FC2ブログ

修羅



 もう花も恥らう生娘でもないので、占いにはあまり興味が無い。興味が無いが、手相や人相、四柱推命や姓名判断は割と信じている。あれは統計学だからな。
 実際「こういう顔ってこういう性格」ってのは大体当たってる。SLANG BOOGIEのユーラさんは俺と同じ長岡出身で、顔もよく似た知り合いがいるそうで、その方もやっぱり色々背負ってる「背負い顔」らしい。

 前のバンドのメンバーに勝手に占われてたところによると、俺は壬子(みずのえね)というやつだそうだ。そいつ曰く、これは悪名高い丙午(ひのえうま)に唯一対抗できる運勢らしい。。バトル漫画かよ。ちなみに乖離。さんが丙午。
 そいつは宮沢賢治が、特に春と修羅が好きで、それまで俺は宮沢賢治の文章が宇宙人っぽくて全然好きではなかったのだが、この詩集でようやく少し理解できて幾つか読むようになった。
 宮沢賢治も壬子なんだそうだ。
 で、四柱推命とやらは日時や年数との関係性が高いので、そこから「何故宮沢賢治は春に修羅になったのか」なんてことまで推察していた。今書いてても、何言ってるのか全然分からんな……。

 俺が宮沢賢治と一緒だとは思わないが、春に修羅になる気持ちは分かる。一年の中で俺が一番気が狂ってるのは春から初夏。
 だから今丁度狂ってるところだ。こういうときは、あまり人生に関わるような決断はしない方がいい。
 人間には自我なんてものは一切備わっていなくて、数多の外的要因とバイオリズムの相関が起こす行動が個人のアイデンティティを定義してるに過ぎない、と俺は考えている。デフォルトの状態。ここから思考を取り除くと空になる、と認識している。
 それに対し、こういう言葉があるか分からないが、デフォルトの精神から大きくかけ離れた行動原理にとらわれる状態を「亡」と名づけている。
 創作には空によって生み出されるもの、亡によって生み出されるものの二種類があるように感じる。
 空が高次な精神活動によるシステマティックな文化であるとするなら、亡は肉体的でプリミティブで享楽的だ。メガテンでのロウ/カオスの定義にも親和を感じる。
 端的に言えば薬物を用いた快感や酩酊をもたらすロックンロール的なものは、亡によるものだ。

 どちらが良いとか悪いとか、そんなものは特に無いが、現代と文明の行く先は確実に空、それ以外を排斥する方向へ傾いている。亡だけに浸ると間違いなく破滅する。
 かといって空だけにかまけた人間の疎ましさ、くだらなさ、退屈さ、あまりの正しさに反吐が出るのも事実。何重にもロジックがかかるが、空の性質はつまるところ「接客業においてお客様は神様」ということだからだ。
 亡は「セックス・ドラッグ・ロックンロール」。分かりやすいね。でもそんなのも正直もう飽き飽き。いっつも同じだし。射精したら終わりさ、そんなものは。
 空亡の両端を持たないものに魅力はない。危なくもない。終わりもない。

 天中殺とは違う意味で空亡を用いたが、あながち間違っていないと思う。こんなどーでもいいことに思考がはかどるのも亡の特徴ではある。退屈しのぎに丁度良い。
 ま、春の狂人がのたまった妄言の一つということで。
スポンサーサイト