FC2ブログ

八月

 2018/08/03
 両国SUNRIZE
 弾き語り。
 夢が叫んだ、フィロソフィー、GREEN、VOICE。
 アコギだったりエレキだったりと持ち替えていたが、やはりアコギの方が良さそうだ。
 この近辺でバイプレーヤーズというドラマを一気に見て、そのEDの竹原ピストル「Forever young」にやられていた。
 Forever young あの頃の君にあって
 Forever young 今の君に無いものなんて無いさ
 今の俺にピッタリの言葉だ。何がキッカケになるかは分からないものだ。音楽は宝物。

 2018/08/15
 三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
 Ghetto Chapter107「The end of war」
 翌日にPERFECT DAYという勝負の日を控えながら、その前日にもライブ。Ghettoがこういう頭の悪い日程の組み方が出来るバンドで本当によかった。
 北海道のCAR THIEF SCHOOLは生憎のキャンセルとなってしまったが、「四組でなんとかしなきゃならねえ」っていう謎の危機感が出演陣にあったような? 気のせいかな。なんかそれがいいように働いてた気がしたので。
 無論一組でもなんとかしなきゃいけないわけだ、実際のところ。
 個人的にはUNRUCHが面白かった。マイクとノイジーなエレキギターという最小単位ながら、瞬発力とタイトなリズムが垣間見えて独自にストイックな空間を構築していた。
 ボーカルの人が襟足を一束だけ残して、あとは全剃りというクールな髪型だった。
 リビドーと悪魔も純粋に楽しめて、おまけにドラムのけーこさん(男)の胸がはだけまくって、多分俺ここ最近で一番興奮したと思う。大丈夫なのかな。

 2018/08/16
 両国SUNRIZE
 HIROSHI ASAKUSA pre. PERFECT DAY vol.7
 Ghetto Chapter108
 「SEXと愛のイメージを」

 N.K SYSTEM
 TEN-SIN
 Mt.BLUE BEAR
 Ghetto
 HIROSHI ASAKUSA∞XipeTotec

 あまりここで多くを語るのは野暮な気がしてならない。
 色んなものが錯綜していたが、俺たちは俺たちのやるべきことをやった。そしてそれは、どうやらとても良いことだったようだ。
 いつも率直に思うのは、本人はいつも打ちのめされたように語るけど、イベントをこれ以上なく締めくくる梅さんには感嘆の声しか出ない。
 覚悟が違う、言葉にすると安っぽいがその一言に尽きると思う。
 あの目線でステージに立ったときに、俺は目の前の人間にどれだけのものを残せるだろうか。
 戦っていたい。

 2018/08/25
 長岡音楽色堂
 HIROSHI ASAKUSA pre. PERFECT DAY vol.8
 Ghetto Chapter109
 「ショウタイムのイメージを」
 帰省も兼ねての久々の地元。
 憎しみしかない地元だったが、さすがにここまで来ると多少見方も変わってくる。無論安堵や望郷、そういったものとは違う。
 あるとき親が実は「親という存在」ではなく、ただの一人の人間なんだと気付いた瞬間が君にあるか?
 強いて言えばそれに近い感覚に陥った。
 味気ない無味無臭の土地、だがそれが確かに俺を育んだ部分、根に残した部分というのは確かにあり具体的に何が、ということはないが、「オマエもそうだったのか」と悟った。
 それを踏まえたうえで、芸術や文化が根絶やしになったような土地にまさかライブハウスが出来て、おまけに今まさに息吹を立ち上げ始めている。
 感動というより、まこと奇妙な気持ちだ。どうやら運命ってイカれてるらしい。血の通った屍しかいないと思っていた。今、それが少し変わってきている。

 話が変わるが、最近はライブにおいて俺は「出来ること、出来たことを確実にやる」ということを意識している。
 モチベーションとか自分をよく見せようだとかで作っていた部分、昂ぶって瞬間的に上手くいっていたピークの部分を、いつでも自然に出来る感覚を定着させようと。
 スポーツの反復練習に近いが、身体(演奏、歌唱)を突き動かす感情面でやれることが目的だ。
 言ってしまえば役者の泣く演技のようなものかな。
 俺自身が感情移入しているかどうかは問題ではなく、見ている側が自然と感情移入してしまうようなものが理想的だし、言うなればそれがプロなのかなと最近は考えている。
 それは作為的なものとは少し違う。感情ごちゃ混ぜで歌うものがいいときもあるが、俺はやっぱりそこに見ている側の気持ちが重なってほしいと思う。
 叫ぶのはツラい。叫ばざるを得ないのだが、叫ばなくて済むならそれでいいようにも思う。
 じゃあ何故叫ぶかと言えば、そこの共鳴してくれる人の心にある苦痛、そのわだかまりを少しでもほぐせたらいいなと思う。
 両国と長岡、二つの場所で一つの命。この機会に俺はそれが少し分かった気がする。

 2018/08/25
 両国SUNRIZE
 Ghetto Chapter110
 「存在のイメージを」
 PUNiKのイギリスからの凱旋。あとウメxバラ。
 最近何気なく思うのだが、また少し周りが変わってきたような気がする。
 別に悪いことではないのだが、ちょっとだけ、本当にちょっとだけそれが疲れる。どんなに環境が変わっても俺は見る目を変えたりはしないよ。大事なのは心の情景だろ。
 付随して愚痴を綴るが、公私共に「これは言えないな、出来ないな」という事柄が増えてきた。
 バンドのオフィシャルな部分は変な話「そういうもん」だから構わないんだけど、意外とプライベートにまでそれは及んでくるんだな、というのがここ最近で一番の驚き。
 これも覚悟の話なのかもしれないが、バンドで硬派にやってる部分が、オフで行動してるときに「ここでグータラは出来ないか」みたいに枷になるときがあったりするわけ。変なこと言えねーな、とか。あやふやな表現で申し訳ないが。
 裏表を使い分けたり、公私で主張をガラッと変えられるほど俺は器用じゃない。いや出来るんだけど、人の精神はそれをやると病む構造になってる。だからやらない方がいい。肝心のバンド活動で邪魔になる。
 でも時々、言い方が悪いが、気持ちや言葉のゴミ箱が欲しいな、と思う。そんなん受け入れてくれる人がいたら惚れちまうわ。だから優しくされるのも困る。
 実際「ぶつけてくれてもいいよ!!」なんて言われても、一方的に吐き捨てるのはまるで性に合わないので、自分という奴はつくづく気難しいヤローだ。
 また面倒ごとに首を突っ込むのが好きなのだけど、実際それで何が解決するかというと、ただややこしくなるだけなのが虚しい。皆が苦しむのを眺めることしか出来ない。眺めて笑っていることしか出来ない。(ん?)
 音楽も人間関係も恋愛も(ん?)ある程度でサッパリと割り切った方がいい。ズブズブになってる人であんまりいい結果になってるのを見たことがない。今のところ。
 つまんないね。つまんない結論だな。そんなことないって、誰か言ってよ。

 2018/08/31
 三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
 【Powerful drug】
 Ghetto Chapter111
 「共犯者」

 Ghetto
 断絶交流
 クロメ
 VROOM
 GOLGO BUTCH

 面白かったね! 久々のトッパーだったけど、やっぱりトッパー楽しい。好き……///
 面子もよかったんですけど、そこはさすがにヘブンスっていうか、ヘブンス過ぎたね! 八月末がこれって、夏最後のお祭り感があって大変よかったですけども。
 やればやった分だけ楽しくなるのがヘブンスだから、そこは本当に好き。こざっぱりと音を楽しむ、そんな感じだったんじゃないかな。(まだ酒が残っている)
 てんやわんやの八月だった。あっという間だったが、しっかりと一ヶ月間の重みもあったように感じる。六月以来久々の遠征も大きかったな。
 っていうか、遠征より旅行がしたいなぁ……。
 としみじみ思いました。ワハハ、なんだこのオチは。綺麗なものを沢山見ようぜ。
スポンサーサイト