FC2ブログ

middle 90's emotion

 たまには音楽の話題でも。
 というか、最近また好きなバンドが増えてきたから、自分用のメモ書き。

 説明すると夜通しの講義になるので、大雑把に自分のルーツはグランジ、オルタナと人には説明している。ちなみに酔った俺にYoutubeとスピーカーを与えてはいけません。
 厳密にはインディロックや90's Emo(初期エモ)が基礎になっているな、と思う。
 この辺りで代表的なバンドと言えばSunny Day Real Estate、Mineral、Penfold、Get Up Kids、Cap'n Jazz、American football、Ghost and Vodka辺りになるのか。

 知っている人は大体マニア、知らない人は全く知らないバンドたちなので軽めに紹介する。
 SDREはグランジ(静と動の構成)やハードコア(マス感、スピード感、スカスカ感など)に今で言う美メロに乗せて基礎を作ったと言ってもいい。
 ハードロック臭すぎるリードギター、ちょいとポスト感をねじ込んだリズム隊、そして神経質で文学的、繊細で優しく澄み渡ったジェレミーのボーカル。
 初期はローファイちっくなスカスカサウンドで突っ走る部分もあってそれがまた良かったが、後期では宗教的な影響でどんどん神々しい編曲になっている。これがまた良い。北欧のポストミュージックに通じる部分もある。

 Mineral、Penfoldはこの手のジャンルでほぼ真っ先に名前が挙がる二組。というか基礎知識。日本でメロコアだったらハイスタ、みたいなそういうレベル。ちなみに俺の世代でパンクと言えばグリーンデイだった。
 特にMineralの素晴らしさは表現しがたい。あの素晴らしさを味わいたい、広めたいがためにバンドをやっている部分が確かにある。
 今にも泣き出しそうに張り詰めた声、お世辞にも整った演奏やサウンドとは言えないが、故に加速した失意と情感が胸を打つ。一つ一つのギターのフレーズも一つの極致だと思う。一枚目のアルバムは捨て曲無しの大名盤。
 Penfoldも共通点は多いが、いくらなんでもスローな曲が多すぎるし、綺麗過ぎる。あと声もあまり好みじゃない。でもI will take you everywhereは傑作。そんなことは林檎が地面に落ちるのと同じぐらい当たり前。

 Get Up Kidsは上記の3組がハードコアからの影響なのに対して、メロコア的な感じ(HUSKER DOやDESCENDENTS辺り)が強いね。
 ただポストロックにも通じるような縦横無尽の構成とメロディが凄い。日本だと何故かメロコア勢はGet Up Kids聞かないイメージだけど、HUSKING BEEとかその辺かな。
 ただ自分は余り声質が好きじゃない。こういう声がまたこの周辺に多いので、俺の趣味が煩雑になっている。TEXAS IS THE REASONとかさ。演奏のサウンドは本当に凄く好きなんだけど。

 Cap'n Jazzはこれ。

 完璧かよ。

 American footballの良さは上記とは対比的の、「激しさをひたすら秘めたエモ」だね。
 テクニカルなギターフレーズに耳がいきがちだけど、大事なのはそこじゃないと思う。牧歌的な陽気さの裏側で静かに気が狂っていくのに、あくまで表面的にはのどかなまま、みたいな。
 楽天そうに見える欧米人が慢性的に抱えた抑鬱って、一般的なアジア人が日頃から感じてるような倦怠感とは比にならないほど深刻だと思う。そのヤバさが美しさになるんだから、尚ヤバいわけ。
 というのも、アメフトの文化に迎合できる人間が、アメフトをバンド名にはしないと思うんだよね。まずアルバムのジャケットがただの家だし。イケてるヤツは家をジャケットにはしない。
 あと最近復活した。この手のバンドはとにかくすぐ解散する。アルバム1、2枚しか出さない。あのバンドのドラムがこっちのバンドだとギターで、みたいなこともよくある。アメフトのマイク・キンセラ(Gt)がCap'n Jazzのドラムだし。それも解散する。
 それがまた儚くて良かったりもするんだけど、やっぱり「今もやってる」ってだけでなんかホッとするね。っていうかこの辺も例に漏れず再結成しまくってるしな。

 Ghost and Vodkaはよくtoeの元ネタとしても挙げられるインストバンド。上手い。とにかく上手いし嫌味じゃないオシャレ。上質な家具として聞いてます俺は。toeより好きだな。
 This Town Needs Guns(TTNG)がよくアメフトとこれの後継というか、同系統に語られがちだが、俺は両方を足して3で割ったような感じだと思う。エモリバイバル以降のポストロック、マスロックには大体そんな風に感じる。好きな元ネタ同士を上手に組み合わせてるんだけど、どっちの良さも半端で確実に何かが元より欠落しているような。
 でもリバイバルってそんなもんか、大体。重要なのはリバイバルのおかげで例えばアメフトやCap'n Jazzを知る人がまた増えたってことなんだよな。
 俺の中ではとっくに超有名なんだけど、何故か周りではほぼ誰も知らない。なんでだ。

 このあとはダラダラと羅列するだけ。
 最近の一番のヒットはとにかくFootball , etc.

 真っ先に思い浮かんだのはJejuneだけど、良いところだけを抽出して現代的に再構築しているね。強そうな見た目から想像もつかないほど伸びやかで澄み切った声。この手のギャップもエモの魅力の一つなんだよね。ハゲデブチビこそエモをやるべき。

 Footballと言えばアメフトに対してチャイフト(なんやこの略…)もいいんだよな。
 
 中国のバンドだと透明雑誌ってのが好きだけど、どちらも外国の音楽を直輸入ってぐらいリアルに取り込んでるのに、中国語の発音が乗るとどことなくエキゾチック、しかもそれが哀愁的に聞こえる。不思議。音楽おもちろい。音楽ちゅごい。
 中国語って、単体だと俺はあまり好きな音じゃないんだけど、このバンドの歌はすっごくカワイイ。たとえ見た目がデブ眼鏡でも。エモは人類共通。世界を平和にするのはエモ。

 Into It. Over It.も若さと男臭さが織り交ざったような感じが好き。諸説別れるとこだけど、mineral好きからすると、エモリバイバルの筆頭はこのバンドだと思うな。
 ツレと工場や農場をぶらついて、その辺で立ちションして缶ビールで乾杯して、そんな思い出が蘇る。
 
 折角いいメロディーがあっても展開が速すぎて浸る暇がないところが俺としては惜しいんだが、とにかくサイダーのような疾走感や青さがたまらないよ。
 エモリバイバルではAlgernon Cadwalladerなんかを筆頭にテクニカルが目立つバンドが多いけど(好きだけど)、あそこまで弾きすぎないのがいい。当然ながら音質や音響も音楽の一部なんだよね。「聞き取れる」だけが正解ではないんだ。
 ひたすら沈んでいくようなサウンドの中、静かに告解していくようなこの歌も泣けてくる。
 

 Sorority Noise
 
 やっぱ俺は、男臭いのがどことなく頼りないサウンドと元気なビートで歌ってんのが基本的に好きなんだろうな。
 でもシンガロングは取っておきのマジのここ! ってとこだけが俺は好き。シンガロングしたらアガるのは当たり前やん。だからこそというか。まぁ一言でまとめるとこれはドMということなんだけど。

 Castevet
 
 イントロってこういうもんだよな。こういうことがしたいときだけ「天才的にギターが上手くて悲しみで気が狂ったヤツがいれば……!」と思う。
 まぁでもやってみたら違うアプローチでGhettoもできるようになるから、いつも「ま、いっか……」となる。ギター2本あってもダメなもんはダメだしな。

 そういえばLast Days Of Aprilの来日が4/30ヘブンスだっけ? かなり迷ってんだよなー。何で迷ってるかというと、「なんだ対バンFOOLAかよ……」っていう。
 いやFOOLA自体は嫌いじゃないし、むしろ良いオルタナバンドだと思うんだけど、Last days of Aprilには違うくね……? っていう。またオルタナにしてもアレは古い様式だし。楽しみ方が違うって言えばいい?
 もっとマスなバンドの方がいい具合に高まって見れるのにな。
 ちなみにLast Days Of Aprilはこうだな。
 
 北欧のバンドって感じだよな、この美しすぎるメロディ。何歌っても美しくなるんじゃねえか? 確かスウェーデンだったかな。
 サビで爆発するような分かりやすいカタルシスのあるバンドではないけど、それこそ音質や音響やフレーズや単語の一つ一つが全て作用する綺麗な楽曲ばかりなんだよね。
 俺が一番好きなのはこれ。
 
 冒頭のカッティングミュートから流れ込む歌とキラキラしたサウンドがたまらない。Aメロの歌凄すぎない? 特にひねったメロディではないんだけどね。あとサビが他の曲より比較的サビしてる(笑)

 あと最近はまた、歩くときこればっか聞いてる。
 Discharming man "blind touch"
 
 海老名さんは俺の知る中で最も日本語を美しく扱える人の一人だね。
スポンサーサイト