FC2ブログ

憎んだ人に愛されながら、赦した人に拒まれながら

 もう2018年の1月も終わりに近づいてるって本当か? たまげたな。
 企画が終わって一段落したと思ってたけど、また年末から年明けにかけて、ずっとバタバタしてた印象だ。
 最近携帯をぶっ壊して、もう今は直ってるけど、ポケットに煙草と財布と文庫本だけの二日間は目の醒めるような時間だった。
 此の世の全ての娯楽と情報が全て携帯に置き換わりつつあるけど、携帯が無いと日頃放っておいた考え事が山ほど整理できて、なーんだ、たったこれだけだったのかと関心してしまった。
 最近「ライブハウスつまんなくなっちゃったなぁ」「なんか面白いことないかなぁ」ってよく俺は耳にするんだけど、おそらくそこから脱却する第一歩は携帯を今すぐぶっ壊すことかもしれないね。
 俺も早くツイッター辞めてえなぁ。
 別に俺のことは一切知らなくていいんだよ、知りたかったらライブ見てくれ。歌聴いてくれ。最近は割と真面目に歌ってるから。で、乾杯してくれ。それでもう充分以上だから。ツイッターの話を現実でするのは、よそうや。それより話すことが沢山あると思うんだよ。
 まぁ話題振るのが下手だからしょーがないか、って感じだけど。

2018/01/08
三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
【Powerful drug】
GOLGO BUTCH
Ghetto
Naokobitch&Midnight Stripper
ケリーマフ
中出し少年

Ghetto Chapter78
「Be Human」
1.SOIL
2.RUST
3.DAWN
4.MADARA
5.OIL
6.ORPHAN

 新年一発目から楽しかったですね。ただ、終わった後の帰り道で妙にメンタルが削られてることに気付いて、「なんだこれ? 頭蓋骨の閉塞感で死にそうだぁ」とゲッソリした。まさか一発目からりっちゃん(中村リド)が中出し少年のサポートしてるとは思わなかった。
 りっちゃんに「鳩、前回中出し少年のことボロカスに言ってて~」って言われて、そうだっけ……ってなったけど、確かに言ってたわ。
 ボーカルのハゲが客のノリですっぽんぽんにされたあと、ライブ自体は盛り上がったけど、終わって服を抱えたままトボトボ物販に帰っていく姿にムカついたんだった。
 脱がせたんなら優しくしろ!! 最後までエスコートしろ!! という、我ながら謎の怒りだった。まぁでも、そうだな。脱がせたんならちゃんと抱いてください。そのあと捨てるかは、それは自由だ。
 で、この日は別にそんなことも無かったので、全組フツーに楽しんで観てましたわ。特にGOLGO BUTCHはもう盛り上がったなぁ。

 誤解されるのはしょーがないんだけど、俺は別にふざけてるのもギャグもシリアスも全部ヘラヘラ楽しんでるタイプで、NGなのは「これ初見じゃ分かんないな」っていう、それ一個だけなんだよね。内輪ノリっていうかさ。
 まぁ仮にその場にいる全員が知り合いだったとしても、俺はライブっていうものは絶対初見の人にも伝わるか、それと同じような熱量でやらないといけないものだと思うの。自分が出来てるかは置いといて、目指してるところはね。
 またこれも誤解されるだろうから少しだけ詳しく書くと、難解なヤツも「説明はしない主義なんだな」っていうのが分かれば「初見じゃ分かんない」には含まれないのね。
 要はエンターテイメントであること、芸術であることというのは大前提で、その伝え方を創意工夫してるのが分かればいいんだよ。俺も自分がそこミスったとき、あとで超落ち込むもん。こんなんじゃガキンチョを夢中にさせられねーじゃねぇか……! みたいなね。
 まぁただ、周りを巻き込む系のアプローチは、やるのは構わないから俺のことは放っておいてくれ、と思う。ホールにいるうちは一生懸命ライブ観てるから。他の人にしてね。

 あと他のバンドがMCとかでGhettoの名前出して褒めてくれる状況、まあまあ見るけど基本的にスベッてるとこしか見たことないのでそろそろ勘弁してもらえませんか。いや、メチャクチャ嬉しいんだけどね。そりゃあね。
 頑張って「ありがとー」とか「そっちもかっこいーよ」とかなんとか言ってるけど、俺一人じゃあの空気はどうにもならねえ。何なのアレ。みんな何を思ってるの。俺が気にしすぎなだけなの。
 ライブ中に他の出演者の名前出すのって、実は空気的に凄く難しいよね、って話。俺もやらかしたことが何度もある……。

2018/01/11
三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
PUNiK企画
【爆音Summit】
PUNiK
JERSEY DEVIL(インフルでダウン)→久貝巧
Ghetto
The Eastern Monkeys
Garrett

Ghetto Chapter79
「お前らと同じ空気を吸いたくないから煙草を吸う」
1.MOON
2.SOIL
3.ORPHAN
4.RIVER'S EDGE
5.OIL
6.ペレストロイカ

 安定のプニキ企画。もう大好きですね。
 俺らのあとのバンドに急遽インフルのメンバーがいてキャンセルにはなったけど、そのメンバーが見に来てたり(タグさんに脅されたのかな)、その代打の久貝君(久しぶり)が当日決まったのにタグさんから借りたエレキギターで弦ぶった切りながらアツい弾き語りを繰り広げたり。魔法が強いよ。アギダインぐらいの威力。
 一番手のThe Eastern Monkeysから、サウンドは素直なパンクなんだけど、ヒネりの効いたメロディが奇妙にポップで後半にいい曲が沢山あった。最初っからノリノリになっちゃった。
 球種で言うと全部ストレートで小技とか全然無いんだけど、気持ちいいぐらいど真ん中で、手元でグンと伸びる感じがする。こういう表現が適切か分かんないけど、すごく爽やかなんだよな。スポーティ。
 だから、気が緩むってワケじゃない安心感で、PUNiKの企画の日はいつも以上に伸び伸びやれる。気持ちよかった。
 Garrettは[---この文章は検閲されました---]だったね! おういえ! 最高!

2018/01/19
三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
【Eguru makyu!?】
魅起法則
Ghetto
gimeiz
扇愛奈とkanna
デッドバンビーズ

Ghetto Chapter80
「Kishi kaisei!?」
1.OIL
2.MADARA
3.RUST
4.BLACK
5.ORPHAN
6.SOIL

 皆さんヘブンスのHPに記載されてるイベントのPR文章読んでますか? 結構楽しいですよ、ブックレットみたいで。
 今時こんなとこに力入れてるライブハウスねーだろ、どこにこだわってんだよ。俺そういう小癪なのスゲー好きです。いかにもライブハウスらしい、人の手っていう感じがあって。

 魅起法則さんは、久々に「大森靖子好きです!」って感じの(違ったらゴメン)弾き語りで、というか久々にアコギの音自体聞いて「弾き語りもたまに聞くといいもんなんだなぁ」と思いました。これ多分弾き語りの人にメチャクチャ失礼なコメントですね。まぁ思っちゃったんだから仕方ない。
 あとVJがデカデカと写ってて「こんなことが出来たのか……」と妙なところに関心してしまった。折角どの曲にも彩りがあるんだから、もっと色んな映像流せばいいのに、勿体ねえ! とは思った。

 そういえば、ライブ中に思い切り普通に話しかけてきた方がいて面食らったんだけど、アレは俺全然オッケーです。むしろ返しが下手でゴメンとしか。言うの忘れてたなー。
 「かっこいいよー! 外国のバンドみたいだよー!」って、凄い健やかな感想が聞こえたから、反応はしなかったけど「そうだろう、そうだろう……」とこっそり得心してましたよ。何これ? 俺何が言いたいの?

 あと「うわー俺こういうの好きに決まってんだよなー」と思ったのがデッドバンビーズっすね。こういう、オルタナど直球にはもう抗えないわ。最初は普通に聴いてたんだけど、途中からもう身体が乗るのを止められないし、止めたいとも思わない。
 この日はGarrettのフロント二人も遊びに来てて、そのままバンビのチャックさんと打ち上げ。なんだかんだ初対バンの人とその日のうちに打ち上げって、これがヘブンスで初めてだった。話の内容もなんか、すげーよかったなぁ!
 いややっぱこういうの俺好きだわ、すぎょい好き。超楽しかった。ハヤトはめんどくさかった。

 さて、年明けから怒涛のヘブンス三連発が続いて、明日は年明け一発目の両国です。行くだけならMUSHAxKUSHAのレコ発で行ったけど。知り合いだらけだったなぁ……。

 今日は最高の、今日は最高の日、今日は最高の日、僕がまるで体験したことのないような……。
スポンサーサイト