い理由だった。両国クオリティ。違うな、もりおクオリティ。
 HEAVEN'Sの終演後から調子がおかしいな、と思ってたら前日から寒気と鼻水が止まらなくなった。当日になっても全然治らなくて、この日はここ一年で一番体調が悪いぐらいのコンディションで臨んだ。
 ちなみに今も咳は治ってない。噂によるとヘブンスで似たような病気が蔓延してたらしいです。クソが!!!!
 とはいえ見てる分には分からなかった、という言質も頂いたので、そこはアンダーラインかな、と思いホッとしました。違うな、ゲホッとしました。(うまい!)
 ※対バンは……あ、やっぱりISOLATERの広太さんのギターの音は俺好きだな。というかISOLATERメンバー全員いい人、俺の好きな音出す。軽音部感が残っててフレッシュ。初期衝動! って感じ。
 でも何故か和尚さんと広太さんには「鳩くん怖いから……」と敬遠されてます。片思いツラい。

 あと弾き語りも久々にしました。

2017/09/13
両国SUNRIZE
セットリスト
1.夢が叫んだ(カバー)
2.セミナー
3.ダンチノコ
4.BLACK

 ※TEN-SHINのkoheiさんとは一回飲みに行ったのもあって、兄貴マジかっけーって感じなんだけど、兄貴の兄貴のyuichiさんとの対バンもまー面白かった。
 というかリハの入りから(酒が)始まってて、高知の男や……と思いましたね。俺も前回グロッキーだったのが悔しすぎて、この日は開場からひたすら飲みました。飲み放題だったから。
 新しく両国スタッフに入ったまる子ちゃんとも対バンで、まぁこの子も変な子だけどライブ見てても「ガッツある子だな」と思いました。
 で、俺の出番前yuheiさんがまる子ちゃんのアコギを弾いてて、俺がyuheiさんのギターを弾いて遊んでて「本番これでやるか!」とふざけてたら、yuheiさんは本当にやりましたね。
 PAさんが凄い神経質に音作ってるのは分かるので、愛さんに釘刺されたのもあって俺は辞めときましたけど。
 辞めといたんですけど、一曲目で弦がぶち切れて結局yuheiさんのギター借りましたわ。(笑)
 あとで平謝りしました……。
 そんでタグさんと誠さんの演奏見て終演。まぁやっぱり弾き語りなので皆引きが早くて、俺も終電で帰りました。タグさんと。
 結構混んでたのに、誰も人が寄ってこなかったですね……。

 あとライブも久々に、純粋にお客さんで見に行きました。
 先週の土曜日のヘブンスで、Garrettを見に。断絶交流とGOLGO BUTCHもいたから、俺としちゃすげーお得でしたよ。台風直撃でヒトは少なめだったけど。
 久々に飛び跳ねたなぁ。対バンだとやっぱり気が抜けないことが多いんだよ、どんなに好きでも、自分の出番が終わった後でも。戻ってこれない。
 特に断絶交流は前から「すげーメロディがいい、ポップセンスがキレてる」とは思ってたけど何故かピンと来てなくて、でも客で聞いてたらスゲー良かった。歌詞もいいんだな。歌詞でようやく揃った。MCは酷かった。
 Garrettは機材トラブルもあって(セッティングでベースの音が出ない、本番中ドラムのペダルが弾ける)調子が良くなかった。でも俺はGarrettのコバルトと螺旋がすげー、傑作だと思ってて。あの二つが聞けたらぐうの音も出ないわ。俺はライブより楽曲重視なんだな、と痛感しました。ま、そりゃあね。
 GOLGO BUTCHはスロースターターに感じたけど、結果的にアンコール二曲やって、汗びしょびしょで熱気がやばかった。三茶の地下にも台風来てたよ。ロックンロールマシーン!!!
 
 で、喋って飲んでボケーッとしてたら普通に終電逃した。人って携帯もいじらずに一人でいると考え込んでるように見えるみたいだけど、俺はマジで腹の底からボケーッとしてることが殆どです。ボケーッとするの大好きなんだよ。
 というわけで、ルナさんとルイルイと隼人さんに付き合ってもらって(いやこれ本当にもう……)、朝方帰りました。
 ルナさんとはちゃんと喋ったの、ほぼコレが初めてだったんで結構新鮮でした。
 隼人さんも兄貴だと思ってて、TEN-SHINの二人とかPUNiKの人たちとか勿論池さんとか、もう俺の中で兄貴だらけなんだけど(ヤバい響きだ)、ついに姉貴が爆誕しましたね。ルナ姉貴。内心お慕いしております。
 ぐうたら長居するヒトにも優しい、いい店っすよね。最後凄いドリンク出されて正気を失いかけましたけど。まぁ美人が作ったお酒は血を吐いても呑みきります俺は。マジで。
 周りが掛け値無しにいい人ばかりなので、甘えないように自制するのが大変です。本当にね……。
スポンサーサイト