Cookie Clicker

 最近巷で話題のこれにはまっている。
 Cookie Clicker
 簡単に説明すると、クッキーをクリックして増やしていくゲーム。ただそれだけ。
 枚数が溜まると、勝手にクッキーをクリックしてくれるカーソルや、クッキーを焼いてくれるおばあちゃん(通称クッキーババア)なんかを、増やしたクッキーで買える。
 あとは農場を買ってクッキーを栽培(?)したり、工場を作って非人道的に生産割合を向上させたり、クッキー鉱山(?)からクッキーを採掘したり(?)、金からクッキーを生み出したり(?)、クッキー星からクッキーを持ち帰ってきたり(?)、クッキー次元(?)と入り口を繋いでクッキーを輸入したり(?)、タイムマシンで食べる前のクッキーを過去から横取りしたり(?)、反物質をクッキーに変化させたり(?)、クッキーババアを強化させて、おばあちゃん黙示録(ババアアポカリプス)(?)を発生させたり(?)。
 なんのこっちゃだと思うが、特に嘘は言っていない。
 設備投資さえすれば、あとはブラウザを放っておくだけでどんどん増えていく。二日かけて、ついに一秒に4億1120万991,8クッキーを生産できるラインを確立した。
 16兆6882億9245万2733クッキーを今まで生産した。これを打つ間にも増えまくってるので、厳密な数字は分からない。

 基本的に安い設備ほど生産効率が悪いが、ババアだけ例外で、他の設備が一定数に達すると農場のババア、工場のババア、錬金ババア、エイリアンババアにミュータントババアなど種類が倍々で増え、最終的に全てのババアが一つの心と知性をゲットしてエターナルババアになる。
 いや、だから、嘘は言ってない。
 ちなみにババアを売ると「愛してくれてると思ってた……」という称号をゲットする。え、売るってゲーム的なアレじゃなくて、マジで売ったのか。
 おまけにこのババア、なぜかミニスカ。誰が得するんだ。間違いなくこのゲームのヒロイン。

 ツッコミどころはクッキーの数が増えていくうちに、どうでもよくなっていく。めっちゃ面白いこれ。
スポンサーサイト