リベリオン

 映画のリベリオンはSFアクションとして、最高峰の域に達していた。
 当時は同時期放映のマトリックスにCG面ばかり注目されて潰されてしまったが、CG抜きのマジヤベェアクションは、もはやアクション自体を塗り替えていた。
 特別すごいのはガン=カタという銃と格闘技を組み合わせた、映画オリジナルの格闘技。とてもオリジナルとは思えないほど隙の無い動きとちげーよ。
 新潟のa crowd of rebellionさんのこと書くよ。暇だから。
 割と好きなんだけど、全体的にディスってる風味なのは金髪のギターの人のせいです。
 この日記見てるんだってさ。イェーイ見てるー?

 言うまでもなく、いや言うが、新潟のラウドロックバンドの中では今のところ一番だね。掛け値抜きで。
 で、新潟はラウドロック以外はほぼ息してないので、実質新潟で今一番ノってるバンドだな。
 まずこのクソ言いにくいバンド名。意味は反逆の群集、みたいな意味らしい。
 冠詞をちゃんとつけてるのは好感が持てるね。これのせいで最高に言いにくいけど。海外映画の邦題とかで多いんだよ、何故か冠詞取ってる奴。語感重視なんだろうけど、なんかモヤッとする。いや邦題の愚痴は今はいい。
 ちなみにrebellion「反逆」は失敗に終わった謀反を指す場合が多いらしい。成功の場合はrevolutionなんだって。
 え、失敗するの。
 ……まぁ、いいや。

 音楽的にはスクリーモとメタルコア、カオティック・ハードコア、ポストロックの要素が強いね。
 ギターのちんこみてーな頭してる人が作曲してるんだけど、その人のバックボーンが大きいでしょうね。っていうか根暗感強いよね。ハードな音楽にしては珍しく。
 ハードでコアな音楽って、ゴリゴリに歪ませたり、気合とかでなんかカッコいいようにしてることが多いけど、紐解くと大したコードや旋律を鳴らしてないことがほとんどなんだよね。
 それでカッコよく出来てるから、むしろスゲーわ、という風にも評価できるが、一見完璧には聞き取れないのに、クリーンでやったら死ぬほど綺麗!ッて方が当然凄いし、プロ意識高いよね。ちゃんとミュージシャンしてる。
 俺がリベリオンを好きなのは、そういうとこだね。アレンジにも気抜いてないな、というのがどの曲からも伝わってくる。
 ただこの、せわしない曲展開は、最初色々苦労しただろうなー。今でこそ音源もちゃんと皆のもとに届くから、お客さんもちゃんと勉強してくるけど。
 それって感動が違うよね。またライブ行こうかな、って思う。
 あとちんこみてーな頭。←気に入った

 そういえば俺髪切ったんだよ。
 すごい野暮ったい、ダサい髪型してたから、ズッパリ切った。そしたらちんこみてーな頭になった。
 このまま俺の話するけど、俺はパロディって奴が好きだ。
 ネットが文化として派生しだした頃から、結構パロディは盛んだったな。ジブリ系、アンパンマン、ドラえもん、サザエさんなんかはすごく弄られまくってたな。バキやJOJO、北斗の拳などの濃ゆいマンガとかね。
 パロディっていうのは、言うなればモノマネがそうだな。
 似てなきゃ面白くないし、似てて、かつ、そいつが「言わなそうなこと」などの味付けをすることでユーモアとして成り立つわけね。
 音楽でもこういうことは結構ある。
 意図的に有名な曲からリフを持ってきたりね。
 それをさ、マンガとかだと笑えるけど、音楽だと急に「パクりだ!」って騒ぐ奴の多いこと多いこと。
 いやまぁ、パクリですよ。言い方だけなら、いくらだって言える。パクリ、盗用、盗作、モノマネ、パロディ、インスパイアなどなど。
 そんなことは重要じゃないんだよ。
 別にいいけど、同人誌完全否定だよね。同人誌読まない層なのかな? あの潔癖なヒステリーぶりはオタク特有のものだと思うけど。

 大概のミュージシャンというものは、あんまり真剣に音楽聞くもんだから、まともな友人があまりいなくて、ついでに言うと自分の本当に好きな音楽を分かち合える人間も、周りに滅多にいない。
 だから、ついつい好きな曲のワンフレーズとかを織り込んだりすることもある。そりゃ褒められた行為じゃないんだけど、「そんなに怒られることかな」とも思う。指摘されると「え、分かってくれたの?! 嬉しい!」なんて無邪気に喜んじゃう人種だよ、ミュージシャンなんて。
 下手したらそのまま「原曲いいよね!俺すごく好きなんだよ!ねえ友達にならない?」みたいな流れになるかもしれん。いや、さすがにならんな。

 ついでに言うと、音楽にオリジナリティは、初めから存在しない。
 あるとすれば、意味の無いノイズを垂れ流して、「これが芸術です」っていうようなものだ。壁にインクぶちまけて、「これが芸術です」。全く一緒。
 ルーツが無いんだよ。だから面白くない。意味が無い。重みが無い。深みが無い。そんなの誰が欲しがるんだ?物の価値が分からん、分かったふりがしたいバカだけだろ。裸の王様だ。
 なぜオリジナリティが無いかと言うと、音楽の価値は突き詰めると「刷り込み」だからさ。幼少期から聞いた音、聞いたときにいい感じがした音、そればかりを追い求めるのが音楽。

 それだけ。マジで。

 いや、そんなことないけどね。この矛盾がほんのり理解できないうちは、パクりだなんだと人を批判する資格はないよ。
 現代音楽は98%クラシックのパクりだし、現代の日本の音楽は98%洋楽のパクリだし、そもそも楽器も何もかもパクり。
 日本人固有の音があるだって? ないない、そんなもの。あるのは惰性と探究心の欠如だけだよ。日本人がずーっとそうだったようにね。
 ちょっと日本人が好むように、ずっと日本人が大好きな歌謡曲っぽく加工すれば、すぐ飛びつくんだよ。人間て単純だね。
 今売れてる音楽も、解体すると歌謡曲だよ。日本で歌謡曲以外がヒットすることは、今までもこれからも無い。金輪際無い。未だに鎖国状態。耳も脳みそも。
 反面、そんな風にリスナーをバカにしてたレコード会社は今風前の灯だけど。途中まではホントにそうだったからね。レコード会社のせいばかりには出来ないと思うよ。

 パクり騒動で話題になった大塚愛やオレンジレンジも、うーん、ヘタクソすぎたな。パロディの仕方が。態度も含めてな。でもそれだけだよ。バッシングが起きるほどの罪じゃない。
 いや好きじゃねーよ全然。今も昔も大嫌いだ。どっちも。
 でも井上陽水もパクってるんだよ。オレンジレンジどころじゃねーよ、曲の最初から最後までメロディとコードパクってる曲があるよ。日本語に代えただけで。
 ホント、昔っから、邦楽はパクりです。98%、そのままの意味でパクり。伝統音楽くらいだね、パクってないの。でもあれも身内でパクり合いの果てに残った曲なんだろうな。
 で、それは、そんなに悪いことかな。価値を決めるのはリスナーだぜ。好きなアイドルが嫌いな歌手からパクってたら、やっぱ叩くの? 違うだろ~。
 それとも嫌いな歌手も聞いてみようかなって思う?
 正解!
 それ以外は大外れです。音楽聞くなとは絶対言わないが、頭空っぽだからそりゃ自覚した方がいい。

 なんでパクりの話をこんな長々と……。
 そりゃリベリオンさんもパクってるからさ!
 誰も損しないパロディ。音楽の素敵な楽しみ方の一つでござる。
 でもパロディ元への愛と敬意は絶対に必要だね。それが欠けたら盗用に成り下がる。
 ま、あと、著作権は、守ろうね。やっぱり。それも一つの愛。
スポンサーサイト