変態

 世の中には色んな種類、色んな種族の変態がいる。
 変態とは。

 へん‐たい【変態】
[名](スル)
1 形や状態を変えること。また、その形や状態。
2 普通の状態と違うこと。異常な、または病的な状態。
「お品は身体に―を来したことを」〈長塚・土〉
3 性的倒錯があって、性行動が普通とは変わっている状態。変態性欲。
4 動物で、幼生から成体になる過程で形態を変えること。おたまじゃくしがカエルに、蛹(さなぎ)がチョウになるなど。
5 植物で、根・茎・葉などが本来の形から変化し、著しく異なる形態をとること。葉がとげとなるなど。
6 同じ化学組成で物理的性質の異なる物質の状態。温度変化などによって生じることが多い。単体の場合には同素体という。転位。
提供元:「デジタル大辞泉」

 一般に使われる変態とは、概ね2、3の意味だ。性的倒錯、つまりフェティシズムのことを指す。靴下が好きとか。
 そこで一つ疑問なんだが、フェティシズムが珍しいのは分かる。しかし変態かと言われると疑問符が残る。
 何故なら、1や4の意味の、形や状態を変えることと特に結びつきがないからだ。
 つまり、性的倒錯はおおよそ幼少期における強い体験から、興奮する対象がすげ変わることを言う。しかし、変わったあとで、別にまた変化するわけではない。
 マンボウなんかは、よく知られたあの間抜けな形態まで、大体四段階変態する。フリーザよりすごい。
 フェティシズムが四段階も変化するか?
 靴下→足の匂い→角質→細胞とか?細胞に興奮する奴いるか?世の中広いから、絶対いないとは言わないが、うーん、そうだな、そいつは変態だ。

 ここで逆説的に考える。
 フェティシズム、つまり変態は過程なのだ。
 「変わってるとよく言われる」と自称するありふれた常人は数多い。また、少し珍しい趣味や嗜好、安易にアニメが好きな奴を変態とラベリングする例もある。
 てんで甘い。愚かだ。ヘボい。思慮が浅いと言わざるを得ない。
 例えば、ドSがいたとしよう。YUKEみたいな奴。
 これは、変態だ。
 しかし、このドSが、女王様の仕事に就くとする。
 果たして変態だろうか。俺は違うと思う。彼女たちは一種のクリエイターだ。
 快感を作る、ドMに素敵な思いをさせる、そのコミュニケーションや過程は立派な作品と言える。ドS一人ではその趣味を弄ぶだけだが、ドMという他者が関わることで相互関係が発生し、一つのエンターテイメントへと昇華しているのだ。
 全然変態ではない。
 だから、例えばYUKEが女王様の格好をして、へ、変態だー!!

 ここで妄想にも触れてみたい。
 妄想については、一般的用法と語意がかなり乖離しているように思う。

 もう‐そう〔マウサウ〕【妄想】
[名](スル)《古くは「もうぞう」とも》
1 根拠もなくあれこれと想像すること。また、その想像。「―にふける」「愛されていないと―してひとりで苦しむ」
2 仏語。とらわれの心によって、真実でないものを真実であると誤って考えること。また、その誤った考え。妄念。邪念。
3 根拠のないありえない内容であるにもかかわらず確信をもち、事実や論理によって訂正することができない主観的な信念。現実検討能力の障害による精神病の症状として生じるが、気分障害や薬物中毒等でもみられる。内容により誇大妄想・被害妄想などがある。
提供元:「デジタル大辞泉」

 大体は軽い思い込みを指して言われているが、ご覧の通り妄想と思い込みは、その度合いが桁違いだ。
 思い込みは大概「そうじゃないかも」という疑念も多かれ少なかれ孕んでいるが、妄想にはそれがない。もう、完全にその人の中では現実なのだ。
 例えば、うちのドラムの機器ちゃんは長いこと、さつま揚げをはんぺんだと思っていたそうだ。
 単純な覚え間違いと言えばそれまでだが、それまで本人の中では確かにさつま揚げ=はんぺんだったのだ。これは妄想と言ってもよい。ドンマイと励ましてもよい。ドンマイ。
 この妄想。音楽、というか創作において非常に重要だ。必要不可欠。
 疑念という不純物は、往々にして創作にいい効果をもたらさない。澱みになるからだ。それではコンセプトや主義に説得力が無い。
 しかし、世の中「絶対」と言い切れるものはそう多くは無く、ほとんどの要素はグレーゾーンを漂う。
 そこで必要になるのが妄想だ。不確定要素も「こうなんだよ!」と、強引に固定することによって作品は作品足り得る。
 無論この妄想、日常で乱用するとあらぬ危険や事故、犯罪を招くので、使い方は要注意だ。それこそ変態扱いされる。
 創作力とはつまり、変態力(何かを別の何かへ変えようとする力)、妄想力(不確定要素を絶対化する力)の二つだ。これは間違いない。違う、妄想じゃない。絶対だ。
 これが無い人間に、大したものは絶対作れない。これも妄想じゃない。絶対だ。
 これを読んでいる変態貴君らの身の回りにも、様々な作品があるだろう。家電や家具だって立派な作品だ。アートだ。
 それらも人間の妄想や変態が作り出したものだ。人間は成長はするが変態はしないと思うかもしれんが、それは違う。人間は人間の作り出したもの(変態させたもの)によって常に変態してるのだ。
 よく考えたら一番頭おかしい生き物だな。地球上で一番変態な種族だね。肛門まで性器扱いするし。キガクルットル。

 話がズレた。変態をやめたとき、人間は腐って死に向かうだけの生き物になる。それじゃ駄目だ。
 つまらない毎日を過ごしていたら、本人までつまらなくなってしまう。世の中の大半の奴らはそれだ。つまらない奴だらけだ。
 つまらないことは罪だ。神の意思を、生まれた意義を冒涜している。
 つまらない毎日を、自分を変態させなければ。そこは妄想したってしょうがない。しょうがないじゃ仕様がない。
 俺は今日という日を疲労と金に変態させたので寝る。
 仕事したくねぇー。仕事しなくても生きていける身分に変態してぇー。
スポンサーサイト