ちよこれいと

昨日はバレンタインだったか。(日付は一昨日)
お菓子業界の策略だ、などと野暮なことを言うつもりは無い。
いいじゃないか、365日に1日くらいチョコあげる日があっても。素敵だと思うよ。
それでヤキモキして実際楽しいんだから。

で、実際はなんだったか。諸事情で結婚できない男女を片っ端から結婚させた聖バレンティヌス司祭の命日、だと記憶しているが。おそらく間違っている。
調べてみた。

ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、ローマでの兵士の婚姻を禁止したといわれている。
キリスト教司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は秘密に兵士を結婚させたが、捕らえられ、処刑されたとされる。
処刑の日は、ユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれた。
ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたという。このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論である。

---wikipediaより。

なるほど。割と合ってた。因みに世界共通で愛を伝える日、という認識だそうだ。
欧米では親しい人であれば性別は問わず、また告白の意味合いを必ずしも含むわけではないんだと。
チョコを送る風習は19世紀のイギリス発祥で、イギリスのお菓子会社(ブルボンみたいなもんだな)のキャドバリー社が1868年に美しい絵のついた贈答用のチョコレートボックスを発売したりした、らしい。
へえ。マジでお菓子会社の戦略なんだな。
日本独自なのは女性→男性の一方通行であること、あとホワイトデーの存在。

個人的にはこのホワイトデーが気に入らない。
なぜか3倍返しという謎のプレッシャーを含んでいるし。ジョークレベルだけど。
そもそもプレゼントってのは贈る奴が好きで贈ってんだから、お返しとかそういうのが鬱陶しい。
これは日本の文化全般について思う。お中元とか。お歳暮とか。
表面上は「お返しなんて」みたいな態度を取っていることが尚更気に入らない。本当に気にしてないなら別にいいが……。
ついでに言うと物を贈ること自体も苦手。これは俺個人の問題だ。
相手の嗜好や性格の吟味は勿論、予算や真心、渡すタイミング、そのときの言葉などなど……とにかくタスクが多い。
タスクなどと考えている時点で贈り物の心構えがなってない。
プレゼントを貰っても大して嬉しくないし、プレゼントをあげて相手が喜んでもあまり嬉しくない。達成感も無い。
人から貰ったものも盗んだものも自分でゲットしたものも拾いものも、どれも同じぐらいちょっとだけ嬉しい。
お、ラッキー。
薄情なのもそうだけど、そもそも物体にあまり関心がないのだろう。

バレンタインの話に戻ると、すげー貰う奴はまぁからかい半分でいるにせよ、ゼロって普通に生きてて難しくないかなぁ。
漫画じゃよくあるけど、テストで0点って案外取らない、みたいなさぁ。そういうレベルじゃねえか?
こんなこと言うとやっぱり怒る奴いるのか。怒れる奴は貰えたら超嬉しいだろうから、幸せもんだよ。
今まで貰ったチョコが義理だろうが本命だろうがどーでもいいし、俺は。
今年は本命一個貰ったんで十分です。

まぁここまで書いて、やっぱり俺興味ねーわ、このイベント。世間は好きなだけ賑わって、リア充は爆発して、キモオタは血涙流してりゃいいよ。
2月14日は平将門が流れ矢に当たって死んだ日です。以上。
スポンサーサイト