FC2ブログ

3/21@三軒茶屋

 勉強になるなぁ……といった感じ。
 これは個人的なものだが、「あまりライブハウスで誕生日を迎えたくないな」と思っている。迎えるのはいーけど、祝われてもな、と思う。
 立て続けに半端なものを見てしまったせいかな。誕生日自体は好きだよ。
 ライブハウスでお祝いをすること自体が結構「?」、ライブ自体が一種の祝い事(ミサと表現した方が良いか?)だと思うし、主役はあくまでステージに立ってる全員であって、そこに別な主役が割り込むとクソかったりーんだよね。知らねえよそんなの。
 いや、むしろ俺は極端に祝う方だけどな。いい誕生日は外野まで嬉しくなるもんだからな。いい誕生日は。

 最近皮肉の腕前が上がったような気がする。直接的な悪口を一旦封印してるせいかな。
 社会的なタイミングで、不平不満をぬるーっと潜り抜けるために使われる言葉あるだろ? 不当な量の仕事とかを「シビれるね」とか言って和むヤツ。
 あれ最近すげー面白いと思うわ。あーゆーのを身に着けたいね、一番強烈な嫌味になりそう。まぁきっと飽きたらまた「中国のどぶ水飲んで死ねよ」とか言うんですけど。

 自分のライブはというと、まず1曲目の途中に弦が切れたね。勿論激怒してたから。かなり強めに弾いてたもんなぁ。
 参ったなー。SOILのときも弾きまくる6弦が切れて張りなおしたことあるんだよな。やむなく新曲前に1弦を張りなおした。かなり強引に。

 ※弦は、1弦でも噛み切れない※

 まぁ新曲VOICEの手応えは中々のもんだったから良し。半端な形で世に出したくなかった。ジャッキーも喜んでお酒おごってくれたからよしとしよう。お酒奢ってくれる人はキリスト。アガペーの化身。
 歌詞の内容が相当恥ずかしいのだけど、歌っていくうちに自分に成っていくと思う。
 過ぎたことばかり書いてきたから、これからのことを歌詞にしたのは初めてだ。心情をゴリゴリに書いたのも珍しい。クッソ照れる。

 最近地味にGhettoの第二章始まったかな、と思っている。少なくとも一章が終わったな、という実感はある。
 第二章は、ぼちぼち長くなるかもしれないね。
スポンサーサイト