風化風葬

昨日のライブの所感。

まずは出演者の方々の紹介から。

佐藤保晃(from MY LAST PAGE)さんは非常に人懐っこく気さくな方だった。
いつもはエモ、ハードコア系のバンドをやっていて弾き語りは初めてとのことだったが、確かに初めてという感じだった。
Get up kidsやハスキングビーのカバーを交えつつオリジナル曲をやっていた。
どれも和音とメロディの絡みを重視した綺麗な曲で、英詩のノリが気持ちよい。
話し声の柔和な感じとは変わって、歌声が逞しく堂々としてたのも印象的だった。コアな人はやはりすごい。
自分でも納得していないんだろうな、というのは伝わり、どんどん続けてやってほしいなと思う。
あとバンドが気になる。

YUKEはもはや一番つるんでる友達だから言うまでもないが、一応……。
幻想的でかなり独特な歌を歌う奴だな。対バンは去年の九月以来か。
変わったコードや展開をこれでもかとつぎ込むし、とにかく詩を大事にしていることが分かる。
本人も調子が悪いと言っていたが、確かに調子が悪かった。ギターが顕著だったかな。
でも歌声は伸びやかで上達したなぁ、と思った。
もともとピッチやリズムを正確に、とは程遠いタイプ(気にしなくても成り立つ楽曲)だが、骨組みが表現に変わったとき彼の世界観がもっと聞き手に届くのだと思う。
やってることがとにかく面白いので、今後が気になる。まずは生活が安定するといいよね。

のりP(from プライマリー)さん
本名を言うと、ああー、という人らしいが「リセットしてやりたかったんですよ」、と本人の弁なのでそこらへんは省く。
とにかく素っ頓狂な人で、とぼけたことばかり言っていた。それがまた笑えるんだよなぁ。
やってる最中もそんな感じで、それがまた違和感ないんだよね。表現者だなーと。
曲に関しては、ああ、弾き語りだな。
音運びや言葉選びが老獪で、穿った聞き方が出来ないね。秀逸だ。
ライブは大分久しぶりと言っていたが、全然ブランクを感じなかった。
対バンで会いたいタイプの人。

で、俺らGhetto.eggがトリでした。
特に「綺麗にやろう」「かっこよくやろう」などの目標が無いので、やりたいように二人でやったが、存外それがバランスがいいらしい。
手ごたえとしては中の上くらい。やりたいことはやれたし、それも見ててわかるかな、と。
初回ということもあって、一番の反省点はミスタッチとノリの危うさだな。あとMC。
枝村くんにギター上手いですね、と言われ、「単音弾きはマジで尊敬します」と言われた。
俺はギタリストからボーカルに転向したんだけど、ギターの上手い下手って全然分かんないんだよね。良いか悪いかくらい。
ひねくれ者なので、ストロークがまだ甘いぜ、という先輩の助言として捉えておく。実際歌に添えるギター、という意味では俺はまだまだズブの素人だしな。

清算で手放しに店長の翔さんに褒められたのが新鮮だった。
「予想以上に良かったよー」
これより酷いと思ってたのにトリ任せたのかよ。ひでー人だ。
新潟ではこういう感じのはいないらしく、むしろ県外で受けそう、とも言っていた。
好きにやってはいるものの、Ghetto.eggの音楽性を分析すると、ポップとハードコア、あとポストロックの要素が強いと思う。ピアノとアコギなのに。
新潟ってポストロックの成分は確かに薄い感じがする。俺は特にポスト・ハードコアとエモが好きだから、その辺惜しいなと。

というわけでGhetto.eggとしての次のライブは3月11日に決まった。奇しくも去年の3月11日に初めてピッグスでライブしましたね。
震災から丁度二年目の日です。
またライブが2日間で立て続けに……俺これ苦手なんだよなー!!
まぁ苦手苦手言ってても仕方ねーから、頑張ります。ハイ。
スポンサーサイト